マウスモデルカタログ

サイヤジェンの特徴

  • 作製期間の早さ
  • 高品質
  • グローバルサプライヤー
  • リーズナブルな価格設定

お問合せフォーム

通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

*

ユーザー名は必要です

*

ユーザーのメールアドレスは必要です

有効なメールアドレスを入力してください

*

内容は必要です

*

遺伝子ファミリー

ヒトゲノム発展の順調な進行に伴い、益々多くの新しい遺伝子が発見され、遺伝子機能の研究は生命科学分野の中で重大な課題となっている。ある遺伝子の体内での機能を研究するには、通常、遺伝子を細胞からノックアウトしたりする。それをすることで、細胞の生物学的表現や個体の表現型の遺伝的変化を観察し、遺伝子の機能を同定する。研究者様がもっと簡単に注文や選択されるために、サイヤジェン株式会社(Cyagen Biosciences Inc.) はここ数年来のホットスポットの遺伝子ファミリー、関連の応用分野と背景情報を総括致しました。
遺伝子情報 遺伝子名 コンベンショナルノックアウトマウス

コンディショナルノックアウトマウス

関連応用分野 説明
METTL 複合体
(ヒストンメチ基転移酵素)
Mettl3 Mettl3ノックアウトマウス Mettl3コンディショナルノックアウトマウス m6a メチル化 METTLの中ではMETTL3, METTL14の研究が多い。METTL3を介するm6A修飾は生物リズム、DNA損傷、幹細胞の自分更新と制御、−合子転換、ショウジョウバエ神経機能調節と性別決定、マウス早期胚胎発育などの真核生物の各種生物学的過程と個体発育において非常に重要な役割を果たしている。

Mettl3ノックアウトはマウスの早期胚胎致死を招き、Mettl3コンディショナルノックアウトが介するm6A修飾は哺乳動物体内組織発育における生物学的機能はまだ不明である。生殖細胞(Vasa−Cre)にMettl3を特異的にノックアウトマウス(Mettl3CKO)モデルでは,Mettl3ノックアウトマウス精原幹細胞の分化と減数分裂の開始過程を抑制し,最終的にメスマウスの不妊をもたらす。中枢神経系に特異的にMettl3をノックアウトすることにより、ラットは授乳期に厳重な運動機能障害を示し、死亡に至る。

