サイヤジェンの特徴

  • 作製期間の早さ
  • 高品質
  • グローバルサプライヤー
  • リーズナブルな価格設定

お問合せフォーム

通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

*

ユーザー名は必要です

*

ユーザーのメールアドレスは必要です

有効なメールアドレスを入力してください

*

内容は必要です

トランスジェニックマウス・ラット作製サービス

トランスジェニックマウス・ラット
作製方法:

トランスジェニックマウス・ラットの作製には、一般的に使用されているマイクロインジェクション法を利用します。最初に顕微鏡下で、受精卵前核へ外因性DNA溶液を注入します。その外因性DNAを受精卵内因性ゲノムと整合し、安定的に次世代へ遺伝させます。

サービスの流れ:
動物の種類:
C57BL/6マウス: C57BL/6マウスは、全ゲノムが公開されているマウス系統です。このマウス系はがん、免疫、遺伝学など多くの研究に応用され、論文発表にも優先的に選択されています。
SDラット: 心血管、神経システムなどの器官発生学研究に幅広く使用されています。
遺伝子導入マウス・ラットタイプ:

1. 過剰発現遺伝子導入マウス・ラット

プロモーター付き目的遺伝子発現ベクターを構築し、前核マイクロインジェクション法によって発現ベクターをマウスの受精卵に取り込みます。また、特異性プロモーターの設計により、トランスジェニックマウスへ特定条件または組織での発現を調節でき、目的遺伝子の研究をすることができます。

2. RNAi遺伝子導入マウス・ラット

通常は、U6/H1プロモーターによりshRNA発現を起動します。shRNAを設計し、前核マイクロインジェクション法による発現ベクターをマウスの受精卵に取り込みます。遺伝子の発現段階における shRNA の干渉作用により、目的遺伝子のサイレンシングができます。

3. microRNA遺伝子導入マウス・ラット

二種類のmicroRNAベクターを構築し、前核マイクロインジェクション法によって発現ベクターをマウスの受精卵に取り込みます。これによって、microRNAの過剰発現またはノックダウンができます。

4. 誘導性/組織特異性遺伝子導入マウス・ラット

広範囲に発現するプロモーター付き-lox-stop-lox-ベクターを前核マイクロインジェクションし、トランスジェニックマウス・ラットモデルを作製します。これらの遺伝子は、通常は発現しませんが、対応する組織特異的Cre/CreERT2マウスと交配した後、Stop配列の除去により、誘導的または特定組織で発現します。

5. BAC遺伝子導入マウス・ラット

Bacterial artificial chromosomes(BACs)は、大きいフラグメントDNAを処理する重要なツールです。細胞あたり1分子が安定して保持されるため、ゲノムの機能を解析しやすくなります。遺伝子の完全な時空特異的発現、遺伝子構造などの研究に使用されます。BACを直接、前核マイクロインジェクション(数十Kbから数百Kb)または、改造後インジェクションしてトランスジェニックマウス・ラットを作製します。

系統樹立:
  1. 前核マイクロインジェクションによる目的遺伝子の導入は、マウス・ラットゲノムへランダムに取り込む為、F0では異なる取り込み部位が必要になります。また、コピー数も異なる可能性があるので、F0を1匹ずつの独立した系統として扱い、他のF0と分離して繁殖する必要があります。導入遺伝子は、一般的に一つの染色体にしか導入できないので、その子孫の一部だけが導入遺伝子を持ちます。したがって、選別が必要となります。
  2. 前核マイクロインジェクションによるF0マウス・ラットは、PCR検定により陽性F0ヘテロ接合体を選別します。
  3. F0マウス/ラットは性成熟(8週)後に野生型と交配させ、F1マウス・ラットを獲得します。
  4. 獲得したF1には、ジェノタイピングPCRを実施します。理論上、F2マウス・ラットでは、50%がヘテロ接合体、50%が野生型になります。

注意事項:
  1. F0マウス・ラットは個体毎に遺伝子型が異なりますので、F0間で交配させてはならず、野生型と交配させて遺伝子型が一致したF1を選別する必要があります。
  2. 獲得したF1には、タンパク質発現実験を行い、発現が確認できるマウス・ラットを選別して系統維持および凍結保存を行います。
参考価格および標準納品期間:
マウス
NO. 作業内容 期間 価格(税別)
1 ベクターデザイン、構築 3-5週 200,000円~
2 受精卵 (C57BL/6N) 200-400個へのインジェクション 2週 500,000円
3 F0マウス作製、ジェノタイピング実施 6-8週 200,000円
4 納品にかかる輸送費、微生物検査費 別途お見積もり
合計 1-3の合計 11-15週 900,000円
オプション F1マウス作製 12-16週 300,000円
ラット
NO. 作業内容 期間 価格(税別)
1 ベクターデザイン、構築 3-6週 300,000円~
2 受精卵 (SD) 200-400個へのインジェクション 2週 1,100,000円
3 F0ラット作製、ジェノタイピング実施 7-13週 500,000円
4 納品にかかる輸送費、微生物検査費 別途お見積もり
合計 1-3の合計 12-21週 1,900,000円
オプション F1ラット作製、ジェノタイピング実施 12-16週 600,000円