IL-4-IRES-eGFP(4get)マウス

品系バックグラウンド:BALB/c 

 

このモデルはIL-4分泌細胞に対する信頼できる追跡と分類はTh2の免疫応答分極を効果的に描写することができ、強力な薬物テストツールである。

  • マクロファージが組織に留まることによる慢性炎症を調節する。
  • 四日市喘息に関する気管支炎を研究する。

 

このIL-4レポーターマウスモデルは広く使用されて検証され、60以上の有名なジャーナルで報告された。

 

品系説明:

  • IL-4はマウスの体内で正常な生理発現と調節モードを持っている。
  • eGFPレポーター遺伝子はIL-4の発現を忠実に反映した。

 

モデル検証:

IL-4はTh2細胞の典型的な標識物で、免疫応答を体液免疫へ分極させることで、未成熟補助T細胞をTh2細胞への分化を誘導できる。ランダム挿入によって生成された他の既存のIL−4レポーターマウスモデルとは対照的に、このモデルはIL−4の生理的発現を保留し、Th2の活性を監視することもできる。

 

内因性IL-4は正常な現を持っている

  • 内因性のIL-4を発現するとともにこの機能を持っている:レポーター遺伝子を内因性IL-4遺伝子座の3'UTRに挿入する。
  • 挿入したシーケンスは調節される。
  • レポーター遺伝子はIL-4の発現を忠実に反映した。

 

Th2の分極をよく追跡できる:

  • eGFPの発現を監視することにより、IL-4を発現する細胞を直接検測することができる(図1)。
  • 免疫システムに影響しない:感染や攻撃に応じて完全なIL-4を生成することができる(図2)。
  • Th2細胞の移動と細胞の選別をよく監視できる。

 

Figure1. eGFP expression correlates with IL-4-expressing T cells and reflects IL-4 production

Figure1. eGFP expression correlates with IL-4-expressing T cells and reflects IL-4 production.

A) In contrast to Th1 conditions, the Th2-specific conditions on a 4get cell's eGFP- population, leads to a great increase expression of eGFP, reflecting IL-4 production. Purified, naive CD4+ eGFP- homozygous 4get T cells were labeled with PKH26 red fluor. Cells were cultured under Th1, neutral, or Th2 conditions in the presence of antigen-presenting cells and analyzed on day 4, after gating on CD4+ cells.

B) Only under Th2 conditions did 4get cells specifically express IL-4. Splenocytes from wild-type (+/+, open bars) and heterozygous (+/4get, hatched bars) or homozygous (4get/4get, dark bars) 4get mice were depleted of CD8+ cells by complement lysis and stimulated under Th1 or Th2 conditions for 5 days. Cells were washed and re-stimulated and supernatants were collected after 48 hours and analyzed for IL-4 and IFN-γ by ELISA.

 

Figure2. 4get cells retain the capacity to respond to N. brasiliensis infection in vivo by producing huge amount of IL-4. Homozygous 4get mice were infected with N. brasiliensis.
FACS analysis of lung, mesenteric lymph nodes (MLN), peripheral lymph nodes (PLN), and spleen (SPL) was performed after 10 days. Cells from the forward- and sidescatter lymphocyte gate were examined for CD4 and eGFP expression.

 

引用文献精選: 

1. Mohrs M; Shinkai K; Mohrs K; Locksley RM.2001. Analysis of type 2 immunity in vivo with a bicistronic IL-4 reporter. Immunity 15(2):303-11.

2. Sofi MH; Qiao Y; Ansel KM; Kubo M; Chang CH.2011. Induction and Maintenance of IL-4 Expression Are Regulated Differently by the 3' Enhancer in CD4 T Cells. J Immunol 186(5):2792-9.

3. Wu D; Molofsky AB; Liang HE; Ricardo-Gonzalez RR; Jouihan HA; Bando JK; Chawla A; Locksley RM.2011.Eosinophils sustain adipose alternatively activated macrophages associated with glucose homeostasis. Science 332(6026):243-7.


ビジネス・開発・コラボレーションの機会については、お問い合わせください

ユーザー名は必要です

Institution/Affiliation can not be empty

ユーザーのメールアドレスは必要です

有効なメールアドレスを入力してください

The content can not be empty

The content can not be empty

マウスモデルカタログ