hGITR/Foxp3レポーターマウス

このモデルは免疫チェックポイントGITRにターゲットする医薬の体内での有効性を評価することができる。また、このモデルもFoxp3プロモーターが調節する赤い蛍光タンパク質を通じて、異なるリンパ球系統とリンパ器官からのFoxp3を発現する細胞を有効に追跡と区別させる。

 

品系バックグラウンド:C57BL/6N×C57BL/6J(GITRはC57BL/6Nから由来し、Foxp3はC57BL/6Jから由来する)

 

品系構築策略:

hGITRとFoxp3-IRES-mRFP(FIR)マウスとの交配によってhGITR/Foxp3マウスモデルを作製する。

hGITRマウスモデルはキメラ型GITRタンパクを発現する:マウスのGITR遺伝子座にヒトGITR細胞外領域シーケンスをノックインし、マウスの細胞内領域を保留し、マウスの内因性プロモーターで駆動する。

赤色の蛍光タンパク質(RFP)を発現するFIRのバイシストロニックレポーター遺伝子(bicistronic report)を内因性のFoxp3部位にノックインする。mRFPレポーター遺伝子はFoxp3の発現を忠実に反映する。

 

品系説明:

  • GITRの細胞外領域は完全にヒト化された。
  • hGITRはマウスの体内で正常な生理発現と調節モードを持っている。
  • マウスの免疫系の機能は健全である。
  • マウスのGITRを発現しないので、交差反応を避けられる。
  • mRFPレポーター遺伝子はFoxp3の発現を忠実に反映した。
  • 内因性のFoxp3の発現は挿入した遺伝子に影響されない。

 

モデル検証:

  • GITRの発現検査 

Figure1. hGITR expression pattern in hGITR/Foxp3 mice recapitulates mGITR expression in wild-type mice

Figure1. hGITR expression pattern in hGITR/Foxp3 mice recapitulates mGITR expression in wild-type mice. Expression of human and mouse GITR on αCD3/αCD28-stimulated splenocytes, analyzed by flow cytometry on Tregs and conventional CD4+ (CD4conv) T cells.

 

  • RFPとFoxp3の発現検査

Figure 2. RFP expression mirrors Foxp3 protein expression

Figure2. RFP expression mirrors Foxp3 protein expression. Expression of mRFP on non-permeabilized (A) or permeabilized (B) freshly isolated splenocytes (CD3+CD4+) from hGITR/Foxp3 mice. mRFP+ cells were sorted and permeabilized to allow Foxp3 detection (C).

 

  • 機能検査

Figure3. Suppressive function of Treg is preserved

Figure3. Suppressive function of Treg is preserved. Isolated CD4+CD25- Teff cells were labeled with CTV and cultured with various concentrations of isolated RFP+ Treg cells in presence of antigen-presenting cells treated with mitomycin and αCD3 for 4 days. Proliferation was assessed by flow cytometry (CTV+ cells) on viable cells.

 

Figure4. In humanized GITR mice, the treatment of hGITR monoclonal antibody can exert an anti-tumor effect

Figure 4. In humanized GITR (hGITR) mice, treatment with hGITR monoclonal antibody can exert an anti-tumor effect. Homozygous hGITR mice were implanted with MB49 bladder cancer cells, and tumor growth was inhibited after the treatment of anti-hGITR.


ビジネス・開発・コラボレーションの機会については、お問い合わせください

ユーザー名は必要です

Institution/Affiliation can not be empty

ユーザーのメールアドレスは必要です

有効なメールアドレスを入力してください

The content can not be empty

The content can not be empty

マウスモデルカタログ