マウスモデルカタログ

薬物選別評価マウスモデル

 

薬物選別評価マウスモデル

疾患動物モデルは人類の疾患発生発展メカニズム、薬物選別及び治療効果評価に不可欠なツールであり、良い疾患動物モデルは新薬の開発を加速ことができます。研究者様が欧米先進国の高品質の疾患動物モデルを迅速に入手されるのを助けるために、サイヤジェン株式会社は欧米業界のトップと協力しながら積極的に海外の高品質モデルを導入しています。サイヤジェン株式会社は自主研究と導入を結合することにより、がん、免疫、内分泌、心血管、神経及び伝染病などの方向に奉仕する薬物研究開発の動物プラットフォームを設立し、研究者様、CRO機構及び新薬研究開発機構に国際一流の動物モデルをより便利に使用させ、研究進展を加速させたいと願っています。

 

 

重度免疫不全マウス
(Severe Combined Immunodeficiency (SCID) Models)

重度免疫不全マウスはT、B、NK免疫細胞の欠乏により、ヒト化マウスの作製に広く応用されている。よく使われる品系はNOG、NSG、BRGSなどがある。無毛マウス、SCIDマウスとNOD-Scidマウスと比べ、NOGとNSGは人体組織をより良く植え付けられる。C-NKGマウスはサイヤジェン株式会社がCRISPR/Cas9技術を使用してNOD/Shi-Scidバックグラウンド品系でIl2rg遺伝子をノックアウトした重症免疫不全マウスである。C-NKGマウスは成熟したT、B、NK免疫細胞を欠けていて、補体活性が低下し、マクロファージがヒト由来細胞に対する呑噬力が弱いため、ヒト造血幹細胞(HSC)、末梢血単核細胞(PBMC)、患者の異種移植組織(PDX)或いは成体幹細胞と組織を高効率に移植でき、免疫不全の程度が高く、腫瘍、免疫、自己免疫疾患、免疫治療ワクチン、GvHD /移植、安全性評価などの分野で優れたモデルと認められている。

 

☞ C-NKGマウスの詳細については、ここをクリックしてください。

 

BRGSFマウスモデルは抗体医薬の研究開発、ワクチン開発、キメラ抗原受容体(CAR)T細胞療法の効果と安全性、髄系発育研究の貴重なツールである。また、BRGSFにヒト造血細胞を移植する効率が非常に高いので、免疫系ヒト化(HIS)マウスの作製と人類体内の免疫反応を研究し予測するのに最適なモデルである。

 

☞ BRGSFマウスの詳細については、ここをクリックしてください。

 

 

ヒト免疫系の再建マウス
(Mouse Models with Reconstituted Human Immune System)

動物モデルは前臨床抗腫瘍薬物評価システムで重要な役割を果たしている。しかし、現在一般的な動物モデルは患者の腫瘍のミクロ環境をうまく模擬できない。特に免疫治療のトランスフォーメーション研究に大きな制限がある。したがって、ヒト免疫系を持つ動物モデルを作製し、関連するトランスフォーメーション研究を行う必要がある。免疫系ヒト化マウスモデルとは、免疫不全マウスの体内に人間の造血細胞、リンパ細胞または組織を移植し、人間の免疫機能を持つマウスモデルを指す。ヒト免疫系環境での腫瘍の成長状況を研究し、抗腫瘍治療、特に免疫治療効果及び関連する作用メカニズムを評価するのに用いられる。

 

☞ ヒト免疫系再建マウス(BRGSF-HIS)の詳細については、ここをクリックしてください。

 

 

免疫検査ポイントヒト化マウス
(Humanized Immune Checkpoint (ICP) Mouse Models)

リンパ細胞の活性化は多重信号が参加する過程である。免疫系は自己免疫攻撃の防止と腫瘍の除去との間に最適なバランスを維持する必要がある。このバランスは一連の共刺激と抑制性受容体/リガンドからの調整を受けている。これらの細かいバランスコントロールに参与するリガンド/受容体通路は免疫検査ポイントである。免疫チェックポイント抑制剤は、対応の免疫検査ポイントに対して開発された抗体医薬で、主に共抑制性T細胞の信号伝達を破壊することで、抗腫瘍免疫応答を再活性化する。

 

普通マウスの免疫検査ポイント遺伝子と対応の人類遺伝子はアミノ酸配列上での相同性が一般的に60%ぐらいである。そのため、一般的にヒト免疫検査ポイントタンパク質を識別する抗体は、マウスの対応のタンパク質を識別できない。これはマウスの免疫検査ポイント遺伝子に対してヒト化改造を行う必要がある。

 

 

 

アレルギーと炎症研究に用いられるヒト化マウス
(Humanized Mouse Models to Study Inflammation & Allergy)

