1. ホーム
  2. コミュニティ
  3. 販売促進
  4. ヒト化抗体マウス
ヒト化抗体マウスのカスタマイズ作製サービス モノクローナル抗体薬物の研究開発に協力する

実験マウスは操作が簡単で、人類抗原に対する免疫耐性が低いため、最もよく使用されている抗体薬物の開発ツールである。しかし、マウス抗体による人体拒絶反応は抗体治療の安全性と治療効果をひどく影響するため、マウス抗体のヒト化は各製薬企業が取り組んでいる主な難関になった。現在、殆どの完全なヒト化抗体マウスはMb級の人類抗体遺伝子をノックインすることができない。この技術難関をどう突破するか。この問題に対し、サイヤジェン株式会社は研究者様にTurboKnockout®技術とBAC組換技術をお薦めします。

BACが300kb以上の外来DNAを収納できるので、BAC組換は大きな遺伝子及び調節シーケンスをノックインでき、そしてもっと内因性の遺伝子の発現パータンに近い。TurboKnockout®遺伝子編集技術は伝統的なESターゲット技術に基づいて、編集が正確で、効果が良く、オフターゲット効果がなく、BAC組換を使用して300kbの大きな断片もノックインできる。また、ESレベルで複数のBAC組換を同時に実現でき、プロジェクト周期を大幅に短縮できる。CRISPR/Cas9技術と比べ、TurboKnockout®技術は特許紛争もなく、新薬の開発に関するプロジェクトにお推薦する技術である。今すぐ03-6304-1096service@cyagen.jpまでお問い合わせください。

● キャンペーン期間:2021年3月1日——2021年4月30日

● 対象:日本の顧客様

マウス関連受託 成果物 価格
TurboKnockout® ES cell targeting ヒト化マウス 3匹 マウス
TurboKnockout®遺伝子改変技術とは
伝統的なターゲット技術に基づいたTurboKnockout®遺伝子ノックアウト技術は伝統的なESターゲット技術と同じに技術が成熟で、編集が正確で、効果が安定であるだけでなく、2世代の繁殖を削減し、作製周期は6ヶ月に短縮する。
サービスの流れ
  • ESを電気泳動で転写され、陽性細胞を選別する
  • ファウンダーマウス(F0)を作製する
  • F1を繁殖して選別する

* BACターゲットベクターの設計と構築設計図については、ここをクリックしてください。

サービスのメリット

BAC組換は300kbの大きな断片の編集を実現できる

DNAクローンベクターの容量の制限で、遺伝子編集動物を作製する外来遺伝子断片は通常30kb以下である。そのため、遺伝子活性を調整するある重要な因子が不可避的に紛失する。BACが300kb以上の外来DNAを収納できるので、BAC組換はもっと大きな遺伝子及び調節シーケンスをノックインでき、そしてもっと内因性の遺伝子の発現パータンに近い。

TurboKnockout®はオフターゲット効果の影響がない

TurboKnockout®遺伝子ノックアウト技術は伝統的なESターゲット技術に基づいて、遺伝子編集が正確で、効果が安定で、オフターゲット効果がなく、複雑な遺伝子ノックアウトに適任である。

特許権の紛争なし

CRISPR/Cas9技術と比べ、TurboKnockout®技術は特許権の紛争がなく、新薬開発に関するプロジェクトの第一選択の技術である。

周期はもっと短い

TurboKnockout®遺伝子編集技術は伝統的なESターゲット技術に基づいて、「キメラ」段階を乗り越え、且つNeoを自分削除し2世代分の繁殖を削減でき、ESターゲットより6ヵ月間に早い。また、TurboKnockout®はESレベルで複数のBAC組換を同時に実現でき、プロジェクト周期を大幅に短縮できる。

Total publications citing Cyagen: 4,800
SETD2 Restricts Prostate Cancer Metastasis by Integrating EZH2 and AMPK Signaling Pathways.
Cancer Cell DOI: 10.1016/j.ccell.2020.05.022 (2020) IF=26.602
Dual-targeting Nanoparticle Vaccine Elicits a Therapeutic Antibody Response Against Chronic Hepatitis B.
Nature Nanotechnology PMID: 32123380 (2020) IF=33.407
Reducing Hypothalamic Stem Cell Senescence Protects against Aging-Associated Physiological Decline.
Cell Metabolism PMID: 32004475 (2020) IF=22.415
The Stem Cell Pluripotency Genes Klf4 and Oct4 Regulate Complex SMC Phenotypic Changes Critical in Late-Stage Atherosclerotic Lesion Pathogenesis.
Circulation DOI: 10.1161 (2020) IF=23.054
マウスモデルカタログ