METTL 複合体
(ヒストンメチ基転移酵素)
Mettl14 Mettl14ノックアウトマウス Mettl14コンディショナルノックアウトマウス m6a メチル化 マウスの生殖細胞にVasa−CreでMettl3或いはMettl14を特異的にノックアウトとm6Aレベルが低下し,精原幹細胞の増殖と分化に関わる遺伝子の転写物の翻訳機能が低下し,精原幹細胞が死滅してしまう。Mettl3とMettl14を同時にノックアウトすると,精子の発生過程における半数体特異的遺伝子の翻訳が破壊され,精子形成が阻害される。
マウスの中枢神経系におけるMettl14遺伝子のノックアウトはマウスの大脳皮質の発育に大きな影響を与える。
METTL 複合体
(ヒストンメチ基転移酵素)
Mettl1 Mettl1ノックアウトマウス Mettl1コンディショナルノックアウトマウス / /
METTL 複合体
(ヒストンメチ基転移酵素)
Mettl2 Mettl2ノックアウトマウス Mettl2コンディショナルノックアウトマウス / /
METTL 複合体
(ヒストンメチ基転移酵素)
Mettl5 Mettl5ノックアウトマウス Mettl5コンディショナルノックアウトマウス / /
METTL 複合体
(ヒストンメチ基転移酵素)
Mettl7a1 Mettl17a1ノックアウトマウス Mettl17a1コンディショナルノックアウトマウス / メチル基転移酵素Mettl7a1の発現は成功したプログラミングの軌跡と関係がある;Mett17a1をリプログラミング混合物に添加すると誘導性内胚葉前駆細胞の産生量を増加させることができる。
METTL 複合体
(ヒストンメチ基転移酵素)
Mettl7b Mettl7bノックアウトマウス Mettl7bコンディショナルノックアウトマウス / /
METTL 複合体
(ヒストンメチ基転移酵素)
Mettl6 Mettl6ノックアウトマウス Mettl6コンディショナルノックアウトマウス / /
METTL 複合体
(ヒストンメチ基転移酵素)
Mettl8 Mettl8ノックアウトマウス Mettl8コンディショナルノックアウトマウス / /
METTL 複合体
(ヒストンメチ基転移酵素)
Mettl10 Mettl10ノックアウトマウス Mettl10コンディショナルノックアウトマウス / /
METTL 複合体
(ヒストンメチ基転移酵素)
Mettl11b Mettl11bノックアウトマウス Mettl11bコンディショナルノックアウトマウス / /
METTL 複合体
(ヒストンメチ基転移酵素)
Mettl9 Mettl9ノックアウトマウス Mettl9コンディショナルノックアウトマウス / /
METTL 複合体
(ヒストンメチ基転移酵素)
Mettl13 Mettl13ノックアウトマウス Mettl13コンディショナルノックアウトマウス / /
METTL 複合体
(ヒストンメチ基転移酵素)
Mettl15 Mettl15ノックアウトマウス Mettl15コンディショナルノックアウトマウス / /
METTL 複合体
(ヒストンメチ基転移酵素)
Mettl16 Mettl16ノックアウトマウス Mettl16コンディショナルノックアウトマウス / /
METTL 複合体
(ヒストンメチ基転移酵素)
Mettl17 Mettl17ノックアウトマウス Mettl17コンディショナルノックアウトマウス / /
METTL 複合体
(ヒストンメチ基転移酵素)
Mettl20 Mettl20ノックアウトマウス Mettl20コンディショナルノックアウトマウス / /
METTL 複合体
(ヒストンメチ基転移酵素)
Mettl21a Mettl21aノックアウトマウス Mettl21aコンディショナルノックアウトマウス / /
METTL 複合体
(ヒストンメチ基転移酵素)
Mettl21c Mettl21cノックアウトマウス Mettl21cコンディショナルノックアウトマウス / /
METTL 複合体
(ヒストンメチ基転移酵素)
Mettl21e Mettl21eノックアウトマウス Mettl21eコンディショナルノックアウトマウス / /
METTL 複合体
(ヒストンメチ基転移酵素)
Mettl22 Mettl22ノックアウトマウス Mettl22コンディショナルノックアウトマウス / /
METTL 複合体
(ヒストンメチ基転移酵素)
Mettl23 Mettl23ノックアウトマウス Mettl23コンディショナルノックアウトマウス / /
METTL 複合体
(ヒストンメチ基転移酵素)
Mettl24 Mettl24ノックアウトマウス Mettl24コンディショナルノックアウトマウス / /
METTL 複合体
(ヒストンメチ基転移酵素)
Mettl25 Mettl25ノックアウトマウス Mettl25コンディショナルノックアウトマウス / /
YTHDFファミリー Ythdf1 Ythdf1ノックアウトマウス Ythdf1コンディショナルノックアウトマウス m6a メチル化 YTHDFファミリーは核外で蛋白の翻訳と分解に参与するため、readerの中で最も有名な研究対象である。
YTHDF1蛋白は主にmRNAのm6Aサイトと結合することによって、脳神経発育、ドーパミン分泌とシナプス形成などの過程に重要な役割を果たす。
YTHDFファミリー Ythdf2 / Ythdf2コンディショナルノックアウトマウス m6a メチル化 YTHDF2はm6A readerと同定された最初の蛋白であり、それが介するm6A mRNAの分解過程であり、m6AがmRNAの運命に影響することがわかった最初の面でもある
YTHDFファミリー Ythdf3 Ythdf3ノックアウトマウス Ythdf3コンディショナルノックアウトマウス m6a メチル化 YTHDF1とYTHDF2と一緒に、YTHDF3は細胞質中のm6Aが修飾するmRNAの代謝を加速するのに重要な役割を果たす。すべての3種類のYTHDFタンパク質はm6A RNAメチル化に関連する基本的な生物学的プロセスに影響を与えるために整合と協力の方式で作用することができる。
NLRPファミリー
(67)
NLRP1 / / 免疫 ヌクレオチド結合处在聚化ドメイン様受容体蛋白1 (nlrp1)炎性体はnlrp1パターン地元の内の病原関連の分子(pamp)後、在性壊死関連の斑点様とタンパク質(asc)や半よくアスパラギン酵素(caspase−1、caspase−5)の前駆など、分子の结合を形成の蛋白農村活性化後の促進il−1β、il−18、il−33炎症などの因子の成熟と釈放、先天性免疫で重要な役割を果たす。
NLRPファミリー
(67)
NLRP3 / / 免疫 NLRP3炎症小体は自然免疫の重要な構成部分として、機体の免疫反応と疾病の発生発展過程において重要な作用を発揮し、その過度な活性化は多種の人類の重大な疾病、例えばアルツハイマー病、炎症性腸疾患、糖尿病及び悪性腫瘍などの発生を招く。
NLRPファミリー
(67)
NLRP6 NLRP6ノックアウトマウス NLRP6コンディショナルノックアウトマウス 免疫 ヌクレオチド結合处在聚化ドメイン様受容体pyrinドメインタンパク質を含む6 (nlrp6)、はnlrsファミリーで機能が独特のタンパク質を一つ、その表现は腸が高く、炎症反応を抑制できる進展、腸の損傷の促進と治る。ある研究により、大腸炎と大腸癌において低発現を示し、細胞アポトーシスを促進し、腫瘍の進展を抑制する作用がある可能性が示唆され、潜在的な癌治療の標的になる可能性がある。
NLRPファミリー
(67)
NLRP10 NLRP10ノックアウトマウス NLRP10コンディショナルノックアウトマウス 免疫 NLRP10はNOD1を介する免疫反応を促進し、NLRP3炎症小体の活性化も抑制できる。
NLRPファミリー
(67)
NLRP12 NLRP12ノックアウトマウス NLRP12コンディショナルノックアウトマウス 免疫   一部の研究によると、NLRP12は炎症性腸疾患(IBD)と密接な関係があり、NLRP12は腸炎の発生と発展に二重性に作用する可能性がある。

