マウスモデルカタログ

新たな文献に引用されたカスタムマウスモデル-2020年12月

ここで2020年5月から10月までのインパクトファクター(IF)の高い文章を精選しました。これらの文章は免疫学、炎症学、心臓病学、腫瘍学、メタボロミクス、エピジェネティクス等の広い分野をカバーし、引用された遺伝子改変マウスはサイヤジェン株式会社より作製しました。

 

精選した動物モデル関連文章

マウスモデルの種類 研究応用 標的遺伝子 文章タイトル ジャーナル
TurboKnockout® Humanized Point Mutation (PM) 白血病、腫瘍 Gata2(G320D) C/EBPαand GATA-2 Mutations Induce Bilineage Acute Erythroid Leukemia Through Transformation of a Neomorphic Neutrophil-Erythroid Progenitor Cancer Cell
PMID:32330454
Knockin(KI)
(CRISPR)
エピジェネティクス、メタボロミクス、腫瘍 Ezh2K735R SETD2 Restricts Prostate Cancer Metastasis by Integrating EZH2 and AMPK Signaling Pathways Cancer Cell
PMID:32619406
PNI-based Transgenic 幹細胞、冠動脈疾患、配列内リボソーム進入部位 Myh11-DreERT2
Lgals3-IRES-Cre
The Stem Cell Pluripotency Genes Klf4 and Oct4 Regulate Complex SMC Phenotypic Changes Critical in Late-Stage Atherosclerotic Lesion Pathogenesis Circulation
PMID:32674599
Knockout(KO) 心臓病学 CHAPIR The piRNA CHAPIR regulates cardiac hypertrophy by controlling METTL3-dependent N 6-methyladenosine methylation of Parp10 mRNA Nature Cell Biology
PMID:33020597
Conditional Knockout(cKO) 免疫学、炎症学 NMBR Basophils prime group 2 innate lymphoid cells for neuropeptide-mediated inhibition Nature Immunology
PMID:32807943

 

遺伝子動物モデルは人類疾患の機制を正確に理解するのに非常に重要であり、各研究分野で重要な役割を果たしています。2005年起業して以来、サイヤジェン株式会社は既に4,500以上の出版物に引用されました——これらの出版物は全部参考資料として使用することができます。

引用文献の詳細はこちら>>

 

弊社の技術や弊社がどのようにご研究をさらにサポートするかについてご興味をお持ちいただけましたら、お気軽に03-6304-1096やservice cyagen.jpまでお問い合わせください。専属の動物モデルエキスパートが研究者様のために全力サポート致します。

 

関連記事:

サイヤジェン2020マウスモデルに関する文献

免疫不全マウスの種類

ヒト化マウスモデルの人類疾患研究における応用

ヒト化マウスを作製するのは何故?

 

サイヤジェン株式会社について

サイヤジェン株式会社は15年間の発展を経て、すでに全世界の数万人の科学研究者にサービスを提供しており、製品と技術はすでに直接にCNS (Cell、Nature、Science)の定期刊を含む4,500余りの学術論文に応用されています。弊社の「ノックアウトマウスライブラリ」は低価格だけでなく、「遺伝子ID」を検索すれば、ワンクリックで注文まで操作できます。 ノックアウトマウスノックインマウスコンディショナルノックアウトマウスCRISPR Cas9 ノックアウトマウスのカスタマイズサービスを提供する以外、サイヤジェン株式会社は専門的な手術疾患モデルチームがあり、多種の複雑な小動物手術疾患モデルを提供できます。国際レベルで無菌マウス技術プラットフォームは無菌マウス、無菌動物カスタマイズサービス、微生物移植サービスなどの無菌動物モデルに基づいた各種製品とサービスを提供でき、サイヤジェン株式会社の成熟で安定なトランスジェニックマウスプラットフォームと結合し、遺伝子とフローラの相互作用機序を研究することもできます。

 

サイヤジェン株式会社(Cyagen Japan) 
アジア営業部 
TEL:03-6304-1096 
Email: service@cyagen.jp
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-20-10 宝生第一ビル4階

  • お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

    *

    ユーザー名は必要です

    *

    ユーザーのメールアドレスは必要です

    有効なメールアドレスを入力してください

    *

    私たちについて必要

    *

    内容は必要です