サイヤジェンの特徴

  • 作製期間の早さ
  • 高品質
  • グローバルサプライヤー
  • リーズナブルな価格設定

お問合せフォーム

通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

*

ユーザー名は必要です

*

ユーザーのメールアドレスは必要です

有効なメールアドレスを入力してください

*

内容は必要です

PiggyBac トランスジェニックマウス胚作製サービス

PiggyBac トランスジェニックマウス胚

 <PiggyBac トランスジェニックマウス胚作製受託サービス>は、シングルコピー導入により発現が一貫的なトランスジェニック胚を提供します。この独自技術は、従来の方法と比較して3つのメリットがあります。:

(1) 目的遺伝子は導入部位でシングルコピーとして導入されます。それに対し、従来のトランスジェニックの場合、一般的に、導入部位で複数のタンデムコピーが導入される場合があります。タンデムコピーによって、導入遺伝子の発現が干渉される場合や、サイレンシングを引き起こす可能性もあります。

(2) 目的遺伝子配列のみが導入されます。ベクター骨格配列は導入されず、導入遺伝子配列にも損失はありません。これに対し、従来の場合、導入遺伝子がベクター骨格の部分配列と同時に導入されたり、導入遺伝子配列が一部失われる場合もあります。

(3) PiggyBacトランスジェニックによる導入遺伝子発現は、従来の方法より信頼性が高く、発現が安定しています。

以上の結果が、弊社の実験データにより確認されています。

PiggyBac トランスジェニックマウス胚作製の流れ:

PiggyBac トランスジェニックマウス胚作製は、下記の流れです:

1. PiggyBac トランスジェニックデザイン案の作成
       - ご希望に応じて、PiggyBac トランスジェニックデザイン案を作成します。
       - ファウンダースクリーニングのために、ジェノタイピングPCRをデザインします。

2. PiggyBac トランスジェニックのベクター構築
       - PiggyBac プラスミドベースのトランスジェニックベクターを構築します。
       - 必要に応じて、制限酵素処理及びシーケンスで、構築したベクターを確認します。

3. PiggyBac トランスジェニック前核マイクロインジェクション
       - PiggyBac トランスジェニックプラスミドを受精卵の前核にインジェクションします。
       - インジェクションされた受精卵を、仮親マウスに移植し、繁殖させます。

4. PiggyBac トランスジェニックマウス胚のスクリーニング
       - ご希望の胚段階で採取した胚を、PCR及びlacZ染色によってジェノタイピングし、目的遺伝子が導入されたマウスを同定します。

PiggyBac トランスジェニックマウス胚作製の特徴:

   インジェクションDNAの調製及びジェノタイピング
       - PiggyBac トランスジェニックの作製成功率は、インジェクションするPiggyBac ベクターの品質に左右されます。弊社独自のプロトコールによって高品質のベクターが作製できます。また効率的なPCRによるジェノタイピング法を検証しています。

   PiggyBac トランスジェニック胚の作製及びlacZ発現の胚染色
       - サービス保証:6個以上の<PiggyBac マウス胚>の提供をお約束いたします(実際6個以上の胚を納品するのが弊社のスタンダードです)。必要とされる納品数を確保するため、十分なインジェクションを行います。(一般的には200-400個程度)
       - ジェノタイピング及びlacZ 染色:<PiggyBac 胚>はPCR法によりジェノタイピングを行います。また、すべての胚に対して、lacZ発現の染色を行います。 

参考価格および標準納品期間:
No. 作業内容 期間 価格(税別)
1 ベクターデザイン、構築 3-5週 300,000円~
2 受精卵 (C57BL/6N) 200-400個へのインジェクション 2週 650,000円
3 マウス胚作製、ジェノタイピング実施 6-8週 100,000円
4 納品にかかる輸送費 別途お見積もり
合計 1-3の合計 11-15週 1,050,000円