マウスモデルカタログ

Creマウスの紹介

コンディショナル遺伝子ターゲティングはある遺伝子の修飾を特定種類の細胞やマウス発育の特定段階に限定された特殊な遺伝子ターゲティング方法である。現在、コンディショナル遺伝子ターゲティングは主に大腸菌P1バクテリオファージから由来したCre-LoxPシステムを使用している。Cre-LoxPシステムを利用して目的遺伝子のポジショニングノックイン、ノックアウト、リコンビナーゼ媒介の箱式交換などの多種類の遺伝子工学操作が実現できる。

 

Cre-LoxPシステムの動作原理 

Creタンパク質は大腸菌ターゲティングP1に存在するリコンビナーゼであり、細胞内遺伝子またはDNAのLoxPシーケンスを特異的に識別し、LoxPシーケンスの位置とLoxPシーケンスとの関係に基づいて、異なる特異的組換反応を介することができる。

 

コンディショナル遺伝子ノックアウトの基本原理が利用した組換方式は、二つのLoxP部位が一つのDNAチェーンに位置し、且つ同じ方向であれば、Creリコンビナーゼが二つのLoxPサイトの間のシーケンスを効果的にノックアウトすることができる(図A)。

Cre-loxPが遺伝子組み換えを誘導する方式である。ノックアウト(A)、反転(B)、転座(C)

Cre-loxPが遺伝子組み換えを誘導する方式である。ノックアウト(A)、反転(B)、転座(C)

 

コンディショナル遺伝子ノックアウトマウスを調製するのにFloxedマウス(即ち目的遺伝子がLoxPシーケンスでアンカーされたマウス)とCreマウスの2種類のマウスが必要である。Creマウスとは、即ちCreリコンビナーゼがマウスの特定組織または細胞で発現するマウスである。そのCre遺伝子の発現は一つの特異性プロモーターに制御され、このプロモーターがCre発現の組織や細胞のタイプを決定する。Cre遺伝子を配位子または薬物誘導可能なプロモーターの制御に同時に置くと、Cre発現に対する時間と空間レベルの正確な調整が同時に実現できる。

 

サイヤジェン株式会社は十数年の発展を経て、すでに百種類以上のよく使われるCreマウスとラットを構築しております。もし研究者様の実験がCreマウスを使う必要があるなら、弊社に連絡して問い合わせください。必要なCreマウスを探せないなら、ご要望に応じてカスタムサービスを提供いたします。

 

 

 

最新の販売促進キャンペーン:

 

サイヤジェン株式会社について

サイヤジェン株式会社は14年間の発展を経て、すでに全世界の数万人の科学研究者にサービスを提供しており、製品と技術はすでに直接にCNS (Cell、Nature、Science)の定期刊を含む3,600余りの学術論文に応用されています。弊社のノックアウトマウスライブラリ」は低価格だけでなく、「遺伝子ID」を検索すれば、ワンクリックで注文まで操作できます。 ノックアウトマウスノックインマウスコンディショナルノックアウトマウスCRISPR Cas9 ノックアウトマウスのカスタマイズサービスを提供する以外、サイヤジェン株式会社は専門的な手術疾患モデルチームがあり、多種の複雑な小動物手術疾患モデルを提供できます。国際レベルで無菌マウス技術プラットフォームは無菌マウス、無菌動物カスタマイズサービス、微生物移植サービスなどの無菌動物モデルに基づいた各種製品とサービスを提供でき、サイヤジェン株式会社の成熟で安定なトランスジェニックマウスプラットフォームと結合し、遺伝子とフローラの相互作用機序を研究することもできます。

 

サイヤジェン株式会社(Cyagen Japan) 
アジア営業部 
TEL:03-6304-1096 
Email: service@cyagen.jp
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-20-10 宝生第一ビル4階

  • お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

    *

    ユーザー名は必要です

    *

    ユーザーのメールアドレスは必要です

    有効なメールアドレスを入力してください

    *

    私たちについて必要

    *

    内容は必要です