マウスモデルカタログ

サイヤジェン株式会社の代表取締役:革新的な技術で壁を打破し,バイオ業界をリード目指す

韓 蘭青

 

近日サイヤジェン株式会社代表取締役韓 蘭青(ハン ランチン)はメディアの取材を受けました。「サイヤジェンの会社紹介、ゲノム編集への展望、遺伝子研究者がどんな方式を通じ、改変マウスの作製などについて」と語った。またサイヤジェンの将来性、遺伝子改変マウス作製受託サービス、マウス表現分析プラットフォーム、薬物の開発モデルでヒト化マウス、無菌マウスなどの計画まで以下のように述べました。

 

Q:サイヤジェン株式会社は2005年に設立されました。数十年間一歩ずつ積み重ね、世界的に有数の動物モデルプロバイダーまで上り詰めたが、いままではどんな苦労がされましたか?

 

A:弊社は遺伝子改変マウス作製受託企業で知られていますが、ここまで10数年間、私たちは生命科学やバイオメディカルグループの研究者たちに様々な遺伝子改変カスタムマウスを作製することに没頭してきました。彼らに納品完了後、私たちは続き研究についてほとんど知らなかった。彼らたちの中で一部が弊社の名前を引用し論文を発表した日まで気づくことができました。

 

最初の段階で、我々は業務を拡大することをメインにしました。効率を向上させ、コストの削减するためも経営方針でした。データベースの管理することが自動ラインに移った、バイオインフォマティクスと知能を通じ、デザイン案から生産管理に基本のプロセスの自動化を実現させた。しかし、それで私たちは全力で、ほかの科学的価値を考える余裕がありませんでした。

 

最近2年間で毎年数千件のプロジェクトを行うことになりましたが、研究しているうちに業界内でなぜこのような遺伝子改変をしていることを実感することが出来ました。我々の仕事はどのような点でバイオ業界の発展をサポートできたのか?どんな点で無駄が生じているのか?業界の特徴は何ですか?私たちの仕事をより効果的にサービスする方法はありませんか?私達はずっと黙々と業界の発展を推進してきました、今私達が研究開発力も、技術への自信も備えた、研究者と一緒に遺伝子改変の発展を全力で尽くしていきます。

 

Q:遺伝子編集の将来性はどうか?なぜ研究者はゲノム編集マウスするのを楽しんでいるのでしょうか?

 

A:仕事の話をする前に、いくつかの背景を紹介する必要があります。まず答えなければならないのは、遺伝子編集マウスすることに熱心な研究者が増えている理由です。今世紀に入って科学者たちがヒトゲノム計画を完成の続き、 マウスの遺伝情報は非常に人間の疾病の研究に役立つと見られていると解読された。この時、2冊の相互関連の強い本が我々の前に置かれた。ヒトの遺伝子は勝手に変えたが、マウスの遺伝子の変化を通じ、ゲノム編集、マウスの変化を観察し、遺伝子の機能を理解し、ヒトゲノムの機能を理解し、突然変異と疾病との関係あります。実は今世紀に入ったポストゲノム時代に、科学者の大量の仕事、自覚と無自覚はヒト機能ゲノムをめぐり、マウスとラットはヒト機能ゲノムを研究する最も有力なツールになった。

 

Q:遺伝子改変マウス方法とは?

 

A: 遺伝子改変マウスの技術面から従来の30年間続いたESターゲット技術とここ数年に発展したCRISPR技術が存在し、分類は遺伝子組換え、遺伝子ノックアウト、遺伝子ノックインとヒト化、点突然変異、つまり遺伝子のプラス、マイナス、組み換えです。20年前にNIHはKOMP (Knockout Mouse Project)或いはノックアウトマウス計画をスタートさせ、マウスのすべての3万以上の遺伝子を一つずつノックアウトし、その後のマウス表現型計画と結合し、遺伝子欠損がどのような表現型変化をもたらすかを研究し、ヒトとマウス遺伝子の同源性を通じてヒトゲノム機能の理解を深めた。20年後の今日は、科学研究者はヒトとマウスの遺伝子機能及びゲノムにおける相互作用について初歩的な理解を得て、この仕事は依然として継続し、ここ数年で最も多く行ったのは遺伝子ノックアウトです。

 

近年発展してきたもう一つの重要な方向はヒト化マウス。ヒト化はマウスの遺伝子・細胞・組織の一部が人間の物に置き換わったマウスです。マウスをヒト化することによっていくつかの特徴や形質はヒトと近くて、最も適切であるように人間の健康のための研究目的を活用でき、ヒト化マウスを主にサービスです。我々は現段階の遺伝子を研究したヒト化、ヒトゲノム、複数の染色体のヒト化が最も複雑の一種は、マウスを三本の染色体に数十条抗体との遺伝子にヒトの関連の遺伝子を相応でき、ヒトの抗体がこの技術に対する抗体医薬品を開発が重要な役割を果たす、我々のヒト化マウス抗体の研究も順調に進んでいます。

