マウスモデルカタログ

ニュースレター

  • ヒト化マウスはヒト肝細胞を持つキメラマウスの応用でどんな意義があるか? 

    ヒト肝細胞を持つキメラマウスを作製することにより、ヒトの肝臓発病因子(C型肝炎、B型肝炎とD型肝炎などのウイルス)を研究するために可能性を提供する。このモデルの常用の策略はまずマウスの肝臓細胞を破壊し、移植者の肝臓細胞のためのスペースを提供することである。例えば、一般的なモデルは、フマリルアセト酢酸ヒドラーゼ(Fah)を破壊する。また、ウロキナーゼ型プラスミノーゲン活性化因子(uPA)、ジフテリア毒素受容体(DTR)と単純疱疹ウイルス1型チミジンキナーゼ(TK)などの調節できる「毒性・自殺」遺伝子を発現することで、肝細胞への特異性損傷作用を発揮する。 もっと見る ›

  • ヒト化マウスモデルはヒト伝染性疾患の研究をどうサポートするか? 

    ヒト化マウスモデルは、ヒト組織が必要とする特異性の病原を持つ感染及び複製機能を研究するための機会と可能性を提供する。人の免疫細胞を免疫不全マウスに移植することにより、多くの人特異性の病原が感染機能を発揮させる。もちろん、解決する必要がある問題によって、異なるマウス品系と移植方法を組み合わせて最適な動物モデルを選択する必要がある。現在、ヒト化マウスはHIV、デング熱ウイルス、EBウイルス、インフルエンザウイルス、チフス/サルモネラ菌、結核菌、エボラウイルス、マラリア、敗血症などの感染性疾患に応用されている。 もっと見る ›

  • 常用の免疫不全マウスモデルのデメリットは?どのような改善方法と策略があるか? 

    初期の免疫不全マウス(SCID、NOD-SCIDなど)に対して、免疫不全IL2rgマウスは既に人の細胞、組織と免疫システムを成功に移植することを支持する能力がある。しかし、このモデルの実用におけるいくつかの不足をさらに改善するために、このようなモデルに基づいて、世界の多くの実験室は免疫不全マウスモデルをさらに改善するために、より効果的なヒト疾患モデルの開発に努力し続けている。こんな努力は主にどのように人の先天的免疫システムと体液免疫発育成熟と機能効果を増加する分野に集中している。 もっと見る ›

  • 免疫不全マウスに基づいたヒト化マウスモデルの作製方法は? 

    現在、ヒト細胞及び組織を免疫不全マウスの体内に移植することにより、ヒト化マウスモデルを作製する。その操作過程は比較的に簡単で、効率が高く、かつコストが低いため、この方法で作製したヒト化マウスは既にヒト伝染性疾患、癌、再生医学、移植と宿主、アレルギーと免疫などの分野の基礎研究と前臨床実験動物モデル研究に広く応用されている。現在、免疫不全マウスを使ってヒト免疫系を構築するのに、通常3つの方法がある。 もっと見る ›

  • 免疫不全マウスにどんな問題と挑戦があるか? 

    マウス自身の先天的免疫系とサイトカインが存在しているため、マウス体内のヒトリンパ球や骨髄細胞の発育成熟と機能発揮を妨害する。これは現在免疫不全マウスの主な問題である。この問題を解決するために、弊社は多種のノックアウトマウス株(マウス顆粒球やマクロファージ機能の破壊など)を作製し、さらにマウスの先天的免疫を低下させる目的を達成した。 もっと見る ›

  • なぜヒト化マウスモデルを作製するのか?ヒト化マウスモデルの発展歴史は? 

    人の細胞や組織を直接に利用する研究は論理的・倫理的に制約があるため、動物モデルが人類生物学研究の代替的な選択肢となる。マウスは体積が小さく、飼育が容易で繁殖周期が短く、ヒトとゲノムや生理学的な点で似た特徴を持っており、更に、確立された遺伝子編集方法が既にあり、広く使用されている哺乳動物モデル系統となった。 もっと見る ›

  • 【Gene of the Week】アルツハイマー病の原因遺伝子TREM2 

    サイヤジェン株式会社の新たなコラム「Gene of the Week」が毎週オンラインで情報を紹介することになりました。研究者様が毎週遺伝子を1つ把握させるために、毎週遺伝子を1つご紹介します。もし少しでもお役に立てたのであれば光栄です。今日はTREM2遺伝子をご紹介いたします。 もっと見る ›

  • 【Gene of the Week】アルツハイマー病の原因遺伝子APOE 

    研究者様が毎週遺伝子を1つ把握させるために、毎週遺伝子を1つご紹介します。もし少しでもお役に立てたのであれば光栄です。今日はAPOE遺伝子をご紹介いたします。 もっと見る ›

  • 新製品発売:サイヤジェン株式会社の薬物選別評価プラットフォーム 

    研究者様が欧米先進国の高品質の疾患動物モデルを迅速に入手されるのを助けるために、サイヤジェン株式会社はgenOwayと戦略的パートナーシップを達成し、重症免疫不全マウスモデルBRGSFと免疫チェックポイントヒト化マウスモデルを含む海外の高品質モデルを導入しています。 もっと見る ›

  • 【Gene of the Week】アルツハイマー病の原因遺伝子PSEN1(Presenilin 1) 

    サイヤジェン株式会社の新たなコラム「Weekly gene」が毎週オンラインで情報を紹介することになりました。研究者様が毎週遺伝子を1つ把握させるために、毎週遺伝子を1つご紹介します。もし少しでもお役に立てたのであれば光栄です。今日はPSEN1遺伝子をご紹介いたします。 もっと見る ›

  • お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

    *

    ユーザー名は必要です

    *

    ユーザーのメールアドレスは必要です

    有効なメールアドレスを入力してください

    *

    私たちについて必要

    *

    内容は必要です