サイヤジェンの特徴

  • 作製期間の早さ
  • 高品質
  • グローバルサプライヤー
  • リーズナブルな価格設定

お問合せフォーム

通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

*

ユーザー名は必要です

*

ユーザーのメールアドレスは必要です

有効なメールアドレスを入力してください

*

内容は必要です

*

過剰発現細胞作製

専門家を探す
過剰発現細胞作製

安定しているセルラインは重要な研究所ツールである。遺伝子過剰発現、遺伝子誘導性で表現する、遺伝子ノックアウト、遺伝子過剰発現すべてはカスタムのレンチウイルスベースの安定している細胞ラインサービスにより達成できる。

特徴

レンチウイルスは、ニューロンなどの移入しづらいセル、一次電池、幹細胞、および区別されたセルを含むほとんどの哺乳動物セルタイプをターゲットとすることができる。

作製の流れ

過剰発現細胞作製

サイヤジェンの特徴:
  • 保証制度:100% 返金保証(研究による完全成功保証制度)
  • 実績:13年経験持ち、数千の遺伝子編集し成功したプロジェクト実績ご提供
  • 成熟した編集技術:最適化されたCRISPR/Cas9編集システムとCRISPR-Rroを導入ことによって、一流な外国専門家でサポート、遺伝子の安定している表現が達成できる。
  • 論文引用:弊社の製品を使い掲載された出版物約2,400例

過剰発現細胞作製

1.カスタムの過剰発現安定細胞株

私達のレンチウイルスベースの過剰発現安定細胞株は大量のたんぱく質を絞るために使用でき、後にレンチウイルスによって変換され、遺伝子はホストの細胞ゲノムに組み込まれて、永久的に次の細胞世代に移り変わる。レンチウイルスはほとんどの哺乳動物種とセルタイプをターゲットとすること実現ができる。

私達は、戦略デザイン、ベクトル建築、ウイルス包装、ウイルス導入から、ポジティブなクローン選択に私達の顧客に完全なサービスを提供する。

過剰発現細胞作製

メモ:  マーカーを選ぶことができる:抗生物質耐性FACSのためまたはGFP。

2. RNA干渉法により安定な細胞株

長期にわたり、人やマウスでの誘導性があるRNA干渉法を許し、レンチウイルスベースの短いヘアピンRNA(shRNA). shRNA連鎖を使うことによるマウス細胞はレンチウイルス形質導入。 shRNAを経たメインの細胞に導入できるDNAベクトルにおいてエンコードされる 標的遺伝子の長期の制御のための費用効果が高く、急速で効率的な方法を提供する 。

shRNAベクトルの一時的な表現だけでなく統合されたsiRNAに比べて、レンチウイルスベースのshRNAは一次電池、サスペンションセルライン、細胞分裂しないセルおよび移入しづらいセルを含むメインセルで変換されて、一貫して表現できる。

過剰発現細胞作製

 メモ:  マーカーを選ぶことができる:抗生物質耐FACSのためまたはGFP。

お問い合わせ

今すぐ見積り。もしくはメールでお問い合わせるservice@cyagen.jpお客様の抱える高度で複雑な課題を解決いたします。

ビジネス・開発・コラボレーションの機会については、お問い合わせください

Your First Name can not be empty

Institution/Affiliation can not be empty

有効なメールアドレスを入力してください

Your Email can not be empty

The content can not be empty

None