マウスモデルカタログ

C-NKGマウス

品系名:NOD/Shi-Prkdcscid Il2rgem1/Cgen

略語:C-NKGマウス

バックグラウンド:NOD/Shi-Scid

 

C-NKGマウスはサイヤジェン株式会社がCRISPR/Cas9技術を使用してNOD/Shi-Scidバックグラウンド品系でIl2rg遺伝子をノックアウトした重症免疫不全マウスである。NKGマウスは成熟したT、B、NK免疫細胞を欠けていて、補体活性が低下し、マクロファージがヒト由来細胞に対する呑噬力が弱いため、ヒト造血幹細胞(HSC)、末梢血単核細胞(PBMC)、患者の異種移植組織(PDX)或いは成体幹細胞と組織を高効率に移植でき、免疫不全の程度が高く、腫瘍、免疫、自己免疫疾患、免疫治療ワクチン、GvHD /移植、安全性評価などの分野で優れたモデルと認められている。

 

特徴:

  • 成熟したT、BとNK細胞を欠けている。
  • 補体の活性が低い。
  • マクロファージと樹状細胞の機能が異常である。
  • 年齢が重ねているとともに、TとB細胞の漏れの発生率が極めて低い。
  • リンパ腫瘍の発生率が極めて低い(NOD scidモデルと違う)。長期実験と短期実験にも用いられる。
  • 糖尿病が発症しない。
  • NOD/scidマウスと比べ、NKGマウスは移植した人体細胞と組織の生存率が上がった。また、もっと高い比率の人類の正常或いはがん細胞と組織を移植できる。

 

応用:

  • NOD/scidマウスと比べ、NKGマウスは移植した人体細胞と組織の生存率が上がった。また、もっと高い比率の人類の正常或いはがん細胞と組織を移植できる。
  • 高効率にヒト造血幹細胞(HSC)、末梢血単核細胞(PBMC)、患者由来の異種移植物(PDX)或いは成体幹細胞と組織を移植できる。
  • 腫瘍、免疫、自己免疫性疾患、免疫治療ワクチン、GvHD/移植、安全性評価等の研究に用いられる。

 

表現型の検証:

1.Prkdc遺伝子突然変異

Prkdc遺伝子突然変異

図1.Prkdcscid突然変異はPrkdc遺伝子の84エクソンのTAT→TAAにより引き起こされる。

シークエンシング結果によると、NKGマウスはPrkdcscid突然変異を持っている。

 

2.Il2rg遺伝子ノックアウト

Il2rg遺伝子ノックアウト

図2.NKGマウスのIl2rg遺伝子に対してPCR検査を行ったところ、NKGマウスのIl2rg遺伝子は成功にノックアウトしたことを発見した。

野生型のストリップサイズ:388bp、ノックアウト部分の断片のストリップサイズ:1430bp。

 

3.C-NKGマウスの末梢血のB、T、NK細胞の検測

C-NKGマウスの末梢血のB、T、NK細胞の検測

図3.C-NKGマウスは末梢血にB、T、NK細胞が非常に欠けていて、重症免疫不全マウスである。

BALB/c、 C-NKGマウスの末梢血を取って、T 、BとNK細胞の組成に対して、代表的フロー細胞免疫表現型解析と統計対比を行う。実験結果によると、BALB/cマウスと比べ、C-NKGマウスは末梢血のB細胞(CD3-CD19+)、T細胞(CD3+CD19-)、補助性T細胞(CD3+CD4+CD8-)、細胞毒性T細胞(CD3+CD4-CD8+)、NK細胞(CD335+CD3-)は殆ど全部欠けている。

 

4.C-NKGマウスのリンパ組織のB、T、NK細胞の検測

C-NKGマウスのリンパ組織のB、T、NK細胞の検測

図4.C-NKGマウスはリンパ組織のB、T、NK細胞が非常に欠けていて、重症免疫不全マウスである。

BALB/c、 C-C-NKGマウスのリンパ組織を取って、T 、BとNK細胞の組織に対して、代表的フロー細胞免疫表現型解析と統計対比を行う。実験結果によると、BALB/cマウスと比べ、C-NKGマウスはリンパ組織のB細胞(CD3-CD19+)、T細胞(CD3+CD19-)、補助T細胞(CD3+CD4+CD8-)、細胞毒性T細胞(CD3+CD4-CD8+)、NK細胞(CD335+CD3-)はほとんど全部欠けている。

 

サイヤジェン株式会社について

サイヤジェン株式会社は14年間の発展を経て、すでに全世界の数万人の科学研究者にサービスを提供しており、製品と技術はすでに直接にCNS (Cell、Nature、Science)の定期刊を含む3,600余りの学術論文に応用されています。弊社のノックアウトマウスライブラリ」は低価格だけでなく、「遺伝子ID」を検索すれば、ワンクリックで注文まで操作できます。 ノックアウトマウスノックインマウスコンディショナルノックアウトマウスCRISPR Cas9 ノックアウトマウスのカスタマイズサービスを提供する以外、サイヤジェン株式会社は専門的な手術疾患モデルチームがあり、多種の複雑な小動物手術疾患モデルを提供できます。国際レベルで無菌マウス技術プラットフォームは無菌マウス、無菌動物カスタマイズサービス、微生物移植サービスなどの無菌動物モデルに基づいた各種製品とサービスを提供でき、サイヤジェン株式会社の成熟で安定なトランスジェニックマウスプラットフォームと結合し、遺伝子とフローラの相互作用機序を研究することもできます。

 

サイヤジェン株式会社(Cyagen Japan) 

アジア営業部 
TEL:03-6304-1096 
Email: service@cyagen.jp
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-20-10 宝生第一ビル4階

  • お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

    *

    ユーザー名は必要です

    *

    ユーザーのメールアドレスは必要です

    有効なメールアドレスを入力してください

    *

    私たちについて必要

    *

    内容は必要です