マウスモデルは遺伝子分野の研究に応用編

ヒトはゲノム計画が順調に進行するにつれて、ますます多くの新しい遺伝子が発見され、遺伝子機能の研究は生命科学の分野で大きな課題となっている。ある遗伝子の体内での機能を調べることのは、通常ならノックアウト、ノックインで別々の遺伝子、細胞組換えし、細胞の変化や別々の遗伝的な状态の変化を観察し、遗伝子の機能を測定するのが一般的です。

 

遺伝子研究で、ノックアウト遺伝子はこの遺伝子の機能を研究するのが最も一般的なパターンである。遺伝子ノックアウトには、完全な遺伝子ノックアウトとコンディショナルノックアウトがある。 

 

100%完全ノックアウトとは、マウスの遗伝子の部位にノックアウトされて、全身の全て組織や細胞にその遗伝子を表さないことです。標的遺伝子やタンパク質が全身の生理や病理に与える影響を調べるのに用いられます。

 

100%完全ノックアウト「CRISPR-AIはノックアウトマウス精子バンク子资」ことを勧めし、このバンクは6,800系統のCRISPR-AIはノックアウトマウス、90%の人気な遺伝子をカバーし、この中で87%の系統は最新研究に基づいて開発された独自のもので、最短納期は7週間可能です。

 

応用ケース1 中国陸軍軍医大学の陳永文・呉玉章教授はVSIG4の新しい成果を発表した

応用ケース2 結腸炎も人間の体内時計のミスわけ?

 

コンディショナルノックアウト 標的となる遺伝子領域をCreリコンビナーゼ標的配列loxPで挟んだ遺伝子座を持つマウス(floxマウス)を作出し、これと組織特異的にCreリコンビナーゼを発現しているマウスとかけ合せることで、特定の臓器を形成する細胞のみで標的遺伝子の破壊を起こすことができます。また、薬剤により活性が誘導されるCreリコンビナーゼ(CreERなど)を用いることで、時期特異的な遺伝子破壊をすることも可能です。コンディショナルノックアウト  胚致死性遺伝子の研究に使われますターゲット遺伝子またはタンパク質は特定の組織または細胞内で機能する。ターゲット遺伝子またはタンパク質が特定の時期または段階的に機能する。

 

コンディショナルノックアウト  はTurboKnockout技術を勧め,TurboKnockoutは、従来の技術を用いたES細胞がより進んであり、作製が正確し、効果が安定しているなどの優勢性があるだけでなく、従来のES細胞技術を2世代分の繁殖時間が減少させ、各種の複雑な遺伝子のノックアウトマウスモデルの作製を実現することができる。

 

応用ケース1 ネイチャー誌:骨関節炎の発達にはタンパク質が関わっています

応用ケース2 ダブルカリウムチャネルTREK-1の誘導電体機能異常

 

ノックインは、標的遺伝子を細胞や個別に導入し、ハイレベル、より正確な表現されるようにすること、細胞や個々の生物性状の変化を通じて遺伝子の機能を研究することで、一般的には点突然変異や遺伝子の突然変異などが行われます。目的遺伝子に「点突然変異(ヒトモデルのシミュレーション)」を導入すること、または報告遺伝子(EGFP、mRFP、mCherry、mYFP、またはLacZなど)を導入することで目的遺伝子の特定の部位を追跡することができる。マウス自身の遺伝子を報告遺伝子に置き換えて、KO/KIを同時に発生させることも可能。

 

ノックインマウスとCRISPR-Pro技術が推奨され、サイヤジェンのCRISPR-ProマウスにCRISPR/Cas9ノックイン技術を使用し、Cas9核酸酵素の切断作用と共重合の同調によって特定の突然変異や外源遺伝子を組換え、外部遺伝子は特定の組織やJavaScript:特定の時間的安定表現は、多用途のコンディショナーノックインを効率的に構築するために利用可能である。

 

応用ケース1 新型慢性膵炎の動物モデル

応用ケース2 CPA1の突然変異は慢性膵炎を引き起こすのか

 

サイヤジェン株式会社(Cyagen Japan)

〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-20-10 宝生第一ビル4階

Tel: 03-6304-1096

HP: www.cyagen.jp

 

最新のプロモーション:

● 高品質なカスタムラットを

● 自分の研究の方向性や展望

● 600種類の人気遺伝子、僅か79万円

  • お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

    *

    ユーザー名は必要です

    *

    ユーザーのメールアドレスは必要です

    有効なメールアドレスを入力してください

    *

    内容は必要です