Foxp3-IRES-mRFP(FIR)レポーターマウス

このモデルは様々なリンパ球系統とリンパ器官が発現したFoxp3細胞を効果的に追跡し区別でき、強力な薬物テストツールである。

  • 自己免疫性疾患における免疫耐性機制の調節を研究する。
  • 免疫チェックポイント抑制剤を発見することにより、がんを治療する。

 

このレポーターマウスモデルが広く使用されて検証され、50以上の有名なジャーナルで報告された。

 

品系バックグラウンド:C57BL/6J

 

品系説明:

  • Foxp3はマウスの体内で正常な生理発現と調節モードを持っている。
  • mRFPレポーター遺伝子はFoxp3の発現を忠実に反映した。

 

モデル検証:

Foxp3は調節性T細胞の特異性転写因子であり、調節性T細胞の発育と機能の主な調整因子として作用することができる。

このFoxp3-IRES-mRFP(FIR)マウスモデルはFoxp3を発現する細胞を体内で直接検測することができる。他の既存のランダム挿入によって作製されたFoxp3マウスと比べ、このモデルはFoxp3の生理発現を保留し、内因性のFoxp3を監視することができる。

 

性のFoxp3は正常な生理現を持っている:

  • 内因性のFoxp3を発現するとともにこの機能を持っている:レポーター遺伝子を内因性Foxp3遺伝子座の3'UTRに挿入する。
  • 挿入したシーケンスは調節される。
  • レポーター遺伝子はFoxp3の発現を忠実に反映した。

 

Treg細胞をよく追跡できる:

  • mRFPの発現を監視することにより、Foxp3を発現する細胞を直接検測することができる(図1)。
  • 免疫システムに影響しない:Treg細胞の機能は完全である(図2)。
  • Treg細胞の移動と細胞の選別をよく監視できる。

 

Figure1. mRFP expression correlates with Foxp3-expressing T cells in vivo

Figure1. mRFP expression correlates with Foxp3-expressing T cells in vivo.

Left panel: Foxp3 expression was detected in peripheral lymphocytes from Foxp3-IRES-mRFP mice harvested and stained with fluorophore-conjugated anti-CD4 and anti-CD25 antibodies. mRFP expression in CD4 T cells was monitored by flow cytometry.
Right panel: RNA was extracted from different populations of peripheral CD4 T cells purified from FIR mice by FACS. Relative mRNA levels of Foxp3 were determined by TaqMan real-time quantitative PCR, and combined results of two experiments were plotted.

 

Figure2. mRFP expression does not compromise the regulatory activity of Foxp3-expressing T cells in vivo

Figure2. mRFP expression does not compromise the regulatory activity of Foxp3-expressing T cells in vivo. The immunosuppressive function of Foxp3-expressing cells is not impaired when mRFP is co-expressed. CD4+mRFP+ suppressor (S) and CD4+CD25-mRFP- responder (R) T cells were purified by FACS. Suppressor and responder cells were either cultured alone or mixed at indicated ratios (R:S), whereas the number of responder cells remained the same. T cells were activated by soluble anti-CD3 and anti-CD28 antibodies in the presence of irradiated APCs. Three days after stimulation, T cell proliferation was measured by a [3H] thymidine incorporation assay.

 

引用文献精選:

1. Wan YY; Flavell RA. 2005. Identifying Foxp3-expressing suppressor T cells with a bicistronic reporter. Proc Natl Acad Sci USA 102(14):5126-31.

2. Gutcher I; Donkor MK; Ma Q; Rudensky AY; Flavell RA; Li MO. 2011. Autocrine Transforming Growth Factor-beta1 Promotes In Vivo Th17 Cell Differentiation. Immunity 34(3):396-408.

3. Chae WJ; Gibson TF; Zelterman D; Hao L; Henegariu O; Bothwell AL. 2010. Ablation of IL-17A abrogates progression of spontaneous intestinal tumorigenesis. Proc Natl Acad Sci USA 107(12):5540-4.


ビジネス・開発・コラボレーションの機会については、お問い合わせください

ユーザー名は必要です

Institution/Affiliation can not be empty

ユーザーのメールアドレスは必要です

有効なメールアドレスを入力してください

The content can not be empty

The content can not be empty

マウスモデルカタログ