1. ホーム
  2. コミュニティ
  3. 販売促進
  4. BRGSF重度免疫不全マウス
無類のBRGSF重度免疫不全マウス

品系名:BALB/c Rag2tm1Fwa Il2rgtm1Cgn SirpaNOD Flk2tm1lrl

BALB/c Rag2tm1Fwa Il2rgtm1Cgn SirpaNOD Flk2tm1lrl
  • ● 体内のCDC機制が完全で、CDC機制の関連研究に用いられる。
    N*Gマウスと違って、BRGSFマウスのバックグラウンドはBALB/cであり、体内に完全な補体カスケード反応があり、補体依存細胞毒性(CDC)機制の研究にも用いられる。例えば、CDC機制を使用してCAR-Tをクリアする薬物の薬効と安全性評価に用いられる。
  • ● BRGSFマウスは免疫不全程度が最も高いマウスの一つであり、各種のCDX・PDXとの互換性は高い。
    BRGSFマウスはT、B、NK免疫細胞を欠けている。NODのSirpaSirpaNOD)でBALB/cのSirpaを取り替え、マウスのマクロファージがヒト細胞に対する呑噬作用は弱いため、各種ソースのCDX・PDXとの互換性は高く、固形腫瘍と血液腫瘍の研究に用いられる。
  • ● BRGSF-HISはヒト骨髄系細胞の分化が完全で、ヒト細胞が長く存在し、実験ウィンドウ期が長い。
    人のCD34+造血幹細胞の再構築によって作製したBRGSF-HISマウスはすべての主要なヒト造血幹細胞の分化サブグループを持っている。ヒトリンパ系細胞(T、B、NK細胞)だけでなく、ヒト骨髄系細胞(通常の樹状細胞(cDCs)、プラズマ細胞様樹状細胞(pDCs)と単核細胞/マクロファージなど)もある。ヒト細胞が長く存在し、実験ウィンドウ期が長い。Flt3-Lで処理すると、ヒト骨髄系細胞の組成成分(特にDC)の発育をさらに促進することができる。骨髄系細胞の組成成分の発育に関する研究に用いられる。詳しくはこちら>>>

BRGSF-HIS品系は市場で機能が一番全面的なヒト免疫系再建マウスモデルである。このモデルは人体の免疫機能の調整に関するターゲットバイオ医薬品を評価するのに非常に効率よくて信頼できる研究プラットフォームを提供する。

BRGSF-HISヒト免疫系再構築マウス
  • ● BRGSF-HISはヒト骨髄系細胞の分化が完全で、ヒト細胞が長く存在し、実験ウィンドウ期が長い。
    人のCD34+造血幹細胞の再構築によって作製したBRGSF-HISマウスはすべての主要なヒト造血幹細胞の分化サブグループを持っている。ヒトリンパ系細胞(T、B、NK細胞)だけでなく、ヒト骨髄系細胞(通常の樹状細胞(cDCs)、プラズマ細胞様樹状細胞(pDCs)と単核細胞/マクロファージなど)もある。ヒト細胞が長く存在し、実験ウィンドウ期が長い。Flt3-Lで処理すると、ヒト骨髄系細胞の組成成分(特にDC)の発育をさらに促進することができる。骨髄系細胞の組成成分の発育に関する研究に用いられる。
  • PrkdcSCIDの突然変異がなく、DNA二本鎖の破断の修復を影響しない。高い放射耐性があり、放射治療が必要な疾患の研究とHISマウスの作製に適合である。
  • ● BRGSF-HISはヒト骨髄系細胞の分化が完全で、ヒト細胞が長く存在し、実験ウィンドウ期が長い。
BRGSFマウスの応用
item-icon
CDX/PDX(e.g. 固形腫瘍、血液腫瘍)
item-icon
細胞免疫治療法(e.g. CDCが介するCAR-T治療法の有効性と安全性を評価する)
item-icon
ワクチンの研究開発(e.g. HIVワクチン)
item-icon
骨髄系細胞の発育の研究(e.g. DC、単球/マクロファージ)
item-icon
ヒト化マウスモデルの作製(e.g. BRGSF-HISマウス)
BRGSF-HISの応用
item-icon
CDX/PDX(e.g. 固形腫瘍、血液腫瘍)
item-icon
ワクチンの研究開発(e.g. HIVワクチン)
item-icon
骨髄系細胞の発育の研究(e.g. DC、単球/マクロファージ)
item-icon
抗体薬物の研究開発(e.g., 体内でNKとT細胞を活性化できるダブル抗体で腫瘍の成長を抑制する)
item-icon
伝染病(e.g., ヒト免疫不全ウイルス/HIV、デング熱ウイルス/DFV、エボラウイルス/EBOV、サイトメガロウイルス/CMV、呼吸器合胞体ウイルス/RSV、ヒトTリンパ向性ウイルス/HTLV、EBウイルス/EBVなど)
item-icon
自己免疫疾患(e.g., 全身性エリテマトーデス/SLE、強直性脊椎炎/AS、リウマトイド関節炎/RA、全身性血管炎/SV、自己免疫性溶血性貧血/AIHA)
BRGSFマウスの表現型の検証
● CDXモデル
CDXモデル

Fig 1. Kinetics of tumor growth in mice bearing melanoma (A375) and breast cancer (MDA-MB-231) cell lines.

