マウスモデルカタログ
BALB/c背景ES細胞をターゲットTurboKnockout®を選ぶ 新薬の研究開発、これで決める!

BALB/c背景マウスは白化、免疫欠陥という特徴、発がん物質に対して極めて敏感で、腫瘍学、免疫学、核医学研究用マウス系統である。新薬の開発プロジェクトに必要な実験動物の選択肢である。BALB/c背景への鉱物油注射は迅速に形質細胞腫を誘発するため、これはモノクローナル抗体の作製にも広く使われています。

通常、BALB/cのES細胞培養は難しく、ES細胞ターゲットを用いたモデル構築も難しいところです。これらの問題に対するサイヤジェン株式会社は約2年間にわたって数多くBALB/cを選別したES細胞、ES細胞ごとに鑑定、性別、安定型テスト、調整し、生殖させる能力と最終の遺伝子生殖を含めた大量の実験、安定した細胞を最終選定し、BALB/cのES細胞ターゲット構築を成功した。

サイヤジェン株式会社のBALB/c背景TurboKnockout® 遺伝子技術は伝統的なES技術の上に改善し、遺伝子の正確さ、効果の安定さ、オフターゲット効果の影響もなく、複雑な遺伝子ノックアウトにも対応可能です。また、CRISPR/Cas9技術と比べ、TurboKnockout® 技術は特許及びライセンスの紛争も心配なく、新薬への開発プロジェクトに最も重要な技術である。今から03-6304-1096service@cyagen.jpお問い合わせください!

■ キャンペーン期間: 2020年4月1日~2020年5月31日
■ 対象: 日本の顧客様
■ 送料無料: 動物施設への無料配達!
マウス関連受託 成果物 価格(税別)
TurboKnockout® ノックアウトマウス 4匹 BALB/c TurboKnockout® マウス お問い合わせ
TurboKnockout® コンディショナルノックインマウス/ノックアウトマウス 4匹 BALB/c TurboKnockout® マウス お問い合わせ

ご注文方法

オンライン見積りを依頼

1-2営業日以内にご返信いたします。

Your Name can not be empty

有効なメールアドレスを入力してください

Your Email can not be empty

Message can not be empty

技術の特徴メリット

厳しく選別したBALB/c系ES細胞

サイヤジェン株式会社は数多くの実験にわたって選別したBALB/c系ES細胞ごとに鑑定、性別、安定性、調整的な機能、生殖させる能力と最終の遺伝子生殖を含めた大量の実験、安定した細胞を最終選定し、BALB/cのES細胞ターゲット構築を成功した。

腫瘍学の研究用マウス

BALB/c系マウスは発ガン物質に対し敏感で、腫瘍学、免疫学、核医学の研究及びモノクローナル抗体のもよく用いられ、新薬の開発プロジェクトに必要な実験動物の第一選択肢である。

オフターゲット効果の影響なし

TurboKnockout® 遺伝子ノックアウト技術は伝統的なES標的技術と比較すると、遺伝子サイレンシングの正確さ、効果の安定さ、除去効果なし、難易度の高い遺伝子組換えマウスにもBALB/c系が対応可能です。

特許権の紛争なし

CRISPR/Cas9技術と比べ、TurboKnockout® 技術は特許権の紛争がなく、新薬開発プロジェクトに関連する第一選択の技術法です。

周期はより短い

「キメラ」段階からNeoを削除し2世代分の繁殖時間を減らし、ESターゲットより6ケ月短縮することができます。

Total publications citing Cyagen:3,600

Reducing Hypothalamic Stem Cell Senescence Protects against Aging-Associated Physiological Decline.
Cell Metabolism PMID: 32004475 (2020) IF=22.415
Oxytocin-dependent reopening of a social reward learning critical period with MDMA.
Nature 569: 116-120 (2019) IF=41.577
Specific Decrease in B-Cell-Derived Extracellular Vesicles Enhances Post-Chemotherapeutic CD8+ T Cell Responses.
Immunity PMID: 30770248 (2019) IF=19.734
VSIG4 mediates transcriptional inhibition of Nlrp3 and Il-1β in macrophages.
Gut 68: 301-312 (2019) IF=17.016