Nlrp12−/−マウスでは結腸炎症と抗微生物ペプチドの産生が増加し,菌の脱調を促進する可能性があり,これを高脂肪で与えているが,菌群では肥満を促進するサルノコシカエ科が著しく増加し,短鎖脂肪酸を産生するモレノバクテリア科やクロストリジウム目が減少している。
NLRPファミリー
(67)
NLRP2 NLRP2ノックアウトマウス NLRP2コンディショナルノックアウトマウス 生殖 マウスの初期胚胎の発育にはNlrp2遺伝子の関与が必要である。
NLRPファミリー
(67)
NLRP4 NLRP4aNLRP4bNLRP4fノックアウトマウス NLRP4aNLRP4b
NLRP4e、NLRP4fコンディショナルノックアウトマウス
生殖  マウスのNlrp4遺伝子は、進化の過程で複製が発生し、現在、Nlrp4aからNlrp4gまで7つの遺伝子が同定されている。研究によると、これら7つのNlrp4遺伝子は類似のエピタキソームを持ち、すべて卵母細胞と早期胚胎に発現しているが、Nlrp4タンパクは卵母細胞の成熟過程では作用せず、主に早期胚胎の発育過程で機能を発揮している。
NLRPファミリー
(67)
NLRP5 NLRP5ノックアウトマウス NLRP5コンディショナルノックアウトマウス 生殖 マウスの初期胚胎の発育過程において極めて重要な役割を果たしている。
NLRPファミリー
(67)
NLRP7 / / 生殖 ヒトのNLRP7遺伝子は卵母細胞と早期胚胎に発現し、遺伝子突然変異によるエンコードした蛋白が変化し、更に人類の早期胚胎の発育異常を引き起こす
NLRPファミリー
(67)
NLRP8 / / 生殖 /
NLRPファミリー
(67)
NLRP9 NLRP9ノックアウトマウス NLRP9コンディショナルノックアウトマウス 生殖 NLRP9b
NLRPファミリー
(67)
NLRP11 / / 生殖 /
NLRPファミリー
(67)
NLRP13 / / 生殖 /
NLRPファミリー
(67)
NLRP14 NLRP14ノックアウトマウス NLRP14コンディショナルノックアウトマウス 生殖 マウスの結合子にこの遺伝子を沈黙することは、初期胚胎の異なる程度の停滞を引き起こし、発育の失敗を招く。また、この遺伝子はマウスと人の精子にも発現しており、人のこの遺伝子の突然変異は精子の発生に失敗する。ヒトでNLRP14遺伝子の突然変異が起こると不妊になる。
Sirtuinsタンパク質ファミリー
(Sirtファミリー)
SIRT1 / / 細胞周期の制御ミトコンドリアの動的バランスの維持