 

最後に、最も重要なのはSNP解析で遺伝子点突然変異マウスであり、ここ数年はトランスレーショナル医療分野で新たな発見です。SNPはヒトの多様性と臨床表現をもたらす最大の要素です。臨床研究者を得やすい臨床サンプルは、これらのサンプルは二代を経て解析とGWAS分析(全ゲノム関連分析)候補に大量のSNP部位は、しかし、これらの部位を検証する臨床表現との関係を研究し、体内になければ、これらのSNPが体内をマウス(データ説明その可能性は80%を超える)めいた突然変異マウスが良い研究のツールとなった。遺伝子ノックアウトは依然として盛んであるが,より精緻化された研究やより臨床的に近い研究はさらに点変異マウスを必要とする。

 

Q:将来性につき、サイヤジェンがどんな計画があります?紹介しませんか?

 

A:ラット(主にマウス、少量のラット)の遺伝子改変をしたいくつかのタイプをまとめた。私達のサービスの中で、研究員は遺伝子改変マウスに対するニーズはばらばらで、根拠が不足で、この実験中で誤り、不明確さ、重複と時間無駄が発生しやすいです。多くのヒトが遺伝子組換えマウスを手にした後に明らかな表現型を発見できなくなったため、研究に支障を来たし、或いは失敗した。

 

サイヤジェンの将来の重要な目標はゲノム編集の難問を解決することであり、トランスレーショナル医療に力いれ、以下のように:

 

一、 遺伝改変マウスライブラリの設立に着目する

 

これは情報ツール、情報源、実物ライブラリです。世界主要情報データベースを統一し、強大なバイオの情報機能を分析することができる、全ゲノム分析が強大な力持ち、既存の人間レポジトリに活用して、マウスはヒト遺伝子を対応できるし、モデルマウスと疾病のタイプを対応できて、人工知能システムは深く勉強する能力を持つ、AIに基づき、モデルの選びからデザインまで、現在このプラットフォームの構想と雛形はすでにあり、次は私達の総合的な研究開発プロジェクトになって、短期的に創立して、中期的に効き目があって、長期的に創立して全世界のトランスレーショナル医療を支持し、そして多くの研究員の協力する大プラットフォームになると努力して行きたいです。

 

以上紹介したライブラリの重要な部分として、トランスレーショナル医療から点突然変異プラットフォームに着目し、その目的は体系的疾患の方向性と生物学的標的、表記で次世代関連解析とGWAS研究、より正確な医療に向け、直接臨床研究に向け、薬の開発とサービスは、正確な医療診断の貴重な情報提供と素材となった。我々は国内外の臨床研究機関と協力し、高いレベルを選定、肺がんや腎臓ガン、食道癌、肥満、珍しい病気を含むいくつかの重要な方向に、点突然変異マウスのデータベースと効率化プラットフォームのもとを作って、それに伴い、体系的な選別標的をツールになり、おかげで国の支援の医学一点突然変異科学プロジェクト、全面にシステムの研究の方向です。

 

二、マウスの表現型分析プラットフォームを確立した

 

30,000条に近く、マウスの遺伝子の個別遺伝子を改造し、しばしば表現型ははっきりしないのは、通常の推測も難しいがマウスの手術、局部の圧迫はしばしばマウスの表現型を浮かび上がった、遺伝子のマウスの手術のモデリングを結合した研究方法は我々にとって難関を解決された。長年に蓄積した熟練な経験、高効率的なチームと運用の経験を活かす、長年の準備を経て、素晴らしい技術チームを構築し、多種類のマウスモデルの作成に対応出来し、複雑と複合手術疾病モデルの作製ノウハウを備えている。遺伝子組み換えマウスと手術モデリングを結合し、そして表現型分析プラットフォームまで延伸し、本当に顧客にワンストップサービスを提供し、情報データが入出、モデルの作製、繁殖、手術、表現型の分析などの工程はすべてテクニカルが担当する。

 

三、ヒト化抗体薬物開発のキーポイントマウスモデル開発プラットフォームを確立した

 

