免疫チェックポイントヒト化マウス

免疫細胞の活性化は多くの信号が参与する過程である。免疫系は自己免疫からの攻撃の防止と腫瘍の排除との間に一番良いバランスを維持する必要である。このバランスは一連の共刺激性と共抑制性受容体・リガンドによって調節される。これらの細かいバランス調節に参与するリガンド・受容体の通路は免疫チェックポイントである。免疫チェックポイント抑制剤・活性剤は対応する免疫チェックポイントに対して開発された抗体薬物で、主に共抑制性シグナル伝達を破壊することまたは共刺激性シグナル伝達を活性化することにより抗腫瘍免疫応答を再活性化する。

 

普通のマウスの免疫チェックポイント遺伝子と対応するヒトの遺伝子はアミノ酸配列での同源性が普通60%ぐらいである。そのため、一般的にヒト免疫チェックポイントタンパク質を識別する抗体は、マウスの該当するタンパク質を識別できない。マウスの免疫チェックポイント遺伝子に対してヒト化改造を行う必要がある。


ビジネス・開発・コラボレーションの機会については、お問い合わせください

ユーザー名は必要です

Institution/Affiliation can not be empty

ユーザーのメールアドレスは必要です

有効なメールアドレスを入力してください

The content can not be empty

The content can not be empty

マウスモデルカタログ