ニュースレター

  • 「文献精読」腸上皮細胞はMHC IIとPD-L1を発現することで上皮内リンパ球の分化を調節する 

    近日、Dr.Moonが率いる韓国チームの研究によると、小腸の遠端で、IECsが微生物群とIFN-γの刺激によりMHC II種の分子とプログラムされた細胞死リガンド-1(programmed death ligand-1,PD-L1)を発現し、ニッチ(niche)適応信号を提供し、CD4+CD8αα+IELs(DP IELs)の分化を促進することができる。この研究結果は最近のJournal of Experimental Medicine誌に発表された[1」。 もっと見る ›

  • ハンチントン病の原因遺伝子HTT 

    本日ご紹介するのはHTT遺伝子です。この遺伝子はハンチントン病(Huntington disease,HD)と直接関連しており、発症エリアはその1番エクソンにある。健康な人で、HTT遺伝子の1番エクソンはCAG反復回数が35回以内であり、1段のHuntingtin蛋白のポリグルタミン酸をコードする。このCAG反復回数が35回を超えると、HDの発症リスクは反復数の増加につれて上昇する。HDは欧米のコーカサス白人における発症率が0.005%~0.01%であり、まれな疾患の範疇にあるが、この疾患は原因遺伝子が単一で、発見時間が早く、症状は運動、認知、精神などの多重障害に関連しており、神経変性疾患の分野で深く研究されているが、HDに関する治療薬がまだ出回っていない。 もっと見る ›

  • 神経変性疾患の原因遺伝子TARDBP 

    本日ご紹介するのはTARDBP遺伝子です。TARDBPがコードしたTDP-43(TAR DNA binding protein 43)タンパク質はDNAとRNAとも結合することができ、細胞内のRNA転写、選択的なせん断とmRNAの安定性調節において重要な役割を果たしている。この蛋白質の凝集とユビキチン化によって形成されたタンパク質封入体は、筋萎縮側索硬化症ALS (amyotrophic lateral sclerosis)と前頭側頭型認知症FTLD (frontotemporal lobar degeneration)患者の損傷領域の細胞で検出されることが知られている。また、約1/3のアルツハイマー病患者でもTDP-43の異常な変化が検出される。現在、家族性ALS症例では40以上のTARDBPの突然変異が確認された。 もっと見る ›

  • BRGSF重症免疫不全マウスの応用におけるCAR-T細胞免疫療法の有効性と安全性の評価 

    BRGSF(BALB/c Rag2tm1Fwa Il2rgtm1Cgn SirpaNOD Flk2tm1lrl)マウスは、現在、市場で最も重症な免疫不全マウスの一種として知られている。その中で、Rag2とIl2rg遺伝子のノックアウトによってBRGSFマウスのT、BとNK細胞欠損細胞株を作製する。SIRPaNODを通じて、マウスのマクロファージのヒト由来細胞の食作用を抑制する。Flk2-/-遺伝子のノックアウトによってマウス骨髄系細胞の構成成分(特に樹状細胞、DC)を大幅に削減する。 もっと見る ›

  • 遺伝子改変マウスの価格 

    遺伝子改変マウスはカスタムメイドの製品であり、ユーザーは一般的にお客様自身だけである。そのため、遺伝子改変マウスは「匹」で売っているのではなく、プロジェクトによってカスタマイズ作製して費用を取る。作ったマウスの所有権はお客様の所有になる。一般的に納品するマウスは3匹以上で、研究者様がマウスを受け取って自分で繁殖できる。 もっと見る ›

  • 遺伝子改変マウスの作成手順ごとの周期 

    ①遺伝子編集ツールの作製:一般的に1~2ヶ月。②受精卵の準備:日常的に提供するため、余分な時間はいらない。③顕微注射:一般的に1~2ヶ月。④胚胎移植:顕微注射の当日で完成する。⑤子マウスの出生:胚胎移植後の3週間。遺伝子型の同定:出生後の2~3週間。⑥ファウンダーマウスの繁殖:1世代の繁殖には3ヶ月が必要である。 もっと見る ›

  • 希少疾患の脊髄性筋萎縮症の原因遺伝子SMN1 

    本日ご紹介するのは遺伝病の脊髄性筋萎縮症の原因遺伝子SMN1です。運動神経細胞生存遺伝子1(survival motor neuron gene 1, SMN1)は同名のタンパク質をコードする。このタンパクはヒトの遺伝病の脊髄性筋萎縮症(Spinal Muscular Atrophy, SMA)と密接に関係している。通常、この疾患は新生児が2歳前に死亡することを引き起こす。SMN1のシングルコピー不活性(無症状)現象はアジアの人々の中で約1/50で、これは1/10000前後の新生児の発病率(異なる人種と地域の突然変異頻度は違っている)をもたらした。 もっと見る ›

  • 遺伝子改変マウスの作製流れ 

    遺伝子改変マウスの作製は6つのステップに分けられる。①遺伝子編集の分子ツール(cas9、ターゲットベクターdonorなど)の作製。②メスを過剰排卵させ、オスと交配して大量の受精卵を獲得する。③遺伝子編集ツールを受精卵内にマイクロ注射する。④注射後の受精卵を母マウスの体内に移植する。⑤子マウスの出生と鑑定スクリーニング。⑥陽性のファウンダーマウスの繁殖と系統構築。 もっと見る ›

  • コンベンショナルノックアウトとコンディショナルノックアウトの選択方法 

    「コンベンショナルノックアウト」と「コンディショナルノックアウト」は、コスト、作製周期、系統構築の難易度に大きな違いがある。どうやって選択すればいいか。できるだけ優先的にコンベンショナルノックアウトを選択するべきであるが、同時に以下の要求を満たす必要がある。この遺伝子をノックアウトすることは、マウスの生存に影響しない。この遺伝子をノックアウトすることは、マウスの発育に影響しない。この遺伝子をノックアウトすることは、マウスの繁殖力に影響しない。 もっと見る ›

  • 遺伝子改変マウスの選択方法 

    遺伝子改変マウスの種類はいろいろあるが、自分の研究に最適な遺伝子改変マウスはどう選択すればいいか。 普通(野生)のマウスと違ったマウスがほしいが、実は3つの場合しかない。「多い」:普通(野生)のマウスよりある機能が多い。「少ない」:普通(野生)のマウスより機能が少ない。「チェンジ」:普通(野生)のマウスよりある機能を変えた。 もっと見る ›

  • お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

    *

    ユーザー名は必要です

    *

    ユーザーのメールアドレスは必要です

    有効なメールアドレスを入力してください

    *

    私たちについて必要

    *

    内容は必要です

マウスモデルカタログ