サイヤジェンの特徴

  • 作製期間の早さ
  • 高品質
  • グローバルサプライヤー
  • リーズナブルな価格設定

お問合せフォーム

通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

*

ユーザー名は必要です

*

ユーザーのメールアドレスは必要です

有効なメールアドレスを入力してください

*

内容は必要です

*

PiggyBac トランスジェニックマウス胚

専門家を探す
PiggyBac トランスジェニックマウス胚
PiggyBacトランスポゾンのメカニズム ① トランスポゾン (または転移配列) – ゲノムの別の場所にDNAの小さな断片を転移・挿入 ② PiggyBac- ベクターと染色体の間を「カット&ペースト」のメカニズムを利用して、効率的に転移する移動性遺伝子エレメント ③ Pbase – ベクター上のITRを認識し、導入遺伝子を移動させてTTAA部位に取り込む
◆ PiggyBac トランスジェニックストラテジーデザイン

 

PiggyBacトランスジェニックマウス胚プロジェクトは、以下の段階に分かれています。

 

トランスジェニックストラテジーデザイン

 

1. PiggyBac トランスジェニックストラテジーデザイン

 

- PiggyBac トランスジェニックストラテジーのデザイン

 

- ファウンダースクリーニングのためのPCRジェノタイピグストラテジーの作成

 

2. PiggyBac トランスジェニックベクターの構築

 

- PiggyBac プラスミドを用いたトランスジェニックベクターの構築

 

- Confirm the constructed PiggyBacを用いたトランスジェニックベクターを必要に応じてシークエンシングと制限酵素切断によって確認

 

3. PiggyBac トランスジェニック前核インジェクション

 

- PiggyBacトランスジェニックプラスミドを受精卵の前核にインジェクション

 

- 代理母へ受精卵を移植し、子孫を獲得

 

4. PiggyBac トランスジェニックマウス スクリーニング 

 

-ご希望の胚期に獲得した胚を、PCRで遺伝子型判定lacZ染色を行い、PiggyBac導入遺伝子を有しているか同定を行う

ビジネス・開発・コラボレーションの機会については、お問い合わせください

Your First Name can not be empty

Institution/Affiliation can not be empty

有効なメールアドレスを入力してください

Your Email can not be empty

The content can not be empty