ヒト化抗体マウスの技術難関をどう突破するか

 

実験マウスは操作が簡単で、人類抗原に対する免疫耐性が低いため、最もよく使用されている抗体薬物の開発ツールである。

 

1. ヒト化抗体マウスの技術難関

マウス抗体による人体拒絶反応は抗体治療の安全性と治療効果をひどく影響するため、マウス抗体のヒト化は各製薬企業が取り組んでいる主な難関になった。現在、殆どの完全なヒト化抗体マウスはMb級の人類抗体遺伝子をノックインすることができない。この技術難関をどう突破するか。

 

2. この技術難関をどう突破するか

現在、殆どの完全なヒト化抗体マウスはMb級の人類抗体遺伝子をノックインすることができない。この技術難関をどう突破するか。この問題に対し、サイヤジェン株式会社は研究者様にTurboKnockout®技術とBAC組換技術をお薦めします。

BACが300kb以上の外来DNAを収納できるので、BAC組換は大きな遺伝子及び調節シーケンスをノックインでき、そしてもっと内因性の遺伝子の発現パータンに近い。TurboKnockout®遺伝子編集技術は伝統的なESターゲット技術に基づいて、編集が正確で、効果が良く、オフターゲット効果がなく、BAC組換を使用して300kbの大きな断片もノックインできる。また、ESレベルで複数のBAC組換を同時に実現でき、プロジェクト周期を大幅に短縮できる。CRISPR/Cas9技術と比べ、TurboKnockout®技術は特許紛争もなく、新薬の開発に関するプロジェクトにお推薦する技術である。

 

3. TurboKnockout®遺伝子改変技術とは

伝統的なターゲット技術に基づいたTurboKnockout®遺伝子ノックアウト技術は伝統的なESターゲット技術と同じに技術が成熟で、編集が正確で、効果が安定であるだけでなく、2世代の繁殖を削減し、作製周期は6ヶ月に短縮する。

 

4. サービスの流れ

  1. BACターゲットベクターを設計して作製する
  2. ESを電気泳動で転写され、陽性細胞を選別する 
  3. ファウンダーマウス(F0)を作製する 
  4. F1を繁殖して選別する

 

BACターゲットベクターの設計と構築設計図

 

5. 2つの技術のメリットとデメリットにつき

サイヤジェン株式会社が既に発表した4,800編の文献の分析によると、2つの技術のコンディショナルノックアウト・ノックインモデル、2回目のターゲットが必要なモデル、ヒト化マウス、条件付き点突然異変モデルとKO—firstモデルなどの複雑な遺伝子改変プロジェクトでのシェアを比較した結果によると、複雑な遺伝子改変プロジェクトでTurboKnockout®技術の応用はCRISPR/Cas9システムの6.4倍であり、複雑なプロジェクトからの論文はインパクトファクターが高い。

 

技術名

CRISPR/Cas9

従来のESターゲット

TurboKnockout®

難易度

簡単

複雑

複雑

価格

低価格

高額

普通

作製期間

4-6ヶ月

10-12ヶ月

6ヶ月

オフターゲット

可能性があり

なし

なし

対応する動物

制限なし

マウスに対応

マウスに対応

特許権のリスク

あり

なし

なし

対応する遺伝子

複雑な遺伝子が対応できない

複雑な遺伝子組換えが対応可能

複雑な遺伝子組換えが対応可能

 

>> CRISPR/Cas9とES細胞はどっちが良い?どっちのほうが最適ですか?

 

ホワイトペーパー:ヒト化抗体マウスモデルの応用

ヒト化抗体マウスモデルは、治療性抗体医薬品の研究開発において欠かせない作用を実現しています。本白書では、筆者は抗体医薬品の全発展過程を振り返り、ヒト化抗体マウスモデルを構築する各策略をまとめ分析し、抗体医薬品の研究開発およびヒト化抗体マウスモデルの研究開発により多くの考え方と視点を提供します。

内容概要

  • 治療性抗体の研究開発過程
  • ヒト化抗体研究開発の重要性
  • ヒト化抗体研究開発における体内マウスモデルの応用
  • ヒト化マウスモデルによるヒト抗体研究

>> こちらから全文を閲覧・ダウンロードいただけます。

 

サイヤジェン株式会社について

サイヤジェン株式会社は15年間の発展を経て、すでに全世界の数万人の科学研究者にサービスを提供しており、製品と技術はすでに直接にCNS (Cell、Nature、Science)の定期刊を含む4,800余りの学術論文に応用されています。弊社の「ノックアウトマウスライブラリ」は低価格だけでなく、「遺伝子ID」を検索すれば、ワンクリックで注文まで操作できます。 ノックアウトマウスノックインマウスコンディショナルノックアウトマウスCRISPR Cas9 ノックアウトマウスのカスタマイズサービスを提供する以外、サイヤジェン株式会社は専門的な手術疾患モデルチームがあり、多種の複雑な小動物手術疾患モデルを提供できます。国際レベルで無菌マウス技術プラットフォームは無菌マウス、無菌動物カスタマイズサービス、微生物移植サービスなどの無菌動物モデルに基づいた各種製品とサービスを提供でき、サイヤジェン株式会社の成熟で安定なトランスジェニックマウスプラットフォームと結合し、遺伝子とフローラの相互作用機序を研究することもできます。

 

サイヤジェン株式会社(Cyagen Japan) 
アジア営業部 
TEL:03-6304-1096 
Email: service@cyagen.jp
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-20-10 宝生第一ビル4階

 

 

 

 

  • お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

    *

    ユーザー名は必要です

    *

    ユーザーのメールアドレスは必要です

    有効なメールアドレスを入力してください

    *

    私たちについて必要

    *

    内容は必要です

マウスモデルカタログ