弊社報告書:SARSマウスモデルの構築策略とその応用

世界各地で繰り返される新型コロナ疫病との戦い、間違えなくわれわれに再度注意を引き、新型コロナはまだ終わっていない、防疫対策を依然として強化しなければならない。全世界にとって、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)による世界新型コロナ(COVID-19)の流行は依然として大きな難関である。重症急性呼吸症候群(SARS)と宿主分子の相互作用メカニズムを深く研究し、ウイルスの発病過程を検討し、SARSウイルス感染症モデルを構築することは、臨床治療、ワクチンと薬物の研究開発を指導するのに非常に重要な意義がある。ワクチンの研究開発も、新薬の開発も、遺伝子治療も、いずれも正確な動物モデルで病気の発症と免疫メカニズムを検証する必要がある。

 

弊社報告書ーー「SARSマウスモデルの構築策略とその応用」概要、以下のように:

 

1. マウスモデルを使ってSARSを研究する意義と優勢

 

2. マウスモデルを使ってSARS-CoVを研究するのにどのような策略と方法があるか?

(1) マウスの構築策略と方法によって、現在のSARS-CoV感染マウスモデルは3つの種類に分けられている:

a. 人類SARS-CoVウイルスを使って直接に近交系マウスに感染する。

b. 遺伝子編集マウス技術を使って、関連遺伝子をノックアウトするか、ヒト宿主細胞SARSウイルス結合受容体(ACE2など)をマウス体内に導入する。

c. 野生型SARS-CoVウイルスをマウス体内で進化過程に繰り返して適応させ、より強い病原性の持つマウス適応ウイルスを取得し、明らかな臨床表現型を引き起こせるウイルス感染マウスモデルを構築する。

 

(2) SARS-CoV感染マウスモデルについて、主な研究進展は以下のいくつかの点に集中している:

(I)近交系マウスモデルを直接に使用してSARSウイルスの発病性を研究する

(II)遺伝子編集を応用してSARSウイルス感染マウスモデルを構築する

(III)適応実験進化方式を使用してSARS-CoV変異強毒型を取得する

(IV)共同交配(Collaboratory Cross-CC)技術を使用して遺伝背景の多様性を持つマウス品系を構築する

 

3. マウスモデルの新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)研究における応用進展

(1) 遺伝子組換えヒト化ACE2マウスモデル

(2) ポジショニング挿入ヒト化hACE2マウスモデル

(3) アデノウイルスベクターで作ったマウスモデル

 

サイヤジェン株式会社はモデル動物分野の先導者として、新型コロナが発生した後に、研究開発チームを組織して新型コロナに向けマウスモデルの開発に全力を尽くしています。異なる研究目的と応用方向のニーズに応えるために、私たちは自主的に開発したTurboKnockout®技術と最適化されたCRISPR-Pro技術を利用してBALB/c、C57BL/6J、C57BL/6Nの3つ種類の背景品系のヒト化hACE2マウスを作製します。異なる遺伝子改変の長所と短所を総合的に考慮し、さまざまな遺伝子ターゲティング案と構築方法を設計します。

 

新型コロナの発生後すでに半年が経ちました。ワクチンと抗ウイルス薬物の開発が次第に明らかになりました。すぐに感染者の予防と治療用することはできませんが、まだまだ注意必要があります。この過程で、マウスは人類の抗ウイルス感染のルートの重要な手段となります。今はパンデミックを乗り越えて、サイヤジェンも全社一丸となって日々尽力いたします。

 

 

 

最新の販売促進キャンペーン:

 

サイヤジェン株式会社について

サイヤジェン株式会社は14年間の発展を経て、すでに全世界の数万人の科学研究者にサービスを提供しており、製品と技術はすでに直接にCNS (Cell、Nature、Science)の定期刊を含む4,300余りの学術論文に応用されています。弊社の「ノックアウトマウスライブラリ」は低価格だけでなく、「遺伝子ID」を検索すれば、ワンクリックで注文まで操作できます。 ノックアウトマウスノックインマウスコンディショナルノックアウトマウスCRISPR Cas9 ノックアウトマウスのカスタマイズサービスを提供する以外、サイヤジェン株式会社は専門的な手術疾患モデルチームがあり、多種の複雑な小動物手術疾患モデルを提供できます。国際レベルで無菌マウス技術プラットフォームは無菌マウス、無菌動物カスタマイズサービス、微生物移植サービスなどの無菌動物モデルに基づいた各種製品とサービスを提供でき、サイヤジェン株式会社の成熟で安定なトランスジェニックマウスプラットフォームと結合し、遺伝子とフローラの相互作用機序を研究することもできます。

 

サイヤジェン株式会社(Cyagen Japan) 
アジア営業部 
TEL:03-6304-1096 
Email: service@cyagen.jp
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-20-10 宝生第一ビル4階

 

  • お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

    *

    ユーザー名は必要です

    *

    ユーザーのメールアドレスは必要です

    有効なメールアドレスを入力してください

    *

    私たちについて必要

    *

    内容は必要です

マウスモデルカタログ