代謝疾患モデル及び薬効評価

グレーイングと肥満の流行につれて、代謝疾患の発症率は年々増加していて、人類の健康をひどく脅かしている。最もよく見られる代謝疾患は肥満、インスリン抵抗性による2型糖尿病と非アルコール性脂肪肝・非アルコール性脂肪肝炎(NAFLD/NASH)、粥状動脈硬化等が含まれる。

一、肥満マウスモデル

肥満は飲食、環境、遺伝等の多種の要素で影響する代謝異常性疾患であり、多くの慢性疾患の主な誘因である。肥満の発症メカニズムと有効な治療方法をさらに探索するのに、動物モデルは不可欠な研究対象である。現在、肥満動物モデルは主に食餌誘発型、視床下部損傷型、内分泌失調型と遺伝型の4種類に分けられる。食餌誘発動物肥満モデルは人類の肥満と似ているため、よく飲食、遺伝子等の要素と肥満・糖尿病等の疾患の発展との間の関係を研究するのに用いられる。

サイヤジェン株式会社は多種類の肥満マウスモデルと表現型分析サービスを提供します。ご興味がありましたら、連絡いただくと、カスタマイズ作製致します。

高脂肪食誘発肥満マウスモデル(DIO)

☞  DIOの詳細について、ここをクリックしてください。

二、糖尿病マウスモデル

糖尿病(diabetes mellitus,DM)は遺伝、環境、免疫等の要素によって引き起こされ、明かな異質性がある急性慢性高血糖及びその合併症からなる症候群であり、既に癌、心血管疾患に次いで第三位の人類の健康を脅かす主な慢性疾患になった。米国糖尿病学会( ADA)の専門家委員は糖尿病をI型糖尿病(T1DM)、II 型糖尿病(T2DM)、その他の特殊な糖尿病と妊娠糖尿病に分ける。DM動物モデルは一般的に自発性、誘発性、遺伝子工学糖尿病動物モデルに分けられ、DM研究に重要な役割を果たしている。

サイヤジェン株式会社は多種類の糖尿病マウスモデルと表現型分析サービスを提供します。ご興味がありましたら、連絡いただくと、カスタマイズ作製致します。 

a.  2型糖尿病マウスモデル(T2DMマウス)

☞  T2DMマウスの詳細について、ここをクリックしてください。

b.  1型糖尿病マウスモデル(T1DMマウス)

☞  T1DMマウスの詳細について、ここをクリックしてください。

三、 非アルコール性脂肪肝マウスモデル

非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)はアルコールを除く肝臓病症候群であり、単純性脂肪肝、脂肪性肝炎、脂肪性肝線維症と肝硬変が含まれる。単純性脂肪肝から非アルコール性脂肪肝炎(NASH)を経て肝線維症に発展することができ、肝硬変、肝細胞癌(HCC)または肝不全等の末期肝臓病も引き起こす。動物モデルは非アルコール性脂肪肝の病理生理メカニズムの説明と新薬の開発に重要な役割を果たしている。前臨床研究は特定のNAFLD表現型によって異なる動物モデルを使用する必要がある。NAFLDとNASHの前臨床動物モデルは食餌誘発モデル、化学物質誘発モデル、遺伝子改変モデル、複合モデルのの4種類に分類される。

サイヤジェン株式会社は多種類の非アルコール性脂肪肝マウスモデルと表現型分析サービスを提供します。ご興味がありましたら、連絡いただくと、カスタマイズ作製致します。

a.  食餌誘発モデル

☞  詳細について、ここをクリックしてください。

b.  化学物質誘発モデル

☞  詳細について、ここをクリックしてください。

c.  遺伝子改変モデル

☞  詳細について、ここをクリックしてください。

d.  複合モデル

☞  詳細について、ここをクリックしてください。

四、粥状動脈硬化マウスモデル

心血管疾患は人類の死亡をもたらす主要な原因である。粥状動脈硬化(Atherosclerosis,AS)は一般的な心血管疾患の通有の病理基礎である。粥状動脈硬化とは、脂肪、血栓、結締組織と炭酸カルシウムが血管に蓄積するため、動脈壁が厚くて硬くなり、血管腔が狭くなり、動脈腔を塞ぐに至ると、この動脈とつながる組織或いは器官は虚血または壊死する。AS動物モデルは疾患の発生、発展、治療を研究する重要な方法である。現在よく用いる構築方法は食餌投入法、胃内投与法、注射法、機械損傷法、免疫損傷法と遺伝子改変法がある。

サイヤジェン株式会社は多種類の粥状動脈硬化マウスモデルと表現型分析サービスを提供します。ご興味がありましたら、連絡いただくと、カスタマイズ作製致します。 

a.  複合モデル

☞  詳細について、ここをクリックしてください。

b.  遺伝子改変モデル

☞  詳細について、ここをクリックしてください。

五、膵炎マウスモデル

膵炎は国民の健康と生命品質をひどく影響する重症疾患の一つであり、発症の病理過程によって、急性膵炎と慢性膵炎に分けられる。膵炎動物モデルは膵炎の発症メカニズムの研究と臨床治療の検討に重要な役割を果たしている。膵炎動物モデルの構築方法はいくつかあるが、よく用いるのは膵胆管にタウロコール酸ナトリウムを注射することにより作製した急性膵炎マウスモデルがある。

サイヤジェン株式会社は多種類の膵炎マウスモデルと表現型分析サービスを提供します。ご興味がありましたら、連絡いただくと、カスタマイズ作製致します。 

a.  急性膵炎マウスモデル

☞  詳細について、ここをクリックしてください。

b.  慢性膵炎マウスモデル

☞  詳細について、ここをクリックしてください。


ビジネス・開発・コラボレーションの機会については、お問い合わせください

ユーザー名は必要です

Institution/Affiliation can not be empty

ユーザーのメールアドレスは必要です

有効なメールアドレスを入力してください

The content can not be empty

The content can not be empty

マウスモデルカタログ