A375 and MDA-MB-231 were inoculated into BALB/c nude, NOD scid and BRGSF mice by subcutaneous injection. The tumor volume was measured at different time points.

 

● huHSC免疫系再構築
huHSC免疫系再構築

Fig 2. The reconstitution of human-derived cells in the peripheral blood of BRGSF mice,
10 weeks after transplantation of artificial hematopoietic stem cells.

A) The proportion of human white blood cells (hCD45+) in the blood. B) Representative flow cytometry showing the reconstitution of the main immune cell population in hCD45+ cells (CD3+T cells, CD19+B cells, CD3-NKp46+NK cells and CD3-CD19-CD11c+HLA-DR+DC).

BRGSF-HISの表現型の検証
● BRGSF-HISマウスの骨髄系細胞の検査
BRGSF-HISマウスの骨髄系細胞の検査

Fig 1. Distribution of human myeloid subsets in BRGSF mice and effect of Flt3L on their development.

Representative flow cytometry immunophenotypic analysis of hCD45+HLADR+CD19CD3CD56cells from bone marrow (A) and spleen (C) of an Flt3L-treated mouse and a PBS-treated littermate engrafted with the same CD34+ HSC donor in BRGSF mice. Comparison of frequencies within the human CD45+cells and total number of the 4 myeloid subsets (CD14+monocytes, CD123+pDCs, CD141+cDCs, and CD1c+cDCs) with or without Flt3L treatment in bone marrow (B) and spleen (D).

引用文献の精選
1. Simpson, J. A.; Brown, M. E. Making HIS Mice More Human‐like. J. Leukoc. Biol. 2020, 107 (1), 9–10.
2. Lopez-Lastra, S.; Masse-Ranson, G.; Fiquet, O.; Darche, S.; Serafini, N.; Li, Y.; Dusséaux, M.; Strick-Marchand, H.; Di Santo, J. P. A Functional DC Cross Talk Promotes Human ILC Homeostasis in Humanized Mice. Blood Adv. 2017, 1 (10), 601–614.
3. Li, Y.; Mention, J.-J.; Court, N.; Masse-Ranson, G.; Toubert, A.; Spits, H.; Legrand, N.; Corcuff, E.; Strick-Marchand, H.; Di Santo, J. P. A Novel Flt3-Deficient HIS Mouse Model with Selective Enhancement of Human DC Development. Eur. J. Immunol. 2016, 46 (5), 1291–1299.
4. Legrand, N.; Huntington, N. D.; Nagasawa, M.; Bakker, A. Q.; Schotte, R.; Strick-Marchand, H.; de Geus, S. J.; Pouw, S. M.; Böhne, M.; Voordouw, A.; et al. Functional CD47/Signal Regulatory Protein Alpha (SIRPα) Interaction Is Required for Optimal Human T- and Natural Killer- (NK) Cell Homeostasis in Vivo. Proc. Natl. Acad. Sci. 2011, 108 (32), 13224–13229.
5. Valton J, Guyot V, Boldajipour B, et al. A Versatile Safeguard for Chimeric Antigen Receptor T-Cell Immunotherapies.Scientific Reports, 2018, 8(1).
引用文献の精選
1. Labarthe L, Henriquez S, Lambotte O, Di Santo JP, Le Grand R, Pflumio F, Arcangeli ML, Legrand N, Bourgeois C.Frontline Science: Exhaustion and senescence marker profiles on human T cells in BRGSF-A2 humanized mice resemble those in human samples.J Leukoc Biol. 2019 Aug 4.
2. Fournier N, Jacque E, Fontayne A, Derache D, Dupont G, Verhaeghe L, Baptista L, Dehenne A, Dezetter AS, Terrier A, Longue A, Pochet-Beghin V, Beghin C, Chtourou S, de Romeuf C.Improved in vitro and in vivo activity against CD303-expressing targets of the chimeric 122A2 antibody selected for specific glycosylation pattern.MAbs. 2018 May/Jun.
3. Masse-Ranson G, Mouquet H, Di Santo JP.A Versatile Safeguard for Chimeric Antigen Receptor T-Cell Immunotherapies.Curr Opin HIV AIDS. 2018 Mar.
マウスモデルカタログ