自己貪食や細胞の成長調節などの過程
多数sirt1ノックアウトマウスの死は生まれ前後、網膜、骨や心臓の欠陥検出。
Sirtuinsタンパク質ファミリー
(Sirtファミリー)
SIRT3 SIRT3ノックアウトマウス SIRT3コンディショナルノックアウトマウス 細胞周期の制御ミトコンドリアの動的バランスの維持

自己貪食や細胞の成長調節などの過程
sirt3ノックアウトマウス、発育が正常acecs2活性、atp水準およびミトコンドリア蛋白アセチル化の過程が変化する。
Sirtuinsタンパク質ファミリー
(Sirtファミリー)
SIRT4 SIRT4ノックアウトマウス SIRT4コンディショナルノックアウトマウス 細胞周期の制御ミトコンドリアの動的バランスの維持

自己貪食や細胞の成長調節などの過程
sirt4ノックアウトマウス発育正常、ミトコンドリアgdh活性が増えている。
Sirtuinsタンパク質ファミリー
(Sirtファミリー)
SIRT5 SIRT5ノックアウトマウス SIRT5コンディショナルノックアウトマウス 細胞周期の制御ミトコンドリアの動的バランスの維持

自己貪食や細胞の成長調節などの過程
SIRT5ノックアウトマウストレオニンの循環過程に欠陥がある。
Sirtuinsタンパク質ファミリー
(Sirtファミリー)
SIRT6 / / 細胞周期の制御ミトコンドリアの動的バランスの維持

自己貪食や細胞の成長調節などの過程
SIRT6ノックアウトマウス類早発症候群、重篤な低血糖があり、4週間後に死亡した。
Sirtuinsタンパク質ファミリー
(Sirtファミリー)
SIRT7 / / 細胞周期の制御ミトコンドリアの動的バランスの維持

自己貪食や細胞の成長調節などの過程
SIRT7ノックアウトマウスは寿命が短縮し,原発性心筋症がある
TLRsファミリー TLR1 TLR1ノックアウトマウス TLR1コンディショナルノックアウトマウス 免疫と炎症 /
TLRsファミリー TLR2 TLR2ノックアウトマウス TLR2コンディショナルノックアウトマウス 免疫と炎症 /
TLRsファミリー TLR3 TLR3ノックアウトマウス TLR3コンディショナルノックアウトマウス 免疫と炎症 /
TLRsファミリー TLR4 TLR4ノックアウトマウス TLR4コンディショナルノックアウトマウス 免疫と炎症 /
TLRsファミリー TLR5 TLR5ノックアウトマウス TLR5コンディショナルノックアウトマウス 免疫と炎症 /
TLRsファミリー TLR6 TLR6ノックアウトマウス TLR6コンディショナルノックアウトマウス 免疫と炎症 /
TLRsファミリー TLR7 TLR7ノックアウトマウス TLR7コンディショナルノックアウトマウス 免疫と炎症 /
TLRsファミリー TLR8 TLR8ノックアウトマウス TLR8コンディショナルノックアウトマウス 免疫と炎症 /
TLRsファミリー TLR9 TLR9ノックアウトマウス TLR9コンディショナルノックアウトマウス 免疫と炎症 /
TLRsファミリー TLR11 TLR11ノックアウトマウス TLR11コンディショナルノックアウトマウス 免疫と炎症 /
TLRsファミリー TLR12 TLR12ノックアウトマウス TLR12コンディショナルノックアウトマウス 免疫と炎症 /
TLRsファミリー TLR13 TLR13ノックアウトマウス TLR13コンディショナルノックアウトマウス 免疫と炎症 /
Smadファミリー Smad 1 / / 細胞の成長、分化、アポトーシスなどの過程を調節する

