炎症反応を研究するため、インターロイキンの役割、機能を期待する

インターロイキンは現在最も多く種類を発見され、調節作用が最も広い種類の細胞因子だ。インターロイキンをターゲットにした薬は、タンパク質や抗体の融合などの多様な形をする、さらにはインターロイキン自体も良い薬だ。しかし、インターロイキンの種類が多く、分子間に多くの相互作用があり、作用メカニズムが複雑であることも、薬の開発に大きな挑戦を与えている。インターロイキンのメンバーの分類と、免疫コントロールにおける各メンバーの役割を整理し、インターロイキンのメンバーに対する現在の薬物開発の現状をまとめることは、新薬の開発にとって重要な役割を持つ。

 

機体内の炎症は、抗原細胞がCD4+ native T細胞に抗原を表現し、インターロイキンが協力しnative T細胞を刺激し、Th1、Th2、Th9、Th17、Th22など多様な機能を持つ補助型T細胞(TH)に分化する。したがって、インターロイキンと補助型T細胞のコントロール関係によって分類することができる。このうち、I型炎症反応に関与する主なものはTh1細胞、中性粒細胞、マクロファージなど、関与するインターロイチンはil-1β、il-6、il-12、il-23、il-27など含まれている。炎症反応にはTh2細胞、好酸球、好アルカリ性細胞、肥満細胞、il-4 / il-13分極したマクロファージは関与するインターロイキンにはil-4、il-5、il-9、il-13、il-25、il-33などがある。Th1細胞とTh2細胞の間には非常に細かいバランス調整が行われている、最も重要なコントロール細胞はil-10を分泌するTreg細胞で、T細胞のTh2亜型への分極を促進し、炎症反応を抑制する。il-6やtgf-βはT細胞を刺激してTreg細胞に分化させ、il-10を分泌する多面性分子もいる。体内の炎症反応調節の複雑さは、インターロイキンの分子作用の多様性を示している。異なるタイプの炎症反応におけるインターロイキン分子の役割を十分に理解することは、病気の進展と薬物開発を理解する上で重要な意味を持つ。

 

インターロイキン系統マウスモデルの興味があれば、研究者の力になりたいと思い。サイヤジェン株式会社のノックアウトマウスバンクには、インターロイキンil-5、il-6、il-7、il-10、il-11、il-13、il-15、il-18、il-20、il-21、il-23などの関連遺伝子のノックアウトマウスおよびのコンディショナルノックアウトマウスが含まれており、2週間で納期可能になる。サイヤジェン株式会社のノックアウトマウス精子バンク2017年に発売されて以来、すでに2,000余りの課題グループを推進し研究の進展を加速させ、300余りの企業が薬物の研究開発で一刻を争うことを助け、研究の力ができることと願っている。

 

インターロイキン系統ノックアウトマウスモデルを興味ありますか?ノックアウトマウス精子バンク10,000系統を突破した。わずか63万円

 

また、サイヤジェン株式会社は様々な種類の遺伝子編集のカスタムマウスサービス(点突然変異マウス、ノックアウトマウス、コンディショナルノックアウトマウスおよび遺伝子組換えマウスを含む)、マウスの代理繁殖と飼育、マウスモデルのサービスを提供し、ぜひお問い合わせください。

 

サイヤジェンCRISPR-AIノックアウトマウスバンク 夏セールプロモーション実施中

 ノックアウトマウス 10,000種以上 63 万円から

 カスタムマウスモデル,最大25% OFF

 繁殖代行サービス

 

サイヤジェン株式会社(Cyagen Japan)

〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-20-10 宝生第一ビル4階

HP: www.cyagen.jp

  • お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

    *

    ユーザー名は必要です

    *

    ユーザーのメールアドレスは必要です

    有効なメールアドレスを入力してください

    *

    内容は必要です