非アルコール性脂肪性肝疾患モデルを用いた動物モデル作成で説明する

非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)は非アルコール性脂肪肝(NAFL)と非アルコール性脂肪 肝炎(NASH)を含む疾患概念であり、肝硬変(burned-out NASH)や肝癌に進展する可能性がある。

 

Younossi氏の研究によると、「NAFLDは世界的に肝臓疾患の最も重要な原因の一つであり、今後数十年にわたって末期肝臓疾患の主な原因になる可能性が高く、この病気は成人や子供に影響を及ぼす」という。

 

NAFLD

図1. 世界的なNAFLDの大体の罹患率とPNPLA3遺伝子型の分布

 

NASH診断の基準は肝臓の活動組織検査だが、この方法は非常に侵襲的だ。NAFLD患者の肝酵素は正常な場合もある。超音波は脂肪肝を検出することができるが、線維症や炎症を検出することはできない。現在、NAFLDに対する承認治療法がないため、NASH治療薬の開発だけでなく、新たな診断方法の開発にも力を入れている。製薬とバイオ技術会社はNAFLD / NASHに投資している。

 

動物モデルは、非アルコール性脂肪肝の病理生理メカニズムと新薬開発に重要な役割を果たしている。臨床前の研究では、特定のNAFLD表型に応じて異なる動物モデルを使用する必要がある。NAFLDとNASHの臨床前動物モデルは、食事誘導モデル、化学物質誘導モデル、遺伝子編集モデル、複合モデルの4つに分類される。

もし非アルコール性脂肪性肝疾患動物モデルにご興味があれば、本メールへの返信頂き、または03-6304-1096にお問い合わせください。ご都合がよろしければ、是非一度貴社にお伺いさせていただきたくメールを差し上げました。

 

サイヤジェン株式会社のノックアウトマウスバンクは16,000種以上のノックアウトマウス、コンディショナルノックインマウスを所有、非アルコール性脂肪性肝疾患モデルなどの人気な遺伝子改変マウスモデルをカバーでき、低価格で、最短2週間で納品可能でございます。

 

サイヤジェンCRISPR-AIノックアウトマウスバンク 夏セールプロモーション実施中

 ノックアウトマウス 10,000種以上 63 万円から

 カスタムマウスモデル,最大25% OFF

 繁殖代行サービス

 

サイヤジェン株式会社(Cyagen Japan)

〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-20-10 宝生第一ビル4階

HP: www.cyagen.jp

  • お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

    *

    ユーザー名は必要です

    *

    ユーザーのメールアドレスは必要です

    有効なメールアドレスを入力してください

    *

    内容は必要です