• お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

ニュースレター

Ophthalmology
糖尿病網膜症に対する2つの「武器」
2022年9月21日
本日は、DRの重要な治療法として、手術治療と遺伝子治療の2つをご紹介します。 Read More >
Ophthalmology
糖尿病網膜症の前臨床研究
2022年9月14日
目のケアというと、まず近視を思い浮かべる人が多いのですが、目にも何らかの合併症となることを見落としがちです。 Read More >
心血管疾患の予防と治療における新たな洞察
2022年9月07日
本日は、当社のクライアントが発表された研究論文を例に、遺伝子治療の前臨床研究の考え方をご紹介します。 Read More >
欧米で発症率が高い希少疾患―筋萎縮性側索硬化症(ALS)
2022年8月31日
ALSは運動ニューロン疾患であり、運動ニューロンが選択的に侵され、筋肉に二次的な損傷を与える神経疾患群です。疫学調査によると、ALSの発症率は1.9/105、有病率は4.5/105、平均発症年齢は55歳。 Read More >
筋萎縮性側索硬化症(ALS) - 時間と闘う難病
2022年8月24日
筋萎縮性側索硬化症(ALS)は、運動ニューロン疾患(MND)の1種であり、随意筋を制御する運動ニューロンが徐々に失われていく神経変性疾患です。 Read More >
ハンチントン病(HD)動物モデルへの新たな洞察
2022年8月17日
前回、ハンチントン病について、その症状や病態変化、治療法などを紹介しました。今回は、HDの原因遺伝子、その他の治療法、関連する動物モデルの応用などを紹介し、HDの謎をさらに解き明かしていきます。 Read More >
CAR-NK細胞療法研究が急速発展を遂げている理由
2022年8月10日
CAR-T細胞とは?CARの正式名称は、Chimeric Antigen Receptorと呼ばれ、キメラ抗原受容体と訳されています。 Read More >
網膜色素変性症:遺伝性眼疾患
2022年8月03日
膜色素変性症網は、別名「鳥目とか夜盲」とも呼ばれ、失明に至る可能性のある進行性の遺伝性網膜疾患です。 Read More >
網膜色素変性症(RP)動物モデルへの新たな洞察
2022年7月27日
網膜色素変性症(RP)は、ヒトの臨床発症率が1/4000といわれる慢性失明疾患です。その治療効果や予後が悪く、最終的には失明に至ることもあり、患者やその家族に大きな精神的ストレスをもたらしています。 Read More >
ハンチントン病——呪われし「舞踏」
2022年7月20日
ハンチントン病(HD)は、ハンチントン舞踏病とも呼ばれ、主に遺伝性の神経変性疾患です。 Read More >
マウスモデルカタログ