腫瘍免疫モデル構築プラットフォーム

現在、細胞療法はがん領域で多く用いられており、治療効果の評価には安定した腫瘍細胞モデルや動物モデルが必要とされることが多いです。トランスフェクション効率、培養条件、細胞タイプなどのCAR-T細胞の有効性に影響を与える要因が多くあり、in vitro細胞モデルは、CAR-T療法の有効性と特異性を評価するため、複数の検出方法を提供します。In vivo評価モデルに対して、モデルはCAR-T細胞を排斥しないか、または宿主の免疫環境を有するなどの基本特性を必要とし、そして実験動物は良好な生存状態、および安定性を必要とします。また、相同腫瘍移植のマウスモデルを利用してCAR-Tのメカニズムと治療原理を検証することもできます。

弊社は長年遺伝子編集の細胞と動物モデルの構築に取り組んでおり、経験豊富な専門家チームと成熟、安定した技術プラットフォームを備え、標的遺伝子発現の調節および動物モデルを提供することができます。CAR-Tおよび細胞治療に対する研究において、弊社は数千種類以上の腫瘍免疫研究ための細胞およびマウスモデルのライブラリを既に確立して、国内外の製薬会社、生物学的会社、科学研究機関、病院向けにin vivo/in vitro薬理学的評価サービスを提供しています。例えば、サイヤジェンが独自に開発したC-NKG重度複合免疫不全マウスは、マウス由来T/B/NK細胞が無く、骨髄成分に欠陥があり、各種のCDXモデルとヒト免疫系再構築マウスモデルの構築に用いられます。

 

1. In vitro評価モデルの構築

サービス項目

モデルタイプ モデル名

細胞モデル

CAR-T標的を発現する腫瘍細胞
ルシフェラーゼで標識された腫瘍細胞
CAR-T細胞の構築
従来の過剰発現細胞株
 

サービスの優位性:

  • 抗原の発現が安定して回復しません。抗原発現の程度が高く、複数回の継代を経ても依然として安定的な性状を維持します。

  • CARの発現効率が高いです。各T細胞サブタイプは、いずれもCAR分子を著しく高度に発現します。
  • 複数の検証案でモデルの構築を十分に検証します。

 

サービス事例

CD19-293T細胞株の構築

レンチウイルス感染でCD19を安定的に発現する293T細胞株を構築し、フローサイトメトリーを利用してその抗原CD19の高発現を検出します。

 

図1. フローサイトメトリーでCD19-293T安定移植細胞株におけるCD19抗原発現を測定します

 

CAR-T細胞表現型分析およびCAR陽性率の検出結果

活性化で増幅されたPBMCをモニタリングし、その結果、90%以上の高純度T細胞の取得に成功しています。T細胞サブタイプの分析結果により、CD4+とCD8+細胞の割合がそれぞれ35.93%と49.45%となっています。さらにレンチウイルス形質導入によってFMC63 CAR-T細胞を構築してFMC63scFv抗体を使用してFMC63CAR-T細胞を標識し、FMC63 CARの陽性率は16.99%で、FMC63CAR-T細胞の構築に成功したことが示されます。

 

図2. T細胞表現型分析およびFMC63 CAR-T細胞の陽性率の検出。上記図. PBMCの活性化と増殖の10日目のT細胞の割合と表現型分析の結果。下記図. FMC63 CAR-T細胞CAR陽性率検出結果。

 

2. In vivo評価モデル

サービス項目

モデルタイプ
モデル種類
モデル名

動物モデル 

免疫不全マウス
BALB/c nudeマウス、NOD scidマウス、C-NKGマウス
免疫系統ヒト化マウス
PBMCヒト化、HSCヒト化
CDXマウスモデル
皮下固形腫瘍モデル、in situ固形腫瘍モデル、血腫モデル
相同腫瘍マウスモデル
肺癌、結腸直腸癌、乳癌、黒色腫および他の相同腫瘍モデル
 

サービスの優位性

CDXモデルサービスの優位性:

  • 固形がんおよび血液がんをカバーする多様な腫瘍細胞の形成経験。

  • 各種の腫瘍細胞およびCAR-T細胞の増殖を効果的にサポートすることができます。
  • マウスの状態が安定し、実験の再現性が高く、結果データが信頼できます。

  • 高水準の実験動物の動物実験操作と飼育環境。

 

HISモデルサービスの優位性:

  • マウスの生存率が高く、実験期間が長いです。

  • PBMCとHSCの再構築方法が提供可能で、ヒト化の程度が高いです。
  • モデルの均一性が良く、データはより説得力があります。

 

サービス事例

1. 重度の免疫不全マウスのC-NKGマウス由来の免疫成分の検出

図3. C-NKGマウスの末梢血中のB、T、およびNK細胞はひどく欠けており、ひどく免疫不全のマウスになっています。

BALB/c、C-NKGマウスの末梢血を採取し、そのT、B、およびNK細胞の構成に対して代表的なフローサイトメトリー免疫表現型分析と統計的比較を行います。結果より、BALB/cマウスと比べてC-NKGマウスの末梢血中のB細胞(CD3CD19+)、T細胞(CD3CD19-)、ヘルパーT細胞(CD3CD4CD8-)、細胞傷害性T細胞(CD3CD4CD8+)、およびNK細胞(CD335CD3-)がほぼ完全に欠失していることが示されます。

2.精選されたCDXモデル——非小細胞肺癌A549細胞の皮下腫瘍形成

 

図4. A549細胞の皮下腫瘍形成実験。皮下注射の形でA549細胞をBALB/c nude,NOD scidおよびBRGSFマウスに接種し、異なる時点で腫瘍体積を測定します。

 

図5. ヌードマウスにA549細胞を皮下注射して6週間後、腫瘍が形成された図。


ビジネス・開発・コラボレーションの機会については、お問い合わせください

ユーザー名は必要です

Institution/Affiliation can not be empty

ユーザーのメールアドレスは必要です

有効なメールアドレスを入力してください

The content can not be empty

The content can not be empty

マウスモデルカタログ