スタンフォードチームは、優勝と嫌悪刺激に関する脳回路を測定した

米スタンフォード大学の研究者は最近、脳内の嫌悪刺激に関するニューロンを特定した。マウスでこの研究は、不安障害、不眠症、うつなど、人間の多様な精神疾患の解決に役立つかもしれない。

 

「Parallel circuits from the bed nuclei of stria terminalis to the lateral hypothalamus drive opposing emotional states」という論文は、Nature Neuroscience誌8月号に発表され、IF= 19.912である。

 

嫌悪やインセンティブに対する適切な反応は生存に重要だ。このため、睡眠、覚醒、ストレス、報奨金支給などの環境の変化に素早く対応するために、脳システムに微調整を行う必要がある。この部分の脳システムは、中毒や他の精神疾患において失調症になりがちだ。

 

この新しい研究では、恐怖、報酬、不安に関する脳領域であり、薬やアルコール依存症において重要な役割を果たしているアーモンド核を分析した。アーモンドの核を視床下部と結びつけ、睡眠、食欲、体温を調節する脳領域に重点を置いた。

 

外側の視床下部(LH)には、多様な種類の細胞が混ざっている。一方、クリアシン(HCRT3 =食欲素)を表す背中のLHニューロンは、モチベーション性の運動に特に重要だ。Hcrt-LHニューロンは脳全体にあり,  Hcrt-LH受容体信号を使って動作状態の変換を行う。しかし、Hcrt-LHニューロンの活動と感情的な活動との関係ははっきりしない。

 

終纹床核と下丘脳との間の脳回路を解明するためにGiardino博士はマウスを褒美や嫌悪の刺激に暴露し、その後光ファイバ技術を利用してニューロンの活動を観察、コントロールしている。選択的なHcrt-LHターゲットを実現するためにサイヤジェンの遺伝子マウスに使いし、Hcrt-IRES-Creノックアウトマウスを作成するよう依頼した。

  

研究者は、终纹床の核から、外侧の下视脳(LH)の複数のニューロンとつながっている二つのニューロンの亜群を见つけた。これらの平行な回路は反対の感情状態を押した。回避(嫌悪)と接近(好み)。

 

それ以外はこれらの神経伝達物質は、アドレナリンホルモン放出因子(CRF)が嫌悪の中で作用し、胆嚢収縮素(CCK)がプリファレンスの中で作用することによって作用する。

 

研究者は、これらのデータは先进的なモデルを提供し、平行な终わりの床核が外侧の下部の脳回路のためにどのように特定のニューロンの亜群を通じて异なる感情状态を推进するかを说明する。この研究は、精神疾患の治療法開発のための情報を提供することが可能である。

 

論文リンク先:

Parallel circuits from the bed nuclei of stria terminalis to the lateral hypothalamus drive opposing emotional states.

Nature Neuroscie  21, 1084–1095 (2018)

 

サイヤジェン株式会社(Cyagen Biosciences Inc.)

〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-20-10 宝生第一ビル4階

Tel: 03-6304-1096

HP: www.cyagen.jp

 

最新のプロモーション:

● 高品質なカスタムラットを

● 自分の研究の方向性や展望

● 600種類の人気遺伝子、僅か79万円

  • お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

    *

    ユーザー名は必要です

    *

    ユーザーのメールアドレスは必要です

    有効なメールアドレスを入力してください

    *

    内容は必要です