LDLR動脈粥状硬化マウスモデルの概要について

アテローム性動脈硬化(atherosclerosis, AS)とは複雑な慢性炎症疾患、冠状動脈疾患、心筋梗塞、多種の亜型脳卒中、末梢血管疾患と大動脈瘤を含み、主な特徴は動脈壁に斑塊が蓄積することである。

 

ノックアウトマウスはアテローム性動脈硬化のモデルとしては今比較的に認められている。アテローム硬化の発病機序及び新しい薬物の標的を探索する重要なツールであり、潜在的な抗動脈粥状硬化薬物の薬理と毒理の研究にも応用されている。アポリポプロテインE(ApoE)、低いLDL受容体(LDLR)とBクラスI型フィクサー受容体表現((SR-B1)などの遺伝子の脂肪組織の脂質、低LDLコレステロールとなど、積み替えと代謝、血管が正常に機能を維持し、これらの遺伝子を引き起こすノックアウト脂質積み替えや代謝が乱れて動脈硬化や合併症を誘発するのが発展する。

 

LDLRはコレステロールが細胞に入る主な受容体であり、ApoB 100はLDLの主要なアポリポタンパク質として、高脂肪飼料で飼育した動物の中でトリグリセライドを含むVLDL濃度と正の相関を示した。LDLRがノックアウトされるか沈黙することはコレステロールの輸送に影響し、細胞内のコレステロールのバランスを破壊し、コレステロールが動脈壁に集積し、ASを誘発する。LDLRノックアウト(LDLR−/−)マウスASモデルは,高コレステロール血症において,大動脈弁や大動脈のルートにみられる病変の特徴を有し,現在AS研究で最も多く用いられている遺伝子工学的動物モデルの一つである。LDLR遺伝子突然変異も現在の研究の焦点の一つであり、現在少なくとも180種類のLDLR遺伝子突然変異型が発見され、いくつかの研究はLDLR遺伝子突然変異マウスを構築することによって遺伝子突然変異による動脈粥状硬化の発病機序を研究した。

 

もし、LDLR動脈粥状硬化マウスモデルご興味があれば、サイヤジェン株式会社は研究者のお力になります。サイヤジェンのノックアウトマウスバンクはLDLR関連遺伝子のノックアウトおよびコンディショナルノックアウトマウスモデルを含み、納期は2週間可能です。検索欄でゲノム名を入力すれば、検索結果が出てくる可能です、同時にサイヤジェン株式会社はアテローム性動脈硬化点突然変異モデルをカスタムすることもできます。サイヤジェン株式会社ノックアウトマウスバンクは2017年から開始して以来、既に2,000余りの研究テーマの進展に力を入れ、300余りの企業が薬物の研究開発における取り組み、研究者にもサポートできるように望んでいる。もし弊社の遺伝子ノックアウトマウスバンクに興味があれば、オンラインまたお電話03-6304-1096でお問い合わせください。

 

【サイヤジェン株式会社の概要】

実力のあるモデル動物の技術プラットフォームとして、サイヤジェン株式会社は既に全世界の数万人の研究者に製品やサービスを提供しており、サイヤジェン株式会社の製品と技術は既にCNS(Cell、Nature、Science)の定期刊行物を含む2,800余りの学術論文に応用されていた。2016年、TurboKnockoutはESのターゲットを新たな基準値に推進した。同年、CRISPR-Proは大きなフラグメントのコンディショナルノックアウトマウスモデルを更に高効率になる; 2017年、AlphaKnockout遺伝子ターゲット専門家システムは初めて人工知能に基づく最適化方案の設計を実現した。同年7月,CRISPR−AIノックアウトマウスバンクを開始して以来実績が10,000以上を突破した。

 

サイヤジェンCRISPR-AIノックアウトマウスバンク 夏セールプロモーション実施中

 繁殖代行サービス

 ホモ化cKOマウスわずか380万円

 5,000 cKOの精子を凍結保存し

 

サイヤジェン株式会社(Cyagen Japan)

〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-20-10 宝生第一ビル4階

HP: www.cyagen.jp

  • お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

    *

    ユーザー名は必要です

    *

    ユーザーのメールアドレスは必要です

    有効なメールアドレスを入力してください

    *

    内容は必要です