ヒト化マウスを作製するのは何故?

マウスは、ヒト疾患を研究するためのモデルシステムとして30年以上使用されてきた。近年、ヒトの状態を理解するために非常に有効との理由から「ヒト化」マウスの需要が高まっている。ヒト化マウスとは、一体どのようなものなのか?

 

ヒト化マウスは、機能的なヒト遺伝子、細胞、組織や器官を持っている。ヒトの病気を研究する方法は多くあるが、なぜヒト化マウスが動物モデルとして好まれるのか?

 

生体KOをプレゼント

ヒト化マウスを予約注文すると、63万円の生体KOマウス1ペアを無料入手できます

今すぐ写真をクリックして注文しましょう

 

ヒト疾患研究におけるモデルマウス

ヒトとマウスには多くの共通点があるということが解剖学、生理学、遺伝学の側面から明らかになっている。ヒトとマウスは外見的には似ていないものの、遺伝的には似通っており、ヒト疾患の研究に大いに役立つ。マウスの研究によって、私たちは多くの価値あるヒトの仕組みを知ることができた。それらのおかげで、新しく重要な治療法が発展してきた。

 

マウスについてのいくつかの真実

  • マウスは短期間で繁殖することができる。3週間ごとに繁殖をするのは人との大きな違いであるが、ヒト疾患を理解するための強力な利点となる。科学者は容易に多くのマウスを繁殖することができる。

 

  • マウスモデルは他の動物モデルと比較して、研究のために便利で取り扱いやすいという特徴がある。妊娠から出産までの期間が短く、通常は約10週間である。(ヒトは約10ヶ月かかることからも容易に比較できる)また、マウスは1度の出産で複数のマウスを出産することができる。

 

  • マウスの寿命は短いので、マウスの1年は人の30年と同等である。このことから、マウスを使って容易にヒトの加齢の影響を測定することができる。

 

  • ヒト疾患の原因遺伝子の多くがマウスとヒトに共通しているため、マウスはアテローム性動脈硬化症および高血圧症など複雑な疾患の研究にも有効である。マウスを使った研究で、これらの疾患の遺伝的リスク因子について明らかにすることができる。

 

  • 他の動物モデルと比較して、マウスはゲノム編集を容易に行うことができる。例えば、体内での役割を研究するために遺伝子を追加・削除するといった編集である。

 

  • この特徴は、突然変異したヒト遺伝子がマウスにおいて観察される場合に、特定の疾患をモデリングするための強力なツールとなる。

 

  • 免疫不全マウス(完全に機能する免疫系を持たないマウス)も、正常及び疾患ヒト組織の双方を増殖させる宿主として使用することができる。これはガンやエイズ研究に役立つツールとなっている。

 

  • マウスは癌や糖尿病といった免疫系、ホルモン系、神経系、心臓血管系、骨格系などにも影響を及ぼす疾患を自然に発症するため、ヒトに見られる複雑な生態系を研究するためにも使用される。

 

これらの理由から、ヒト疾患を研究するためのモデルとして、最も主要な動物モデルとなっている。

 

サイヤジェン株式会社では、お客様の研究に特化したカスタムマウスモデルを作製可能です。トランスジェニックノックアウト、ノックイン、CRISPR/Cas9とTALENを用いたゲノム編集、カスタムウイルスパッケージ、幹細胞、初代培養細胞などをご提供いたしております。VectorBuilderプラットフォームでは、お客様のニーズにあったカスタムDNA構築が可能です。レンチウイルス、アデノウイルス、AAV、shRNAなどの発現ベクター、CRISPR/Cas9ベクターなどからお選び頂けます。

 

関連記事:

ヒト化マウスモデルの人類疾患研究における応用

 

参照:
  1. Devoy A, Bunton-Stasyshyn RK, Tybulewicz VL, Smith AJ, Fisher EM. Genomically humanized mice: technologies and promises. Nat Rev Genet. 2011 Dec 16;13(1):14-20.
  2. Why use the mouse in research?

 

サイヤジェン株式会社について

サイヤジェン株式会社は15年間の発展を経て、すでに全世界の数万人の科学研究者にサービスを提供しており、製品と技術はすでに直接にCNS (Cell、Nature、Science)の定期刊を含む4,300余りの学術論文に応用されています。弊社の「ノックアウトマウスライブラリ」は低価格だけでなく、「遺伝子ID」を検索すれば、ワンクリックで注文まで操作できます。 ノックアウトマウスノックインマウスコンディショナルノックアウトマウスCRISPR Cas9 ノックアウトマウスのカスタマイズサービスを提供する以外、サイヤジェン株式会社は専門的な手術疾患モデルチームがあり、多種の複雑な小動物手術疾患モデルを提供できます。国際レベルで無菌マウス技術プラットフォームは無菌マウス、無菌動物カスタマイズサービス、微生物移植サービスなどの無菌動物モデルに基づいた各種製品とサービスを提供でき、サイヤジェン株式会社の成熟で安定なトランスジェニックマウスプラットフォームと結合し、遺伝子とフローラの相互作用機序を研究することもできます。

 

サイヤジェン株式会社(Cyagen Japan) 
アジア営業部 
TEL:03-6304-1096 
Email: service@cyagen.jp
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-20-10 宝生第一ビル4階

  • お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

    *

    ユーザー名は必要です

    *

    ユーザーのメールアドレスは必要です

    有効なメールアドレスを入力してください

    *

    私たちについて必要

    *

    内容は必要です

マウスモデルカタログ