CRISPR/Cas9ノックアウトマウスわずか99万円

マウスの全身ノックアウトや点突然変異ノックインは、これまでにないほど簡単に行えるようになりました。CRISPR/Cas9 によるゲノム編集はノックアウト動物モデルの作製において、従来のES細胞相同組換えを用いた手法に取って代わる新技術です。この新技術では、ES細胞での作業やキメラ作製が不要になるため、従来のES細胞相同組換えよりも短期間でノックアウトすることができます。つまり、作製期間と費用を節約することができます。

あなたのプロジェクトをサイヤジェンに委託しませんか?ノックアウト/点突然変異ノックインマウスを短期間&リーズナブルに獲得できます!

CRISPR/Cas9 遺伝子ターゲティングマウス

サービス 作製期間 制作物 価格
ノックアウトマウス 3〜5ヶ月 3匹以上のF0マウス 99万円
点突然変異ノックインマウス 4〜6ヶ月 3匹以上のF0マウス 150万円

※このキャンペーンは、日本国内のお客様及び各販売代理店で適用されます。詳しくはこちらまでお問い合わせください。

ご注文方法について

メールでのお問い合わせ:
service@cyagen.jp

電話でのお問い合わせ:
03-6304-1096

CRISPR/Cas9
によるゲノム編集の特徴

複数変異を導入可能

最大10kbのフラグメント

生殖系列移行の高効率の良さ

優れたDNAシーケンスの特異性

ノックアウト、点突然変異での効率の良さ

ES細胞を用いた場合と比べて半額以下の費用

CRISPR/Cas9
によるゲノム編集の流れ

ヌクレアーゼ
ベクターの構築

マウス受精卵への
インジェクション

ファウンダーの
スクリーニング