TGFβなどのシグナル経路
受容体調節型Smadsタンパク質は,活性化されたI型受容体に直接作用し,リン酸化により活性化されるタンパク質であり,受容体特異的反応を誘導する。
Smadファミリー Smad 2 Smad 2ノックアウトマウス Smad 2コンディショナルノックアウトマウス
Smadファミリー Smad 3 Smad 3ノックアウトマウス Smad 3コンディショナルノックアウトマウス
Smadファミリー Smad 5 / /
Smadファミリー Smad 8 / /
Smadファミリー Smad 4 / / 細胞の成長、分化、アポトーシスなどの過程を調節する

TGFβなどのシグナル経路
共通媒体型Smad蛋白は、受容体調節型Smadsと異なるオリゴマーを形成する必要があるSmad蛋白である。基質共有配列SSXSが乏しいため,他のどの受容体にもリン酸化されない。哺乳動物細胞では,リン酸化されたSmad 1, 2, 3, 5, 8が結合し,複合体を形成して核に入り,転写因子様作用を発揮する。
Smadファミリー Smad 6 / / 細胞の成長、分化、アポトーシスなどの過程を調節する

TGFβなどのシグナル経路
拮抗型Smad蛋白は拮抗型Smad蛋白であり,Smad 6はBMPのシグナル伝達を抑制し,Smad7はTGF−βとBMPのシグナル伝達を抑制する。
Smad7可被TGF-β1诱导产生,形成负反馈调节环路。
Smadファミリー Smad 7 / /
BMPスーパーファミリー BMP-2
(BMP-2A)
/ / 生殖、骨、神経 1)胚発生過程における骨および軟骨の形成を調節する。

2)骨の形態発生を調節する。

3)間葉系前駆細胞の分化を誘導し骨芽細胞になる。

4)アポトーシスシグナルを調節する。

5)肺,脾,結腸に発現する
BMPスーパーファミリー BMP-3
(BMP-3A)
BMP-3ノックアウトマウス BMP-3コンディショナルノックアウトマウス 生殖、骨、神経 1)骨および軟骨の形成を誘導する。

2)化学的吸引作用がある。

3) TGFB−1の合成および分泌は単球で誘導される。

4)肺・卵巣・小腸に発現する
BMPスーパーファミリー BMP-3B
(GDF-10)
BMP-3Bノックアウトマウス BMP-3Bコンディショナルノックアウトマウス 生殖、骨、神経 1)軟骨内骨形成の誘導。

2)小脳,肺,膵臓,睾丸,大腿骨に発現する
BMPスーパーファミリー BMP-4
(BMP2B)
/ / 生殖、骨、神経 1)発育調節分子として働く。

2)中胚葉の形成,骨誘導作用,下肢の形成,骨折修復,歯の形成などを介する。

3)脊髄髄鞘の形成を調節する。

4)造血組織の誘導。

5)肺や腎臓に発現する
BMPスーパーファミリー BMP-5 / / 生殖、骨、神経 1)骨の早期発育を調節する。

2)肺および肝臓に発現する
BMPスーパーファミリー BMP-6
(VGR)
BMP-6ノックアウトマウス BMP-6コンディショナルノックアウトマウス 生殖、骨、神経 1)骨や軟骨の形成を誘導する。

2)間葉系前駆細胞を骨芽細胞に分化させる。

3)胎児軟骨濃度が高かった
BMPスーパーファミリー BMP-7
(OP-1 )
/ / 生殖、骨、神経 1)軟骨形成と骨発育を誘導する。

2)品状体および糸球体の形成を誘導する。

3)上皮骨形成の骨誘導因子。

4)骨の恒常的環境及びカルシウム濃度を調節する。

5)脳・腎臓・膀胱に発現する
BMPスーパーファミリー BMP-8
(BMP-8a, OP-2)
BMP-8ノックアウトマウス BMP-8コンディショナルノックアウトマウス 生殖、骨、神経 1)精子の発育を助ける。

