同種腫瘍移植モデル(Syngenic)及び薬効評価

同種移植マウスモデル(syngeneic model)は同じソースの腫瘍細胞株を免疫健全な近交系マウスに移植して作製したモデルである。接種を受けるマウスは完全なマウス免疫システムと完全な免疫活性を持っていて、且つこの免疫システムは同種移植腫瘍組織と相容れ、腫瘍の微環境を最大限に模擬することができる。欠点は移植したマウス組織は人類腫瘍の複雑性を完全に代表できない可能性があることである。

 

サイヤジェン株式会社は腫瘍の生長曲線・体重曲線、血の生化学指標、病理検査(凍結切片、パラフィン切片、HE染色、免疫組織化学等)、フロー、分子検査等の多種類の評価方法を提供し、薬物作用メカニズム分析の多様なニーズに満たします。

品系:一般的にC57BL/6またはBALB/cである。

 

接種位置:

皮下:直接に腫瘍の成長状況を観察するのに便利である

旧位:腫瘍の成長の元環境を模擬する

注射:腹腔或いは静脉に注射する。腫瘍の拡散状況を監視する

 

サイヤジェン株式会社は乳癌、肝臓癌、大腸癌、黒色腫、肺癌、脳癌等の同種移植マウスモデル及び対応するモデルに対して高度個性化の体内薬効学サービスを提供します。

精選した同種移植マウスモデルの例

マウス大腸癌細胞CT26-WT皮下腫瘍発生モデル

图1. マウス大腸癌細胞CT26-WT皮下移植腫瘍の成長曲線

图2. CT26.WT細胞の皮下腫瘍発生実験。CT26.WT細胞は皮下注射によりBalb/cマウス体内に接種し、異なる接種濃度の腫瘍体積を模索する。


ビジネス・開発・コラボレーションの機会については、お問い合わせください

ユーザー名は必要です

Institution/Affiliation can not be empty

ユーザーのメールアドレスは必要です

有効なメールアドレスを入力してください

The content can not be empty

The content can not be empty

マウスモデルカタログ