マウスモデルカタログ

コンディショナルノックアウトマウスの発現を検証するために、FLOXノックアウトマウスとCREツールマウスを交配でき、STOPマウスが除かれ、表現の効果が期待に及ばないと、マウスモデルを再構築する必要があり、更に時間と体力も必要があります。サイヤジェン株式会社のTurboknockout® ターゲット技術は発現の段階で配列を提供し、キャリア構築時にFlagまたEGFPまたはmCherryなどの目的タンパク質を過剰発現遺伝子に挿入し、正確な標的のESクローンを獲得した後に胚盤胞注射を行い、同時にES細胞をWestern Blot測定し、タンパク質の発現を測定します。しかもCRISPR/Cas9技術に比べ、TurboKnockout® は特許紛争がなく、新薬開発プロジェクトに関連する第一選択の方法です。   

今から03-6304-1096service@cyagen.jpお問い合わせください!

■ キャンペーン期間: 2020年3月1日~2020年4月30日
■ 対象: 日本の顧客様
■ 送料無料: 動物施設への無料配達!
マウス関連受託 成果物 作製期間 価格(税別)
TurboKnockout®
コンディショナルノックインマウス
(Rosa26)& WB検出
3匹TurboKnockout® マウス 6-8ヶ月間 280万円
TurboKnockout®
コンディショナルノックインマウス
(Rosa26)& WB検出&繁殖
 4匹 cKOヘテロマウス
&4匹floxヘテロマウス
7-9ヶ月間 320万円
TurboKnockout®
コンディショナルノックアウトマウス&繁殖
2ペアcKOホモマウス
& 2ペアfloxホモマウス
11ヶ月間 380万円

ご注文方法

電話 03-6304-1096
オンライン見積りを依頼

1-2営業日以内にご返信いたします。

Your Name can not be empty

有効なメールアドレスを入力してください

Your Email can not be empty

Message can not be empty

サービスのメリット

検出方法の向上し、値上げなし

ウェスタンブロッティング (Western blotting; WB)を用いて特定のタンパク質を検出する方法、より早く実験を行います。

オフターゲット効果の影響なし

TurboKnockout® 遺伝子ノックアウト技術は伝統的なES標的技術と比較すると、遺伝子サイレンシングの正確さ、効果の安定さ、除去効果なし、複雑な遺伝子ノックアウトが適任です。

特許権の紛争なし

CRISPR/Cas9技術と比べ、TurboKnockout® 技術は特許権の紛争がなく、新薬開発プロジェクトに関連する第一選択の技術法です。

早期測定より安心

TurboKnockout® 遺伝子技術で検証に提供することができる。システム、キャリアを構築する際、flagやEGFP/mCherryなどラベルタンパク質を挿入、遺伝子表現し、正確にクローンESを取って胞胚注射を同時にはES細胞を検出blotの中で検出ラベルタンパク質の場合、ダブル検出します。

周期はより短い

「キメラ」段階からNeoを削除し2世代分の繁殖時間を減らし、ESターゲットより6ケ月短縮することができます。

知的財産権

全ての権限を所有します。

Total publications citing Cyagen: 3,400
Reducing Hypothalamic Stem Cell Senescence Protects against Aging-Associated Physiological Decline.
Cell Metabolism PMID: 32004475 (2020) IF=22.415
Oxytocin-dependent reopening of a social reward learning critical period with MDMA.
Nature 569:116-120 (2019) IF=41.577
Specific Decrease in B-Cell-Derived Extracellular Vesicles Enhances Post-Chemotherapeutic CD8+ T Cell Responses.
Immunity PMID: 30770248 (2019) IF=19.734
Human CPA1 mutation causes digestive enzyme misfolding and chronic pancreatitis in mice.
Gut 68:301-312 (2019) IF=17.016
詳細はこちら >>