2)妊娠期における子宮脱落膜細胞の発現
BMPスーパーファミリー BMP-8b
(OP-2)
/ / 生殖、骨、神経 1)マウスにのみ存在する。

2)マウスの生殖細胞のアポトーシスを防ぐ。

3)胎盤絨毛細胞に発現する
BMPスーパーファミリー BMP-9
(GDF-2)
BMP-9ノックアウトマウス BMP-9コンディショナルノックアウトマウス 生殖、骨、神経 1)間葉系前駆細胞を骨芽細胞に分化させる。

2)造血を促進するホルモン。

3)肝網内皮組織や神経系に作用する
BMPスーパーファミリー BMP-10 / / 生殖、骨、神経 心臓の発育過程を媒介する
BMPスーパーファミリー BMP-11
(GDF-11)
/ / 生殖、骨、神経 胚胎の発育過程中の中胚葉と神経組織の発育を促進する
BMPスーパーファミリー BMP-12
(GDF-7, CDMP-3)
/ / 生殖、骨、神経 1)軟骨形成を誘導する。

2)腱および靭帯の形成と損傷後の修復を促進する
BMPスーパーファミリー BMP-13
( GDF-6, CDMP-2)
BMP-13ノックアウトマウス BMP-13コンディショナルノックアウトマウス 生殖、骨、神経 1)軟骨形成を誘導する。

2)腱および靭帯の形成と損傷後の修復を促進する。

3)長骨内に発現する
BMPスーパーファミリー BMP-14
( GDF-6, CDMP-2)
/ / 生殖、骨、神経 1)軟骨形成を誘導する。

2)腱癒合および骨形成を増強する。

3)ドパミン作動性ニューロンの神経栄養分子。

4)長骨内に発現する
BMPスーパーファミリー BMP-15
(GDF-9B)
/ / 生殖、骨、神経 卵巣の発育を促す
BMPスーパーファミリー GDF-1 / / 生殖、骨、神経 可能参与介导胚胎发育过程中的细胞分化事件。
BMPスーパーファミリー GDF-3
(Vgr-2)
/ / 生殖、骨、神経 体外和体内作为胚癌干细胞的相关标志。
BMPスーパーファミリー GDF-8 GDF-8ノックアウトマウス GDF-8コンディショナルノックアウトマウス 生殖、骨、神経 骨格筋の質量を調節します

BMPスーパーファミリー GDF-9 / / 生殖、骨、神経 正常な濾胞の成長に必要である
BMPスーパーファミリー GDF-15 GDF-15ノックアウトマウス GDF-15コンディショナルノックアウトマウス 生殖、骨、神経 胎盤は胚胎の発育過程の中の可能な介導因子を制御する;

自己分泌の調節分子であるかもしれない。
BMPスーパーファミリー GDNF / / 生殖、骨、神経 ドーパミンの摂取を促進する

中脳ニューロンの生存と形態分化を促進する。
BMPスーパーファミリー AMH / / 生殖、骨、神経 ミューラー管(Muellerian duct)退化を引き起こす;

ミューラー管原組織に由来する腫瘍の成長を抑制する。
ErbB遺伝子ファミリー EGFR
(ErbB1)
EGFRノックアウトマウス EGFRコンディショナルノックアウトマウス 肿瘤 EGFRは腫瘍標的治療において最も重要な標的である。

