マウスモデルカタログ

オンラインセミナー:遺伝子改変マウスの紹介

百年以来、動物モデルは伝統的な科学研究で重要な役割を果たしている。最近、遺伝子組換モデルをサポートするために、近交系が開発された。近交系は生物医学と健康研究の「生きた試薬」或いは「生きたツール」と呼ばれる。また、遺伝子改変動物モデルは世界各地の薬物開発会社、科学研究機構と実験室で広く応用され、疾患関連遺伝子の機能の分析、信号通路の研究、薬物標的の識別と新薬のスクリーニング等に使用されている。

 

サイヤジェン株式会社はこの度、新たなオンラインセミナー「遺伝子改変マウス・ラットを素早く作製するプラットフォーム」を開催し、遺伝子工学モデルの作製に用いる技術を紹介します。今回のオンラインセミナーの司会者はCyagenの首席科学家Dr. Marvin Ouyangです。Dr. Marvin Ouyangは齧歯類動物モデルのカスタマイズ作製において20年以上の経験を持っております。

 

今回の無料オンラインセミナーを参加すると、最先端の遺伝子組換技術と遺伝子組換マウスとラット等の動物モデルの応用制限性が把握いただけます。

 

オンラインセミナーを参加する >>

提出すると、送信済のお知らせのメールをお届けします。 特殊なテーマにご興味がありましたら、フォームを入力すると、後ほど弊社から詳細を連絡致します。

 

 

セミナー: 遺伝子改変マウス・ラットを素早く作製するプラットフォーム

主なテーマ:

  • 異なる遺伝子改変技術の策略と方法
  • 原核注射(PNI)によって作製するトランスジェニックマウスの世代
  • 胚胎幹細胞(ES)の相同組換
  • 遺伝子ターゲティング(GT)と原核注射(PNI)の比較
  • ヌクレアーゼが誘発するゲノム編集―CRISPRの応用
  • CRISPR/Cas9が介するゲノム編集のメリットとデメリット
  • TurboKnockout®―加速されたES細胞遺伝子ターゲティング

 

講師

Dr. Marvin Ouyang

Dr. Marvin Ouyang

副総裁兼首席科学家

Dr. Marvin Ouyangは二十数年来遺伝子工学モデル動物研究に力を尽くしており、生物研究と薬物開発のために数千種類のトランスジェニック、遺伝子ノックアウト/ノックインマウス・ラットモデルを開発しました。Dr. Marvin Ouyangは相前後してOklahom a医学研究基金(OMRF)の高級科学者、米国Thios製薬会社の科学者と米国Taconic Biosciencesの分子生物学系の主任を務めており、PNASJBC等のインパクトファクター(IF)の高いジャーナルに多くの学術論文を発表しました。Dr. Marvin Ouyangが提供した技術サービスはNatureなどのトップ雑誌に数百回にも直接に引用されました。

 

サイヤジェン株式会社について

世界の動物モデルサプライヤーのリーダーとして、サイヤジェン株式会社は高品質のノックアウト(KO)、ノックイン(KI)、コンディショナルノックアウト(cKO)、ヒト化とその他のカスタマイズサービスを提供しております。サイヤジェン株式会社は15年間の発展を経て、製品と技術はすでに直接にCell、Nature、Scienceの定期刊を含む4,300余りの学術論文に応用されています。

  • AAALACとOLAWが承認された動物センター
  • 特定の病原体がない(SPF)動物の健康状況は大部分の設備基準を超えている
  • 50,000以上のマウスとラットモデル納品実績
  • 4,300余りのインパクトファクター(IF)の高いジャーナル(Nature, Immunity, etc.)の文章に引用された
  • 専門的な技術サポート:無料のコンサルティングと見積もり
  • 100%返金保証

 

弊社の動物モデルエキスパートとのオンラインセミナー開催の予定を取得されたいなら、いつでもお気軽にご連絡せください。特定のテーマにご興味がありましたら、個性化オンラインセミナーも提供致します。

  • お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

    *

    ユーザー名は必要です

    *

    ユーザーのメールアドレスは必要です

    有効なメールアドレスを入力してください

    *

    私たちについて必要

    *

    内容は必要です