新型コロナウイルス感染症
マウスモデルカタログ

ニュースレター

  • 弊社報告書:コウモリから人間までに、新型コロナウイルスはなぜこんなに手強いのか 

    新型コロナウイルスの起源はまだ確定されていないが、科学界者は各種データから初歩的な解析により、コウモリは新型コロナウイルスの最初の伝播源と考えられている。この論点が正しければ、新型コロナウイルスがコウモリからヒトに移るために体力が不可欠である。全世界の疫病の状況により、新型コロナウイルスの変化は人類に体力消耗していくのではなく、常に変異している。本文を通じて、コウモリから人類まで新型コロナウイルスは何を経験したのか検討しようと考えています。なぜ人間の世界でこんなに手強いのか。最後に終息可能なのか。 もっと見る ›

  • 弊社報告書:新型コロナウイルスの年齢嗜好と男女平等意識について 

    科学研究者が新型コロナウイルスに対する研究がますます深くなるにつれて、我々が新型コロナウイルスに対する認識も徐々に深まってきている。ビッグデータの調査によると、新型コロナウイルスは年齢や性別によって感染程度が異なるという。本文はこのような年齢嗜好と男女差異の根源を簡単に分析する。 もっと見る ›

  • 弊社報告書:新型コロナウイルスが群衆によって異なる表現型を引き起こす原因の分析につき 

    前編で主に新型ウイルス感染の性別差異があり、妊婦に感染しやすいと説明しました。これらはウイルス自体の嗜好性ではなく、感受性の高い群衆自身の体調と密接に関連している。具体的な原因は何でしょう。これらの原因はどうやって体の感受性を引き起こすか、以下のようにご説明します。 SARS-CoV-2の宿主受容体はACE2分子であることを知っているが、ACE2はレニン−アンギオテンシン系(RAS)の血管調節機能に参与している。ここでまず新型コロナウイルスと心血管の関連からご説明します。 もっと見る ›

  • 異なる人種における新型コロナウイルスの感染差異の概要 

    科学研究者が新型コロナウイルスに対する研究が徐々に深くなるにつれて、我々は新型コロナウイルスが多数の関連研究分野における応用価値を発見した。データ調査によると、コロナウイルスは性別や年齢によって感染程度が異なることがわかった。 もっと見る ›

  • 非アルコール性脂肪性肝疾患動物モデルの概要 

    非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)は非アルコール性脂肪肝(NAFL)と非アルコール性脂肪 肝炎(NASH)を含む疾患概念であり、肝硬変(burned-out NASH)や肝癌に進展する可能性がある。 Younossi氏の研究によると、「NAFLDは世界的に肝臓疾患の最も重要な原因の一つであり、今後数十年にわたって肝臓疾患末期の主な原因になる可能性が高く、この病気は成人や子供に影響を及ぼす」という。 もっと見る ›

  • 新型コロナウイルス感染症の研究におけるマウスモデルの応用 

    2020年3月11日世界保健機関(WHO)は、COVID-19アウトブレイクを世界的なパンデミックとして再分類することを発表。急速に感染拡大するこの疾患と、世界中の国々との戦いが始まりました。臨床治療、ワクチン、および抗ウイルス薬を開発に向け、ヒトコロナウイルス(hCoV)とホスト分子の間の相互作用メカニズムを研究し、ウイルスの病原性プロセスを調査する事が非常に重要です。それにつき当社の技術部長Dr. Steve Yu 氏は日本の研究.comのインタビューを受けました。 もっと見る ›

  • パーキンソン病(PD)-動物モデルで遺伝を研究 

    パーキンソン病(PD)の症例の大多数は特発性であるが、少数の症例は既知の遺伝要因がある―家族性パーキンソン病の診断結果に示している。およそ5%‐15%のパーキンソン氏の症例はいくつかの特定遺伝子のうちの一つが突然変異したことによるものである。パーキンソン病に関するので、これらの遺伝子はPARK遺伝子と称される。パーキンソン病を引き起こす遺伝変異は常染色体の劣性遺伝或いは常染色体の優性遺伝によって伝播され、突然変異した特定遺伝子による。家族性或いは散発性パーキンソン病の発病を引き起こすことができる。 この概要では、パーキンソン病(PD)に関する主要な遺伝子を分析し、他の病理における意味を調査する。下文にPARK遺伝子、TRB3と既存のこれらの標的を体内で研究するのに用いるマウスモデルの情報が含んでいる。 もっと見る ›

  • 出口見えぬ、新型コロナウイルスの大流行はいつ終わる? 

    新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のこれまでの経緯について 重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)によるコロナウイルス感染症(COVID-19)は、これまでの世界の緊急事態となっている。 今後の研究やワクチン開発のヒントとなることを課題となり、ウイルスの起源からいままでの研究の状況をまとめました。 SARS-CoV-2の起源: 伝染病とエピデミオロジーの調査、及びシーケンス分析を通して、中国の科学者はSARS-CoV-2が最初コウモリから起源したと発見した。コウモリと人類の生活環境がかなり離れているので、ウイルスを直接にコウモリから人に伝えるのはそうやすくないようである。そして中間宿主が科学研究界で証明する必要な課題となる。鱗甲目か?蛇か?ネコか?いろいろなど説が出てきました。ネコがウイルスを感染しやすい、ネコの間で新型コロナウイルスを伝播することは実験的に証明されたが、ネコが新型コロナウイルスを直接に人類に感染できるかどうかは、更なる実証が必要である。 もっと見る ›

  • 動物モデルに関するオンラインでお問い合わせ 

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、当面の間、展示会、シンポジウム、学会にも開催できず、研究者様と向き合う交流の機会も失っております。現在、サイヤジェンのエキスパートチームは全部職場に復帰でき、研究に専念しております。研究者のニーズをよりよくサポートするために、弊社はいつでもオンラインでのお問い合わせを受付、専門な遺伝子改変マウスモデルサービスを提供致します。 もっと見る ›

  • なぜC57BL/6の研究を好み、なぜBALB/cの研究を好みでしょうか? 

    概要:家族の巨大な遺伝子組換えマウスの中に、疑問がたくさんあるでしょうか?遺伝子的背景品系をどう選ぶか?組換え技術をどう選択するか? 遺伝子組換えマウスの多種類があります。実際の応用では、研究内容や目的に応じて適切な遺伝子組換えマウスを選択してこそ、良い実験結果が得られる。私たちは通常、研究内容によって背景品系、編集遺伝子、修飾方式及び構築技術のいくつかの方面から適切な遺伝子組換えマウスを選ぶ。今日はまず2つの研究でよく使われる背景品系と構築技術の選択について紹介します。 もっと見る ›

  • お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

    *

    ユーザー名は必要です

    *

    ユーザーのメールアドレスは必要です

    有効なメールアドレスを入力してください

    *

    内容は必要です