その突然変異は、多くの標的治療の有効性に大きな影響を及ぼす。
ErbB遺伝子ファミリー HER2(ErbB2) / / 肿瘤 HER2遺伝子は乳腺癌と胃癌の標的治療に重要なバイオマーカーである。
ErbB遺伝子ファミリー ErbB3 / / 肿瘤 /
ErbB遺伝子ファミリー ErbB4 / / 肿瘤 /
TP53ファミリー TP53
(P53)
TP53ノックアウトマウス TP53コンディショナルノックアウトマウス 肿瘤、发育、神经、
免疫、炎症等
正常な細胞が癌細胞になるのを防ぐ重要な門番遺伝子です
TP53ファミリー TP63 TP63ノックアウトマウス TP63コンディショナルノックアウトマウス 肿瘤、发育、神经、
免疫、炎症等
胚胎中の四肢の形成と皮膚構造の分層化を担当する

女性の生殖能力に必要な制御因子である
TP53ファミリー TP73 / / 肿瘤、发育、神经、
免疫、炎症等
脳の中の海馬と皮質などの領域と免疫システムは成熟している

女性の生殖能力に必要な制御因子である
Rasファミリー K-ras / / 肿瘤 ras遺伝子の中でK−rasはヒト癌に最も影響を及ぼす。

異なるタイプの腫瘍において、ras遺伝子の突然変異率は比較的に大きい。約30%の肺腺癌,50%の結腸癌および70% ~ 90%の膵癌にK−ras遺伝子変異がある。
Rasファミリー N-ras / / 肿瘤 N−ras遺伝子の変異率は結腸癌などの上皮細胞癌では低いが,約20% ~ 30%の急性非リンパ球性白血病ではN−ras遺伝子の変異が検出される。
Rasファミリー H-ras / / 肿瘤 H−ras遺伝子変異を有する腫瘍は少数であり、膀胱癌によく見られ、突然変異率は約10%である。
Mycファミリー C-Myc / / 肿瘤 c−myc遺伝子は多種の腫瘍の発生と発展に関与している

