ヒト免疫系再構築マウス(BRGSF-HIS)

品系構築策略:

ヒトCD34免疫ビーズ選別キット(Miltenyi Biotec)を通じて胎児の肝臓或いは新生児の臍帯血CD34+造血幹細胞(HSCs)を分離して、CD34+造血幹細胞(HSCs)を得る。新生BRGSFマウスは亜致死量の照射を受け、マウス肝臓にCD34HSCを注射し、最後に人免疫系(Human immune system,HIS)再構築マウスであるBRGSF-HISマウスを得る。

すべてのマウスの操作は無菌層流で行う。

 

品系の説明:

  • BRGSF-HIS品系は現在市場で機能が一番全面的なヒト免疫系再構築マウスモデルである。このモデルは人体の免疫機能の調整に関するターゲットバイオ医薬品を評価するのに非常に効率よくて信頼できる研究プラットフォームを提供した。
  • すべての主要なヒト造血幹細胞の分化サブグループを持っている。ヒトリンパ系細胞(T、B、NK細胞)だけでなく、ヒト骨髄系細胞(通常の樹状細胞(cDCs)、プラズマ細胞様樹状細胞(pDCs)と単核細胞/マクロファージなど)もある。
  • ヒト細胞が長く存在し、実験ウィンドウ期が長い。
  • 過剰発現したヒト関連サイトカインを導入していないため、ヒトマクロファージがマウス赤血球に対する呑噬作用を刺激しなく、貧血現象が現れない。
  • Flt3-Lで処理すると、ヒト骨髄系細胞の組成成分(特にDC)の発育をさらに促進することができる。骨髄系細胞の組成成分の発育に関する研究に用いられる。
  • NODのSirpaSirpaNOD)でBALB/cのSirpaを取り替え、マウスのマクロファージがヒト細胞に対する呑噬作用は弱いため、各種ソースのCDX・PDXとの互換性 は高い。
  • 高い放射耐性があり、体内での放射治療の効果を評価するのに適用される。
  • マウスの補体システムの機能は健全で、補体依存細胞毒性(CDC)を研究する強力なツールである。

  

研究の応用:

  • CDXとPDXの作製。
  • ワクチンの研究開発。
  • 抗体薬物の薬効評価(モノクローナル抗体、ダブル抗体、多重抗体連合治療など)。
  • 細胞免疫治療法の有効性と安全性の評価(CAR-Tなど)。
  • 骨髄系細胞の発育の研究。
  • 免疫腫瘍学(血癌、固形腫瘍など)。
  • 自己免疫疾患(全身性エリテマトーデス、強直性脊椎炎、リウマトイド関節炎、全身性血管炎、自己免疫性溶血性貧血など)。
  • 伝染病(ヒト免疫不全ウイルス/HIV、デング熱ウイルス/DFV、エボラウイルス/EBOV、サイトメガロウイルス/CMV、呼吸器合胞体ウイルス/RSV、ヒトTリンパ向性ウイルス/HTLV、EBウイルス/EBVなど)。
  • 個性化医療(例えば、個体の異なる治療手段に対する反応を予測する)。

 

表現型の検証:

  • BRGSF-HISマウスの骨髄系細胞の検査

Figure 1. Distribution of human myeloid subsets in BRGSF mice and effect of Flt3L on their development

Figure 1. Distribution of human myeloid subsets in BRGSF mice and effect of Flt3L on their development

Figure 1. Distribution of human myeloid subsets in BRGSF mice and effect of Flt3L on their development. Representative flow cytometry immunophenotypic analysis of hCD45+HLA−DR+CD19CD3CD56 cells from bone marrow (A) and spleen (C) of an Flt3L-treated mouse and a PBS-treated littermate engrafted with the same CD34+ HSC donor in BRGSF mice. Comparison of frequencies within the human CD45+cells and total number of the 4 myeloid subsets (CD14+monocytes, CD123+pDCs, CD141+cDCs, and CD1c+cDCs) with or without Flt3L treatment in bone marrow (B) and spleen (D). Each dot represents 1 mouse. Composite data from 3 independent experiments are shown. Numbers in plots represent frequencies within gates.

 

引用文献精選:

  1. Labarthe L, Henriquez S, Lambotte O, Di Santo JP, Le Grand R, Pflumio F, Arcangeli ML, Legrand N, Bourgeois C.Frontline Science: Exhaustion and senescence marker profiles on human T cells in BRGSF-A2 humanized miceresemble those in human samples.J Leukoc Biol. 2019 Aug 4.
  2. Fournier N, Jacque E, Fontayne A, Derache D, Dupont G, Verhaeghe L, Baptista L, Dehenne A, Dezetter AS, Terrier A, Longue A, Pochet-Beghin V, Beghin C, Chtourou S, de Romeuf C.Improved in vitro and in vivo activity against CD303-expressing targets of the chimeric 122A2 antibody selected for specific glycosylation pattern. MAbs. 2018 May/Jun.
  3. Masse-Ranson G, Mouquet H, Di Santo JP.A Versatile Safeguard for Chimeric Antigen Receptor T-Cell Immunotherapies.Curr Opin HIV AIDS. 2018 Mar.

 

2020年、サイヤジェン株式会社はgenOwayと戦略的パートナーシップを達成しました。genOwayは1999年に創立されて、欧米の科学研究と医薬業界の第一選択肢の実験マウスサプライヤーです。BRGSF-HISマウスはサイヤジェン株式会社がgenOwayと提携でき、導入したマウスモデルの一つです。

 

なぜgenOwayのマウスモデルをお勧めしますか?

  1. モデルは業界指導者及び文献で共同検証しました:genOwayのサービス及び製品は何回もCell、Nature、Science、PNAS等の定期刊に引用され、欧州連合新研究と創造計画(Horizon 2020)のパートナーです。genOwayシリーズの免疫検査ポイントマウスモデルと重度免疫不全モデルはgenOwayとそのパートナー(免疫腫瘍学と免疫療法分野の指導者で、大手製薬会社、生物技術会社及び研究機関などを含む)が共同で検証されました。
  2. genOwayは欧米の先進的な遺伝子工程の動物モデルサプライヤーです:genOwayのモデル構築に使用される技術はすべて特許の許可を得ており、開発されたモデルを自由に操作できる唯一のサプライヤーです。genOwayは1999年に設立され、21年間の動物モデルサービスの経験を持ち、遺伝子編集のラットマウスモデルと細胞モデル分野の指導者に発展し、製薬業界の指導者(ノワール、ファイザー、BMS、Janssenなど)と有名な学術研究センター(米国国立衛生研究院、フランスバース研究所など)にサービスを提供しています。
  3. モデルの知的財産権は保障されます:独立的な知的財産権は新薬開発プロジェクトにとって、成功申請に不可欠な保障です。genOwayモデルは広範な特許と許可協約に基づいて、モデルの知的財産権を保障します。
  4. モデル遺伝の背景は調べられます:販売するモデルは遺伝的背景がはっきり、元を溯られます。また、定期に遺伝検査を行い、研究成果の再現性を確保できます。

ビジネス・開発・コラボレーションの機会については、お問い合わせください

ユーザー名は必要です

Institution/Affiliation can not be empty

ユーザーのメールアドレスは必要です

有効なメールアドレスを入力してください

The content can not be empty

The content can not be empty

マウスモデルカタログ