タイトル: パーキンソン病関連の病気遺伝子について概説

パーキンソン病(Parkinson’s disease, PD)は、パーキンソン病を「震える麻痺」と表現した。アルツハイマー病に次ぐ二番目の大神経系変性疾患だ。臨床的は、静止性振戦、筋肉強直、運動神経鈍く、歩く姿ことの特異などの運動の症状、睡眠障害、精神障害、感覚障害との非運動の症状なども主な特徴である。

 

PDの発病要因の中で、国内外のPD学者たちが研究するホットな話題となっている遺伝子は、診療するPDの新しい概念を切り開いてくれる。

  • α-シヌクレイン(synuclein)は主に神経系で、PD病人Lewy体の重要な構成要素です。
  • α-シヌクレイン(synuclein)は、主にPark1とPark4の2種類の遺伝子がPDと密接な関連があることが確認された。PARKIN遺伝子はPark2遺伝子と呼ばれ、PARKIN遺伝子の突然変異はすべて知られている遺伝性PDの中で最も一般的な原因であり、早期ヘアスタイルのPDが最も多い原因でもある。
  • uch-l1遺伝子はPark5遺伝子と呼ばれ、この遺伝子の変異により通常の染色体の鮮明性遺伝子のプロデューサーに至る。
  • Pink1遺伝子はPark6遺伝子、Pink1は数多くのPD関連遺伝子の中で初めてかつ唯一ミトコンドリア機能障害をPDの発病メカニズムと連結させたタンパク質。
  • DJ−1遺伝子はPark7遺伝子で、突然変異したDJ−1タンパク質のレベルが下がり、機体が酸素を除去する自由基盤の機能が弱まった。結局、酸化物質によるニューロン細胞の損傷が増加した。
  • パーク遺伝子であるlrk2遺伝子は、現在、PD患者の中で約100種類のLrrk2が突然変異しており、約20個の突然変異部位がPDと関連しており、異なる変異部位が異なる構造領域に位置し、明らかな地域と人種差別性を持っていることが確認された。Lrrk2遺伝子の突然変異は、そのタンパク質のキナーゼ活性の上昇と細胞の枯渇を引き起こす。
  • Atp13a2遺伝子はまた、Park9遺伝子とも呼ばれ、突然変異は多様性をもっており、膜構造領域を横断する直接・間接的な影響を及ぼして、それにより溶解酵素体が分解され、毒性の集団となって、黒質の変性やPDの発生を誘導する。
  • Gigyf2遺伝子はPark11遺伝子で、現在多く研究されているのはこの遺伝子の突然変異についてであり、このタンパク質の具体的な機能はまだ完全に解明されていないため、さらに深く研究しなければならない。
  • Gigyf2遺伝子はPark11遺伝子で、現在多く研究されているのはこの遺伝子の突然変異についてであり、このタンパク質の具体的な機能はまだ完全に解明されていないため、さらに深く研究しなければならない。
  • Omi/Htra2遺伝子はPark13遺伝子とも呼ばれ、Htra2タンパク質が不足すると細胞が枯死する障害を起こす。
  • Pla2g6遺伝子はPark14遺伝子と称され、この突然変異によりPla2g6タンパク質が弱体化したり完全にそのミトコンドリア保護機能を失ったりするため、酸化ストレス障害を修復することができず、神経軸索変性を起こしてPDが発生する。
  • Fbxo7遺伝子、すなわちPark15遺伝子の突然変異によってエンコードされるタンパク質Fbxo7の機能障害のほか、関連PDの頭蓋脳映像学検査によって、黒紋状体領域シナプス前のドーパミンニューロンが大量に消失したという研究報道もある。
  • GAK遺伝子であるPark17遺伝子は、PD患者の基礎節点であるGAKの表現に異常があることを発見した研究があり、それがPDとの間に何らかの関係があることを物語っている。
  • HLA-DR遺伝子はPark18遺伝子で、HLA-DR 遺伝子には複数の等価遺伝子が含まれ、多発性硬化の発症リスクが増加することがわかった。この遺伝子領域内の1番の発子に位置するrs3129882位がPDと最も密接な関係にあるという研究結果が出た。

 

既知のPDに関連する病気の原因となる遺伝子が多く、遺伝子間および遺伝子と環境間の相互作用がいずれもPDの発生、発展、今後などに影响を与えています。従来のPD薬物や手術治療は、PDの臨床的な症状を改善し、進行を遅らせてきたが、遺伝子治療は新しい治療手段をもたらした。さらに、これらの遺伝子の発病メカニズムを認識し、そこから突破口を見つければ、新たな希望を見いだすことができる。

 

パーキンソン病の動物モデルのニーズがあれば、サイヤジェンは研究者の力になります。サイヤジェンのCRISPR AIノックアウトマウスは、これらのPD関連遺伝子のPark2、Park7、Pink1、lrk2、Atp13a2、Pla2g6、Fbxo7などのノックアウト、コンディショナルノックアウトマウスを含む。最短納期2週間で、ここクリック遺伝子名を入力し、クリックすれば検索することができる、サイヤジェン株式会社ノックアウトマウスは2017年に発売されて以来、すでに2000余りのテーマチームが研究の進展を加速させ、300余りの企業が薬物研究開発で1分1秒を争うのを助けている。ぜひ研究者の力に精一杯尽くします。

 

サイヤジェンCRISPR-AIノックアウトマウスバンク 夏セールプロモーション実施中

 ノックアウトマウス 10,000種以上 63 万円から

 カスタムマウスモデル,最大25% OFF

 繁殖代行サービス

サイヤジェン株式会社(Cyagen Japan)

〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-20-10 宝生第一ビル4階

HP: www.cyagen.jp

  • お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

    *

    ユーザー名は必要です

    *

    ユーザーのメールアドレスは必要です

    有効なメールアドレスを入力してください

    *

    内容は必要です