以下のヒト化マウスはアレルギーと炎症研究に使用でき、生物製品と他の化合物に対して、体内の効果と安全性を評価できる。

 

ヒト化マウス 研究応用
CD4ヒト化マウス CD4はマウスの体内発現に正常な生理発現と調整モードがある。免疫細胞分布とT補助細胞活性は変わらない。このモデルは標的ヒトCD4の化合物の体内効果と安全性評価に用いられる。一般的に炎症、自己免疫性疾患、免疫腫瘍学、HIV感染領域に用いられる。
IgE/FcεR1ダブルヒト化マウス ヒトとマウスのキメラIgE/FcεR1複合体は正常な生理的発現と調整モードがある。このモデルはアレルギー、ぜんそくとその他のIgEが介する疾患(好酸性食道炎、炎症性腸病など)を選別するための革新的な治療法に使用できる。
TNF-αヒト化マウス ヒト化TNF−αはマウスTNF−αの内因性プロモータによって駆動され、マウスの体内発現に正常な生理発現と調整モードがある。このモデルは自己免疫性疾患と炎症領域の抗ヒトTNF‐α化合物の体内薬効と安全性評価に使用できる。

 

 

レポーターマウス
(Repoter Mouse Models)

以下のレポーターマウスはgenOwayとそのパートナー(免疫腫瘍学と免疫療法分野のトップで、大手製薬会社、バイオサイエンス及び研究機関などを含む)が共同で検証され、広く応用されている。

 

レポーターマウス 研究応用
IL-4-IRES-eGFP(4get)
マウス
IL-4分泌細胞に対する信頼できる追跡と分類はTh2の免疫応答分極を効果的に描写することができ、強力な薬物テストツールである。
Foxp3-IRES-mRFP(FIR)レポーターマウス このFoxp3レポーターマウスモデルは様々なリンパ球系統とリンパ器官が発現したFoxp3細胞を効果的に追跡し区別でき、強力な薬物テストツールである。
hGITR/Foxp3レポーターマウス GITRにターゲットする免疫腫瘍薬に対して体内効果評価と分析が可能である。効果的に異なるリンパ球系統とリンパ器官が発現したFoxp3細胞を追跡して区別できる。

 

 

PK/PD研究用ヒト化マウス 
(Humanized Mouse Models for Assessing PK/PD)

タンパク製剤療法の薬力学の特徴を高めるのは過去10年間に生物製剤の開発改良における1つの大きな挑戦となっている。治療性タンパク薬物をヒト由来アルブミンと融合またはカップリングすることによって、それらの半減期は何分から何時間まで延長でき、何時間から何日間まで延長できる。FcRn/血清アルブミン(SA)ダブルヒト化マウス-AlbuMusTMモデルは候補薬物の半減期を正確に予測できる。

 

☞ AlbuMusTMマウスの詳細については、ここをクリックしてください。

 

 

なぜサイヤジェン株式会社の薬物選別評価マウスモデルを選択しますか?

  • 1. 疾患モデルを精選し導入して、または自主研究することにより、多くの研究分野をカバーします:サイヤジェン株式会社は欧米科学研究業界の第一選択のサプライアーと緊密協力し、導入と自主研究を通じて疾患モデルマウス製品ラインを設立し、がん、免疫、内分泌、心血管、神経、伝染病などの方向の薬物開発と選別に奉仕します。

     

  • 2. モデルの知的財産権は明確で保障されます:サイヤジェン株式会社が提供する心血管疾患、免疫学、腫瘍学、神経生物学など多くの疾患動物モデルは完全で自主的な知的財産権を持っています。明確で独立的な知的財産権は新薬開発プロジェクトにとって、成功申請に不可欠な保障です。

     

  • 3. モデル遺伝の背景は明確です:販売するモデルは遺伝的背景が明確で、ソースが溯られます。研究成果の再現性を確保できます。

     

  • 4. モデルは業界指導者及び文献で共同検証しました:サイヤジェン株式会社のサービス及び製品は何回もCell、Nature、Science、PNAS等の定期刊に引用されました。genOwayシリーズの免疫検査ポイントマウスモデルと重度免疫不全モデルはgenOwayとそのパートナー(免疫腫瘍学と免疫療法分野の指導者で、大手製薬会社、生物技術会社及び研究機関などを含む)が共同で検証されました。

     

  • 5. 専門的な技術サポート:サイヤジェン株式会社の専門的なプロジェクト管理チームはお好みやプロジェクトのニーズに応じて、速度、品質と価格のバランスを調整し、心を込めて実験方案を設計します。同時にタイムリーなプロジェクト報告とアフターサービスを提供致します。

     


ビジネス・開発・コラボレーションの機会については、お問い合わせください

ユーザー名は必要です

Institution/Affiliation can not be empty

ユーザーのメールアドレスは必要です

有効なメールアドレスを入力してください

The content can not be empty

The content can not be empty