マウスモデルカタログ

ニュースレター

  • Creラットモデル 

    研究者様がコンディショナルノックアウト(cKO)とコンディショナルノックイン(cKI)ラットモデルを開発する時、1つの主な制限は目標標的に対するCre品系の不足です。ラットに関する設備が高いため、任意の品系のCre-loxラットの作製もすぐコストまたはスペース制限に直面します。 もっと見る ›

  • C-NKGマウス 

    C-NKGマウスはサイヤジェン株式会社がCRISPR/Cas9技術を使用してNOD/Shi-Scidバックグラウンド品系でIl2rg遺伝子をノックアウトした重症免疫不全マウスである。NKGマウスは成熟したT、B、NK免疫細胞を欠けていて、補体活性が低下し、マクロファージがヒト由来細胞に対する呑噬力が弱いため、ヒト造血幹細胞(HSC)、末梢血単核細胞(PBMC)、患者の異種移植組織(PDX)或いは成体幹細胞と組織を高効率に移植でき、免疫不全の程度が高く、腫瘍、免疫、自己免疫疾患、免疫治療ワクチン、GvHD /移植、安全性評価などの分野で優れたモデルと認められている。 もっと見る ›

  • サイヤジェン株式会社動物繁殖管理システム2.0 

    2020年の初め、サイヤジェン株式会社は人民元2.85億元のIPO融資を完成しました。今回の資金はサイヤジェン株式会社の国内外での業務範囲を拡大し、動物飼育繁殖施設の建設を拡大し、今年中に中国華中、華北、華南、西南の総面積が40,000平方メートルを超える施設建設を完成させ、米国、ヨーロッパ、アジア太平洋地域における競争力を強力に推進し、欧米の業界リーダーとの緊密な協力を通じてサイヤジェン株式会社のグローバルを拡大させます。同時に、国内外のお客様のより高い要求を満たすために、サイヤジェン株式会社の動物繁殖管理システムは新たにCyagen Colony Management System 2.0 (CCMS2.0)に拡大しました。健康診断、遺伝コントロールから人材育成、個性的な繁殖などを最適化し、全面的に研究者様の動物繁殖に対する要求を満足致します。 もっと見る ›

  • どのようにラットの優位性を最大化するか? 

    マウスと比べ、ラットは生理的特徴、形態と遺伝子が人類にもっと近い。同時に、ラットは大きい体と臓器があり、数回のサンプリング、及び体内の電気生理学、神経外科と神経影像学のプログラム操作を行いやすい。そのため、ラットは毒理学、奇形学、内分泌学、腫瘍学、神経病学、実験老年学、心血管、歯科と実験寄生虫学等の研究にもっと適切である。 もっと見る ›

  • 未来への希望-新型コロナのワクチンの開発と中和抗体につき 

    新型コロナウイルスとの戦い、全世界の科学研究者と医療関係者を日々絶えず努力することが必要である。7月以来、科学者たちは自主的な研究開発と団体協力を通じ、中和抗体の開発及びワクチンII期の臨床実験を成功させ、さらに続き実験において人類とウイルスの戦いに良い結果が期待される。 もっと見る ›

  • 点突然変異マウス、トランスジェニックマウスとESターゲット技術で作製したマウスをどう同定するか? 

    遺伝子工学マウス遺伝子型PCR同定の基本原則は遺伝子工学マウスと野生型マウスとのゲノム配列の違いを利用して、マウスゲノムDNAをテンプレートとしてPCRを行い、ゲル電気泳動比で異なる遺伝子型の特異産物のサイズを比較し、ストリップの大きさによってマウスの異なる遺伝子型を区別することである。前回はノックインマウスの同定を説明しました。今回は点突然変異マウス、トランスジェニックマウスとESターゲット技術で作製したマウスの同定を紹介します。 もっと見る ›

  • ノックインマウスをどう同定するか? 

    前回はコンディショナルノックインマウスの同定を説明しました。今回はノックインマウスの同定を紹介します。外来DNAのシーケンスを正確に挿入するか、両側の相同腕のターゲットが正しいか検証するために、F1/R1を使用して5'arm末端を検証し、F2/R2を使用して3'arm末端を検証する。挿入区域に位置するプライマーをもう一対設計してもいい。陽性と同定されたマウスが引き続きSouthern Blot検証を行う。 もっと見る ›

  • コンディショナルノックインマウスをどう同定するか? 

    遺伝子工学マウス遺伝子型PCR同定の基本原則は遺伝子工学マウスと野生型マウスとのゲノムのシーケンスの違いを利用して、マウスゲノムDNAをテンプレートとしてPCRを行い、ゲル電気泳動比で異なる遺伝子型の特異産物のサイズを比較し、ストリップのサイズによってマウスの異なる遺伝子型を区別することである。前回はコンディショナルノックアウトマウスの同定を説明しました。今回はコンディショナルノックインマウスの同定を紹介します。 もっと見る ›

  • パターン認識受容体PRRsとウイルスPAMPの間の関係性 

    パターン認識受容体(Pattern recognition receptors, PRRs)は機体の先天的な免疫システムの重要な構成部分である。存在形態は多様であり、細胞膜だけでなく、エンドソーム、リソソーム膜、細胞質にも広く分布している。それらの役割はウイルス分子の存在を監視し、機体の炎症反応と抗ウイルス免疫の信号伝導通路を起動し、宿主に感染を免れさせることである。ウイルスが宿主細胞に侵入した後、細胞内の塩基成分を利用して新たなウイルスゲノムを生成し、ウイルスの複製中間体の形成と堆積によりウイルス核酸の主要の病原関連分子モード(pathogen-associated molecular patterns, PAMP)を形成した。これらの分子はPRRsが識別する対象である。 もっと見る ›

  • コンディショナルノックアウトマウスをどう同定するか? 

    遺伝子工学マウス遺伝子型PCR同定の基本原則は遺伝子工学マウスと野生型マウスとのゲノムのシーケンスの違いを利用して、マウスゲノムDNAをテンプレートとしてPCRを行い、ゲル電気泳動比で異なる遺伝子型の特異産物のサイズを比較し、ストリップのサイズによってマウスの異なる遺伝子型を区別することである。今回はコンディショナルノックアウトマウスの同定を紹介します。 もっと見る ›

  • お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

    *

    ユーザー名は必要です

    *

    ユーザーのメールアドレスは必要です

    有効なメールアドレスを入力してください

    *

    私たちについて必要

    *

    内容は必要です