新型コロナウイルス感染症
マウスモデルカタログ

LDLR動脈粥状硬化マウスモデルの概要について

アテローム性動脈硬化(atherosclerosis, AS)とは複雑な慢性炎症疾患であり、冠状動脈疾患、心筋梗塞、多種の亜型脳卒中、末梢血管疾患と大動脈瘤を含み、主な特徴は動脈壁に斑塊が蓄積することである。

 

ノックアウトマウスアテローム性動脈硬化モデルは今比較的に認められているアテローム硬化の発病機序及び新薬の標的を探索する重要なツールであり、潜在的な抗動脈粥状硬化薬物の薬理と毒理の研究にも応用されている。アポリポタンパク質E(ApoE)、低密度リポ蛋白質受容体(LDLR)とBクラスI型スカベンジャー受容体((SR-B1)などの遺伝子の発現は機体の脂質、コレステロールと低密度リポ蛋白質などの転送と代謝を促進し、血管の正常機能を維持する。これらの遺伝子をノックアウトすることで、脂質の転送と代謝が乱れて粥状動脈硬化及び合併症の発生発展を引き起こす。

 

LDLRはコレステロールが細胞に入る主な受容体であり、ApoB 100はLDLの主要なアポリポタンパク質として、高脂肪飼料で飼育した動物の中でトリグリセリドを大量に含むVLDL濃度と正の相関を示した。LDLRがノックアウトされるか沈黙することはコレステロールの輸送に影響し、細胞内のコレステロールのバランスを破壊し、コレステロールが動脈壁に集積し、ASを誘発する。LDLRノックアウト(LDLR−/−)マウスASモデルは人類家族性高コレステロール血症において大動脈弁や大動脈のルートにみられる病変の特徴を有し、現在AS研究で最も多く用いられている遺伝子工学的動物モデルの一つである。LDLR遺伝子突然変異も現在の研究焦点の一つであり、現在少なくとも180種類のLDLR遺伝子突然変異型が発見された。いくつかの研究はLDLR遺伝子突然変異マウスを構築することによって遺伝子突然変異による動脈粥状硬化の発病機序を研究している。

 

もし、LDLR動脈粥状硬化マウスモデルにご興味があれば、サイヤジェン株式会社は研究者のお力になります。サイヤジェンのノックアウトマウスバンクはLDLR関連遺伝子のノックアウトおよびコンディショナルノックアウトマウスモデルが含まれ、納期は2週間可能です。検索欄でゲノム名を入力すれば、検索結果が出てくる可能です、同時にサイヤジェン株式会社はアテローム性動脈硬化点突然変異モデルをカスタムすることもできます。サイヤジェン株式会社ノックアウトマウスバンクは2017年から開始して以来、既に2,000余りの研究テーマの進展に力を入れ、300余りの企業の薬物研究開発を助力しておりました。研究者様にもサポートできるように望んでいます。もし弊社の遺伝子ノックアウトマウスバンクに興味があれば、オンラインまたはお電話03-6304-1096でお問い合わせください。

 

サイヤジェン株式会社について

サイヤジェン株式会社は14年間の発展を経て、すでに全世界の数万人の科学研究者にサービスを提供しており、製品と技術はすでに直接にCNS (Cell、Nature、Science)の定期刊を含む3,600余りの学術論文に応用されています。弊社のノックアウトマウスライブラリ」は低価格だけでなく、「遺伝子ID」を検索すれば、ワンクリックで注文まで操作できます。 ノックアウトマウスノックインマウスコンディショナルノックアウトマウスのカスタマイズサービスを提供する以外、サイヤジェン株式会社は専門的な手術疾患モデルチームがあり、多種の複雑な小動物手術疾患モデルを提供できます。国際レベルで無菌マウス技術プラットフォームは無菌マウス、無菌動物カスタマイズサービス、微生物移植サービスなどの無菌動物モデルに基づいた各種製品とサービスを提供でき、サイヤジェン株式会社の成熟で安定なトランスジェニックマウスプラットフォームと結合し、遺伝子とフローラの相互作用機序を研究することもできます。

 

サイヤジェン株式会社(Cyagen Japan) 
アジア営業部 
TEL:03-6304-1096 
Email: service@cyagen.jp
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-20-10 宝生第一ビル4階

  • お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

    *

    ユーザー名は必要です

    *

    ユーザーのメールアドレスは必要です

    有効なメールアドレスを入力してください

    *

    内容は必要です