NLRPファミリータンパク質の免疫と生殖領域の研究進展について

NLRPはNLR(Nod−like receptors)ファミリータンパク質のメンバーである。このファミリータンパク質は発見されて以来、機能の研究が主な細胞アポトーシス、炎症と先天性免疫反応に関連する。また、多くの研究により、このファミリータンパク質は哺乳動物の生殖系においても極めて重要な役割を果たしている。

 

多様な哺乳動物はそれぞれのNLRPファミリータンパク質を持っている。NLRPファミリータンパク質は14人の仲間がいる, NLRP1~NLRP14と名付けられている。これまでに、20個のNLRPタンパク質はマウスに同定した。Nlrp1(Nlrp1a−Nlrp1c)、Nlrp4(Nlrp4a−Nlrp4g)、Nlrp9(Nlrp9a−Nlrp9c)の遺伝子が進化の過程で複製されているため、これらの遺伝子がコードするタンパクもそれぞれNlrp1a—Nlrp1c、Nlrp4a—Nlrp4g、Nlrp9a—Nlrp9cと命名されているが、NLRP7、NLRP8、NLRP11、NLRP13はマウスにおいても未だに同定されていない。ラットのNLRファミリーの種類はマウスと類似し,唯一の違いはラットNlrp1遺伝子が複製されていないことでした。

 

NLRファミリーの遺伝子は,免疫関連遺伝子と生殖関連遺伝子に分類される。免疫関連遺伝子は、NLRP1、NLRP3、NLRP6、NLRP10、NLRP12を含み、生殖関連遺伝子は、NLRP2、NLRP4、NLRP5、NLRP7、NLRP8、NLRP9、NLRP11、NLRP13、NLRP14を含む。NLRPファミリータンパクにおいて、NLRP6とNLRP10は動物免疫系においても作用するが、研究が少ないため、その機序は不明である。最も研究されている免疫関連蛋白質はNLRP1、NLRP3、NLRP12である。最も研究されている生殖関連蛋白質はNLRP2, NLRP4, NLRP5, NLRP7, NLRP14である。

 

NLRP/ NLRP遺伝子がヒトと哺乳動物で発見されて以来、先天性免疫系においても、生殖系においてもNLRPタンパク質の研究は大きな進展をとげている。しかし、解決すべき多くの重要な問題がある。例えば、このファミリーの中で、免疫に関連するタンパク質の結晶構造、精確な炎症複合体の組み立て、炎症複合体の活性化の生化学方式及びこれらの遺伝子と疾病の遺伝的な関係などはまだ不明である。生殖に関与する遺伝子やタンパク質についての研究はまだ始まったばかりであるが,特に霊長類ではほとんどの遺伝子やタンパク質の機能が解明されておらず,これらが雌性生殖系において果たす役割を解明するための深い研究が必要である。

 

NLRPファミリータンパク質のメンバーNlrp2、Nlrp4a、Nlrp4b、Nlrp4e、Nlrp4f、Nlrp6、Nlrp9b、Nlrp10、Nlrp12、Nlrp14などの遺伝子ノックアウトマウスを含む、多品種、低価格!もし弊社のマウスに興味があれば、ぜひ弊社までお問い合わせください!

 

サイヤジェンCRISPR-AIノックアウトマウスバンク 夏セールプロモーション実施中

 繁殖代行サービス

 ホモ化cKOマウスわずか380万円

 5,000 cKOの精子を凍結保存し

 

サイヤジェン株式会社(Cyagen Japan)

〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-20-10 宝生第一ビル4階

HP: www.cyagen.jp

  • お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

    *

    ユーザー名は必要です

    *

    ユーザーのメールアドレスは必要です

    有効なメールアドレスを入力してください

    *

    内容は必要です