2018年遺伝子工学マウスの応用例を精選

ゲノム編集したシステムマウスは遺伝工学技術を通じて実験マウスゲノムに対する狙い構築したり、編集したり、マウス実験生物表現や特性を持つ、研究者が研究する遺伝子の機能調整メカニズムや相互作用などの遺伝子の体内の秘密をや選別疾病治療用の薬をメインであり。現在遗伝子工学マウスはバイオ医学の研究に人気が高まってあり、生物医学の研究に応用されるまでに分化されています。本テーマは2018年に遺伝子工学マウスモデルを応用した代表的な研究事例を精選、より多くの科学者の参考まで。

 

サイヤジェンMs4a6d−−−遺伝子ノックアウトマウスを使いNLRP3関連の炎症疾患の研究に力を与えている

 

近年の研究によりNLRP3の炎性体の過剰な活性化は、様々な病気の発生をもたらすことが判明しているがNLRP3のメカニズムはまだ十分な役割に明らかではない。中国の人民解放軍軍医学大学の陳永文(チン・ヨンムン)教授と呉玉章(オ・オクチャン)氏が率いる研究チームは最近VSIG4が「マクロファージ細胞」のNLRP3やil-1βの表現を抑制し、NLRP3に関連する炎症疾患の治療の標的にすることが期待されていることを明らかにした。

 

勧めリンク:中国の人民解放軍軍医学大学の陳永文(チン・ヨンムン)教授と呉玉章(オ・オクチャン)氏が率いる研究チームは最近VSIG4について研究

 

サイヤジェンのHPIP f/f条件付き遺伝子ノックアウトマウスがネイチャに骨関節炎関連の研究に助力した

 

中国人民解放軍総病院の王岩教授と軍事医学院北京生物工学研究所の葉棋教授らが指導する研究チームは骨関節炎の背後の分子メカニズムを深く分析した。彼らはHPIP(完全造血前B細胞性白血病転写因子相互作用タンパク質)が骨関節炎の発展のために重要な役割を果たしていることを判明した。この成果は1月中旬に「ネイチャーコモンズ」誌に発表された。「HPIPは、Wnt経路の活性化と書き起こしプログラムの遺伝的調整によって軟骨変性を調節することがわかった。HPIPは骨関節炎の治療に新しい方法可能性があることを示している」と著者は書いている。

 

勧めリンク:ネイチャー誌:骨関節炎の発達にとタンパク質に関連こと

 

サイヤジェT7D23A遺伝子ノックアウトマウスに注ぎ、新型慢性膵炎の動物のモデルになる

 

膵炎は膵臓が変形する膵臓炎、再発性急性膵炎、慢性膵炎など、急性膵炎は何らかの原因でアミラーゼなどの膵臓の酵素が活性化して膵臓の組織にダメージを与える病気のことです。このような疾患は腹痛、吐き気、嘔吐、発熱などの症状を起こすことが多いが、特異的な治療法はない。

 

今までの研究では、エンコードタンパク質または抑制剤の遺伝子が突然変異を起こすと、急性膵炎の発生を促し、慢性膵炎に発展することが明らかになっている。例えばPRSS1(ヤン・イオン膵臓プロテアーゼ)、CTRC(タヌキプロテアーゼC)、SPINK1(カゾールプロテアーゼ抑制剤1)などの何らかの原因が自発的に活性化または干渉保護メカニズムを活性化させることによって、膵臓プロテアーゼの有害な変形を促進することができる。

 

ボストン大学医学院のアンドロメジーズとMiklos sahin-toth委託セルテックバイオは、変形したT7D23A遺伝子を持ち。これは膵臓炎の研究と治療に優れたモデルを提供することが体系的に明らかになった。この成果は最近「Nature Communications」に発表された。

 

勧めリンク:新型慢性膵炎動物のモデル

 

< Immunity >腫瘍関連の研究に力を与えたのはサイヤジェン遺伝子マウス

 

ウイルスやガンとの長い戦いで気力を失ったT細胞は徐々に機能を失い、この状態をT細胞枯渇といいます。今のの免疫治療では免疫検査ポイントのブロックは肿疡浸润CD8+Tリンパ细胞の増殖を促进する。しかしこの現象の背景にあるメカニズムは十分な判明されない。スイス・ローサン大学のWerner Held氏らの研究チームは腫瘍内Tcf1+PD−1+CD8+T細胞の特徴を明らかにした。これらの細胞は免疫治療(治療用ワクチン接種、検査点遮断免疫療法)において腫瘍の制御に極めて重要な役割を果たす。

 

勧めリンク:免疫検査ポイント遮断疗法はこれらの細胞に頼ります

 

