免疫不全マウス

免疫不全マウスは先天的遺伝性突然変異または人工により、1種或いは多種の免疫成分(B細胞、T細胞、NK細胞等)に欠陥或いは欠失を作製するマウスであり、免疫、腫瘍、幹細胞研究と伝染病治療において日増しに重要な役割を果たす。科学研究実験でもっとよく用いるのは先天性免疫不全マウスである。無毛マウス、NOD scid等のような遺伝性欠陥の免疫不全マウスはよく腫瘍モデル実験動物とする。重度免疫不全マウスはT、B、NK免疫細胞を欠けているため、ヒト化マウスの作製に広く応用されている。よく使われる品系はNOG、NSG、BRGSなどである。無毛マウス、SCIDマウス及びNOD-scidマウスと比べ、人体組織によりよく植え付けられる。

免疫不全マウス 研究応用
BALB/c nude
(無毛マウス)
Tリンパ球免疫不全マウスである。成長が速い腫瘍細胞の理想宿主である。無毛のため、腫瘍の成長状況を観察と統計しやすい。B細胞と強いNK細胞応答が依然としてあるため、リンパ腫と白血病の宿主に向いていない。
NOD scid
(非肥満性糖尿病/重症複合免疫不全マウス)
先天性TとBリンパ球免疫不全マウスである。独特の多種の免疫欠陥は人類造血細胞の再建にとって優れたシステムであり、HIV-1研究、腫瘍研究と遺伝子治療の重要なモデルである。
C-NKG
重度免疫不全マウス
成熟したT、B、NK免疫細胞を欠けていて、補体活性が低下し、マクロファージがヒト由来細胞に対する呑噬力が弱いため、ヒト造血幹細胞(HSC)、末梢血単核細胞(PBMC)、患者の異種移植組織(PDX)或いは成体幹細胞と組織を高効率に移植でき、免疫不全の程度が高く、腫瘍、免疫、自己免疫疾患、免疫治療ワクチン、GvHD /移植、安全性評価などの分野で優れたモデルと認められています。
BRGSF
重度免疫不全マウス
抗体医薬の研究開発、ワクチン開発、キメラ抗原受容体(CAR)T細胞療法の効果と安全性、髄系発育研究の貴重なツールである。また、BRGSFにヒトの造血細胞を移植する効率が非常に高いので、免疫系ヒト化(HIS)マウスの作製とヒトの体内免疫反応の研究と予測の最適なモデルである。
ヒト免疫系再建
マウスBRGSF-HIS
動物モデルは前臨床抗腫瘍薬物評価システムで重要な役割を果たしている。しかし、一般的な動物モデルは患者の腫瘍のミクロ環境をうまく模擬できない。特に免疫治療のトランスフォーメーション研究に大きな制限がある。したがって、ヒト免疫系を持つ動物モデルを作製し、関連するトランスフォーメーション研究を行う必要がある。免疫系ヒト化マウスモデルとは、免疫不全マウスの体内に人の造血細胞、リンパ細胞または組織を移植し、人の免疫機能を持つマウスモデルを指す。ヒト免疫系環境での腫瘍の成長状況を研究し、抗腫瘍治療、特に免疫治療効果及び関連する作用メカニズムを評価するのに用いられる。

ビジネス・開発・コラボレーションの機会については、お問い合わせください

ユーザー名は必要です

Institution/Affiliation can not be empty

ユーザーのメールアドレスは必要です

有効なメールアドレスを入力してください

The content can not be empty

The content can not be empty

マウスモデルカタログ