C−myc発現の変化は細胞の増殖および分化状態に関係し,その発現産物は細胞の成長,分化あるいは悪性転化を調節するのに役立つ
Mycファミリー N-Myc / / 肿瘤 胚胎期に発現した原癌遺伝子は胚胎の発育過程において極めて重要な役割を果たし、それは器官の発生する多種の細胞過程を制御する
Mycファミリー L-Myc L-Mycノックアウトマウス L-Mycコンディショナルノックアウトマウス 肿瘤 その過発現は細胞の分化過程に直接に影響し、細胞の生長、アポトーシスと転化に弱い。
FGFファミリー FGF-21 FGF-21ノックアウトマウス FGF-21コンディショナルノックアウトマウス 代谢、骨骼、
肿瘤、胚胎发育等
糖尿病及び合併症の発生発展と密接な関係がある
FGFファミリー FGF1
(aFGF)
FGF1ノックアウトマウス FGF1コンディショナルノックアウトマウス 代谢、骨骼、
肿瘤、胚胎发育等
両者は同じ役割の受容体、一連の信号伝達メカニズムを通じて推進組織の形態が、臓器の損傷を復旧や血管生成し、神経细胞の再生などの役割を促すで胚葉や神経の外の胚葉源組織細胞(如繊維細胞、血管の内皮と神経細胞に分化など)の生存と育った
FGFファミリー FGF2
(bFGF)
FGF2ノックアウトマウス FGF2コンディショナルノックアウトマウス
FGFファミリー FGF3
(Int2)
FGF3ノックアウトマウス FGF3コンディショナルノックアウトマウス 代谢、骨骼、
肿瘤、胚胎发育等
骨の発育に
FGFファミリー FGF4
(hst /KFGF)
FGF4ノックアウトマウス FGF4コンディショナルノックアウトマウス 代谢、骨骼、
肿瘤、胚胎发育等
/
FGFファミリー FGF5 FGF5ノックアウトマウス FGF5コンディショナルノックアウトマウス 代谢、骨骼、
肿瘤、胚胎发育等
発見時に癌遺伝子として同定された
FGFファミリー FGF7
(KGF)
FGF7ノックアウトマウス FGF7コンディショナルノックアウトマウス 代谢、骨骼、
肿瘤、胚胎发育等
/
FGFファミリー FGF8 / / 代谢、骨骼、
肿瘤、胚胎发育等
/
FGFファミリー FGF9 / / 代谢、骨骼、
肿瘤、胚胎发育等
/
FGFファミリー FGF10 / / 代谢、骨骼、
肿瘤、胚胎发育等
/
FGFファミリー FGF11 / / 代谢、骨骼、
肿瘤、胚胎发育等
/
FGFファミリー FGF12 FGF12ノックアウトマウス FGF12コンディショナルノックアウトマウス 代谢、骨骼、
肿瘤、胚胎发育等
/
FGFファミリー FGF13 / / 代谢、骨骼、
肿瘤、胚胎发育等
/
FGFファミリー FGF14 FGF14ノックアウトマウス FGF14コンディショナルノックアウトマウス 代谢、骨骼、
肿瘤、胚胎发育等
/
FGFファミリー FGF15 FGF15ノックアウトマウス FGF15コンディショナルノックアウトマウス 代谢、骨骼、
肿瘤、胚胎发育等
/
FGFファミリー FGF16 / / 代谢、骨骼、
肿瘤、胚胎发育等
/
FGFファミリー FGF17 FGF17ノックアウトマウス FGF17コンディショナルノックアウトマウス 代谢、骨骼、
肿瘤、胚胎发育等
/
FGFファミリー FGF18 / / 代谢、骨骼、
肿瘤、胚胎发育等
/
FGFファミリー FGF19 / / 代谢、骨骼、
肿瘤、胚胎发育等
/
FGFファミリー FGF20 FGF20ノックアウトマウス FGF20コンディショナルノックアウトマウス 代谢、骨骼、
肿瘤、胚胎发育等
/
FGFファミリー FGF23 / / 代谢、骨骼、
肿瘤、胚胎发育等
ヒトにおいて重要なリン調節因子は,低リン性軟骨症や骨軟化症の発症に関与している
Atgファミリー
(オートファジー)
ATG7 / ATG7コンディショナルノックアウトマウス 自噬 Atg7は自食と非自食の過程において重要な役割を果たしている。Atg7はマクロファージのユビキチン系の核心蛋白であるため、研究の焦点である。
Atgファミリー
(オートファジー)
ATG5 / / 自噬 Atg5はオートファージの形成において重要な蛋白であり、免疫系において重要な役割を果たし、腫瘍の形成にも関わる
STATファミリー STAT1 / / / /
STATファミリー STAT2 STAT2ノックアウトマウス STAT2コンディショナルノックアウトマウス / /
STATファミリー STAT3 / / / 早期胚胎の発育に重要な役割を果たし、腫瘍の発生発展と関係がある

IL−10の免疫抑制作用の鍵となる転写因子である
STATファミリー STAT4 STAT4ノックアウトマウス STAT4コンディショナルノックアウトマウス / /
STATファミリー STAT5a STAT5aノックアウトマウス STAT5aコンディショナルノックアウトマウス / /
STATファミリー STAT5b STAT5bノックアウトマウス STAT5bコンディショナルノックアウトマウス / /
STATファミリー STAT6 STAT6ノックアウトマウス STAT6コンディショナルノックアウトマウス / /
IL-10ファミリー IL-10 IL-10ノックアウトマウス IL-10コンディショナルノックアウトマウス / 免疫抑制、抗炎症
IL-10ファミリー IL-19 IL-19ノックアウトマウス IL-19コンディショナルノックアウトマウス / 皮膚、免疫調節
IL-10ファミリー IL-20 IL-20ノックアウトマウス IL-20コンディショナルノックアウトマウス / 皮膚、炎症、造血
IL-10ファミリー IL-22 / / / 急性期反応、先天性免疫
IL-10ファミリー IL-24 IL-24ノックアウトマウス IL-24コンディショナルノックアウトマウス / 細胞アポトーシス、表皮機能、炎症
IL-10ファミリー IL-26 / / / 粘膜と皮膚が免疫する
IL-10ファミリー IL-28、IL-29 / / / 抗ウイルス性免疫
ビジネス・開発・コラボレーションの機会については、お問い合わせください

Your First Name can not be empty

Institution/Affiliation can not be empty

有効なメールアドレスを入力してください

Your Email can not be empty

The content can not be empty