「Nature Communications」の結腸炎の研究

にはRev-erbα遺伝子ノックアウトノックアに力を注ぐとしてこの欠乏はマウスの昼夜リズムの破壊をもたらす。また昼夜間のリズムが細胞の代謝と関連し、代謝遺伝子の発現を調節する。そのためREV-ERBαは细胞分化、脂质代谢、ミトコンドリア生物合成や炎症をはじめガン、血脂异常や炎症性疾患などの潜在的治疗の的となる生物学的プロセスを制御する。

 

曁南大学薬学部の呉宝剣教授のチームは体内時計コントロール結腸炎のメカニズムについて研究した。Rev-erbαがNF-κB/ Nlp3軸に対する調整作用によって体内時計と結腸炎を関連付けることがわかった。このような成果は最近「ネイチャーコモンズ」誌に発表された。

 

勧めリンク:结肠炎も体内时计のミス?

 

「Biological Psychiatry」遺伝子ノックアウトマウスはアルツハイマー病の研究に役に立つことを判明された

 

アルツハイマー病(AD、アルツハイマー病)は老人の生命を脅かすキラーだ。ベータアミチンとtauタンパク質はADと密接に関係しているが標的にした薬物効果はそれほど良くない。そのため、新しい薬物的標的を見出すためにADの発病メカニズムを研究する必要がある。

 

アモイ大学神経科学研究所の張雲武(チャン・ウンム)教授と許華熙(ホ・ファヒ)教授チームは国際精神科学分野で世界トップの研究雑誌「バイオlogical Psychiatry」に最新の研究成果を発表した。この研究はRPS23RG1タンパク質がシナプス構造と機能を調整し、その異常がADを発展させる新しいメカニズムを明らかにした。

 

勧めリンク:厦門大学の研究チームがアルツハイマー病研究の新しい結果を発表

 

サイヤジェンHcrt-IRES-Cre遺伝子ノックアウトマウスが「ネイチャー・ネオ・サイエンス」の精神疾患の研究を推進する

 

米国スタンフォード大学の研究者は脳内の嫌悪刺激に関する神経回路を巧みな方法で特定した。マウスで行われた研究は不安障害、不眠症、うつなど人間の多様な精神疾患の解決に重要な意味を持つ。 

 

勧めリンク:スタンフォードチームは賞と嫌悪刺激に関する脳回路を鑑定した

 

 サイヤジェンCPA1点突然変異マウスは「Gut」慢性膵炎の領域の研究に助力した

 

慢性膵炎(chronic pancreatitis)は各種の疾病が膵臓組織と機能の非可逆的な変化を引き起こす慢性炎症性疾患だ。この発作は通常、消化プロテアーゼまたは抑制剤にかかる遺伝的要因によって決定される。PRSS1、SPINK1、CTRCなどの遺伝子の突然変異により、膵臓プロテアーゼと膵臓炎のリスクが変化する。

 

米ボストン大学の研究者は新しいマウスの遺伝子を系化し、マウスCpa1遺伝子にヒトのCpa1突然変異p.N256Kを持ち運ぶ。これらのマウスの製品系の研究により、CPA1の突然変異により酵素が誤って折り返され、ERのストレスメカニズムによって慢性膵炎が発生することが確認された。この重要な成果はサイケード分野のトップ雑誌「Gut」に発表された。

 

勧めリンク:CPA1突然変異はどのように慢性膵炎を引き起こすのか

 

「The Journal of Clinical Investigation」心臓分野の研究においてノックアウトマウスを助力した

 

二孔カリイオンチャンネル(K2P)は様々な興奮や非興奮の細胞に広く分布し、細胞静息膜電位、动作电位、膜抵抗入力、神経伝達質の放出に重要な役割を果たします。

 

TREKチャネルは心房組織や心室組織に存在し、心臓機能として広く機能していることから注目されている。最近の研究ではK2Pチャネルがショウジョウバエの成長を促進する重要な調整剤であることが明らかになった。しかしTREK通路が哺乳動物の心室の収縮や拡张機能にどのような影響を及ぼしているのかは不明だ。

 

米デューク大学医学部の最新の研究によると心臓が繊維細胞になっているtrek-1は圧力過負荷による心臓機能異常に重要な役割を果たしている。この成果は8月に発表された雑誌「Journal of Clinical Investigation」では、将来的には心臓機能異常治療に応用できると期待されている。

 

勧めリンク:双孔カリウムチャネルtrek-1介は心臓機能異常を持つ

 

サイヤジェン株式会社(Cyagen Biosciences Inc.)

〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-20-10 宝生第一ビル4階

Tel: 03-6304-1096

HP: www.cyagen.jp

 

最新のプロモーション:

● 高品質なカスタムラットを

● 自分の研究の方向性や展望

● 600種類の人気遺伝子、僅か79万円

  • お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

    *

    ユーザー名は必要です

    *

    ユーザーのメールアドレスは必要です

    有効なメールアドレスを入力してください

    *

    内容は必要です