ヒト化マウスはここ数年の製薬業界の寵愛です。ヒト化抗体薬物は昔のキメラ抗体或いはヒト化抗体薬物より腫瘍、自己免疫疾患などの重い病気を治療する時、副作用は更に小さく、治療効果はもっと良いです。2017年までに、アメリカFDAが承認した全ヒト化モノクローナル抗体薬物の中で、73.9%の全ヒト化モノクローナル抗体はヒト化抗体マウス技術サービスプラットフォームにより開発され、これらのモノクローナル抗体はAbgenix、Medarex、Regeneronのビッグ3に集中している。それは欧米の抗体薬物の研究開発体系を構築したが、すべて対外開放しなく、特許制限も大きい。中国の製薬企業は高い代価を払って初めて全ヒトか化抗体動物を使用して抗体薬物の開発を行うことができ、抗体産業の源の不足を招く。一方、サイヤジェン株式会社は自主的な研究開発を行い、自主的な知的所有権を有するヒト化抗体薬物の研究開発のマウスモデルを構築し、一方、欧米の有名なモデル動物機構と協力し海外の珍しいなヒト化マウスモデルを導入した。自分の研究と導入の方式を通じ、ヒト化抗体薬物の研究開発プラットフォームの確立を加速でき、プロジェクトの経済効果を促進できる。

 

過去の数年に私達は数多くのヒト化遺伝子マウスのプロジェクトを経験し、これらのプロジェクトの特徴は大量の遺伝子組換えが必要で、一般的に困難で、現在私達はすでに効率的にヒト化マウスを作製する技術を突破し、このサービスに対してカスタム作製を行うことができる。私達はヨーロッパの免疫欠陥マウスの系統を導入し、それに基づいて人類免疫系統の再建を行い、免疫系統のヒト化マウスを形成し、CDX/PDXに用いられ、広範に薬の開発に奉仕する。また免疫チェックポイントヒト化マウスは導入と自分の研究を組み合わせて普及する。私達のヒト化マウスはまだ1年半完成することを予想し、その前に私達はそれとセットの抗体の生産、スクリーニングと薬の効果プラットフォームを創立し、このように私達は製薬業の全方位のヒト化マウスサービスプラットフォームを創立した。

 

四、無菌マウス技術に基づいた微生物グループの薬物開発のワン・ストップ・ショッピングを構築した

 

ヒトの健康を影響する最も重要な2つの要素は,内因がゲノムであり,外因が微生物です(その中で最も重要なのは腸管微生物です)といえる。近年腸内微生物とであることが証明され、がん、免疫、心血管、代謝疾患、神経など、ほとんどすべての関係を研究腸内微生物ほとんど唯一の無菌マウス、無菌マウスを使って微生物の薬を選択する、他の薬との合同薬を選択する一種類になっている。サイヤジェン株式会社は過去2年間に建てた無菌動物供給や応用研究システムは、将来的に無菌動物を支える提供と、通常の重点疾患動物遺伝子無菌マウスを生産供給、重大な微生物チーム体内の実験研究分析、微生物機能代謝と無菌動物の体内の評価専門技術サービスプラットフォーム。将来的は無菌動物の技術条件で、微生物グループの研究開発、臨床資源を統合し、専門化無菌動物CRO/CDMOを形成し、微生物グループの薬物を研究開発のワン・ストッププラットフォームを形成する。

 

サイヤジェン株式会社は中国で動物モデルが絶えず拡大していき、現在は40,000平方メートルの新しい動物施設を建設中、2020年6月までに中国地区の全面的なカバーを完成させる計画ということだ。2020年には日本とインドに合弁体制を構築します。

 

 サイヤジェン株式会社

 

サイヤジェン株式会社について

サイヤジェン株式会社は14年間の発展を経て、すでに全世界の数万人の科学研究者にサービスを提供しており、製品と技術はすでに直接にCNS (Cell、Nature、Science)の定期刊を含む3,400余りの学術論文に応用されている。遺伝子ノックアウトイン、遺伝子ノックアウト、コンディショナーノックアウトモデルのカスタマイズサービスを提供する以外、サイヤジェン株式会社は専門的な手術疾患モデルチームがあり、多種の複雑な小動物手術疾患モデルを提供できる。国際レベルで無菌マウス技術プラットフォームは無菌マウス、無菌動物カスタマイズサービス、便微生物移植サービスなど無菌動物モデルに基づいた各種製品とサービスを提供でき、サイヤジェン株式会社は成熟安定性に基づいた遺伝子改変マウスと結合し、遺伝子と菌群の相互作用機序を研究することもできます。

 

サイヤジェンCRISPR-AIノックアウトマウスバンク 

 繁殖代行サービス

 ホモ化cKOマウスわずか380万円

 5,000 cKOの精子を凍結保存し

Cas9 Mouse Model, ワンストップサービス

 

サイヤジェン株式会社(Cyagen Japan)

TEL:03-6304-1096

Email: service@cyagen.jp

〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-20-10 宝生第一ビル4階

  • お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

    *

    ユーザー名は必要です

    *

    ユーザーのメールアドレスは必要です

    有効なメールアドレスを入力してください

    *

    内容は必要です