サイヤジェンの特徴

  • 作製期間の早さ
  • 高品質
  • グローバルサプライヤー
  • リーズナブルな価格設定

お問合せフォーム

通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

*

ユーザー名は必要です

*

ユーザーのメールアドレスは必要です

有効なメールアドレスを入力してください

*

内容は必要です

PiggyBac トランスジェニックマウス作製サービス

PiggyBac トランスジェニックマウス

<PiggyBac トランスジェニックマウス作製受託サービス>は、シングルコピーによって発現が一貫的なトランスジェニックマウスを提供します。この独自の技術は、従来のトランスジェニック手法と比較して、3つのメリットがあります:

(1) 目的遺伝子が導入部位でシングルコピーとして導入されます。それに対し、従来のトランスジェニックの場合、一般的に導入部位で複数のタンデムコピーによって導入される場合が多くみられます。タンデムコピーは、導入遺伝子の発現を干渉する場合があり、さらにサイレンシングを引き起こす恐れもあります。

(2) 目的遺伝子配列だけが導入されます。ベクター骨格配列は導入されず、導入遺伝子配列に損失も起こりません。これに対し、従来の手法では導入遺伝子がベクター骨格の部分配列と同時に導入される場合や、導入遺伝子配列が一部失われる可能性があります

(3) PiggyBacトランスジェニックによる導入遺伝子発現は、従来のトランスジェニックより信頼性が高く、発現が安定しています。

以上の結果が、弊社の実験データにより確認されています。

PiggyBac トランスジェニックマウス作製の流れ:

   PiggyBac トランスジェニックマウス作製は、下記の流れで行います。:

   

   1. PiggyBac トランスジェニックデザイン案の作成
      - ご希望に応じて、PiggyBac トランスジェニックデザイン案を作成します。
      - ファウンダースクリーニングのため、ジェノタイピングPCRをデザインします。

   2. PiggyBac トランスジェニックのベクター構築  
      - PiggyBac プラスミドベースのトランスジェニックベクターを構築します。  
      - 必要に応じて、制限酵素処理及びシーケンスで、構築したベクターを確認します。

   3. PiggyBac トランスジェニック前核マイクロインジェクション  
      - PiggyBac トランスジェニックプラスミドを、受精卵の前核にインジェクションします。  
      - インジェクションされた受精卵を、仮親マウスに移植し繁殖させます。

   4. PiggyBac トランスジェニックマウスのスクリーニング  
      - ジェノタイピングPCRを実施し、目的遺伝子が導入されたマウスを同定します。

PiggyBac トランスジェニックマウス作製技術の特徴について: 

   インジェクションDNAの調製及びジェノタイピング
      PiggyBac トランスジェニックの作製成功率は、インジェクションするPiggyBac ベクターの品質に大きく影響されます。弊社独自のプロトコルは高品質のベクターが作製できます。また効率的なPCRによるジェノタイピング法を検証しています。 

   PiggyBac トランスジェニックファウンダーの作製
      - 3匹以上(実際3匹以上納品されるのが弊社のスタンダードです)のファウンダーマウスの確立を保証します。十分な匹数を確保するため、必要な個数(一般的200-400個)の受精卵のインジェクションを行います。
      -ファウンダーを同定するためジェノタイピングを実施します。ファウンダーマウスは弊社技術者のデザインに基づいて行います。

参考価格および標準納品期間:
No. 作業内容 期間 価格(税別)
1 ベクターデザイン、構築 3-5週 300,000円~
2 受精卵 (C57BL/6N) 200-400個へのインジェクション 2週 650,000円
3 F0マウス作製、ジェノタイピング実施 6-8週 200,000円
4 納品にかかる輸送費、微生物検査費 別途お見積もり
合計 1-3の合計 11-15週 1,150,000円
オプション F1マウス作製 12-16週 300,000円