【インパクトのあるジャーナルを掲載しませんか】スーパーコンピテントES細胞系列をお届けします!

動物モデル作製

 

何故、ES細胞を用いた技術を動物モデル作製に利用するのか?

 

ES細胞の相同組み替えを利用した動物モデル作製のアプローチでは、フラグメントサイズの制限やオフターゲット効果の影響といったCRISPRのデメリットを回避することができます。

 

しかし、従来のES細胞を用いた技術では10〜14ヶ月もの作製期間が必要になります。

 

サイヤジェンのES細胞を用いたTurboKnockout®遺伝子ターゲティング技術とは?

 

●ES細胞相同組み替えを用いたアプローチ:フラグメントサイズの制限やオフター ゲット効果の影響を回避

● ハイパーコンピテントES細胞と自己選択削除カセット:100%ES細胞由来のマウスを6~8ヶ月でお届け

●業界最高基準の保証:100%返金保証

 

サイヤジェン株式会社(Cyagen Biosciences Inc.)

〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-20-10 宝生第一ビル4階

Tel: 03-6304-1096

HP: www.cyagen.jp

 

最新のプロモーション:

●【カスタムマウスモデルの複数購入割引】最安価格94万円から、最大15% OFF

●【KOマウス生体】最安値70万円から、最短2週間

●【CRISPR-AI KOマウス】3,800種類以上、研究が盛んな遺伝子の90%をカバー、総額90万円

  • お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

    *

    ユーザー名は必要です

    *

    ユーザーのメールアドレスは必要です

    有効なメールアドレスを入力してください

    *

    内容は必要です