• お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

ニュースレター

  • 「Weekly Research Models」腫瘍治療薬の潜在的なターゲット——IGF1RとIgf1rノックアウトマウスにつき 

    インスリン様成長因子1受容体、この受容体は、インスリン様成長因子と高親和性で結合します。それは、チロシンキナーゼ活性を有します。インスリン様成長因子1受容体は、形質転換イベントにおいて重要な役割を果たしています。この遺伝子は、タンパク質前駆体の開裂によって生成されたαサブユニットおよびβサブユニットをコードします。ほとんどの悪性組織で過剰発現しており、細胞の生存率を高めることで抗アポトーシスの役割を果たしています。 もっと見る ›

  • 【Gene of the Week】 エピジェネティック・スーパースター — KDM2b 

    KDM2bコードは、F-boxタンパク質ファミリーのメンバーで、F-boxタンパク質ファミリーは約40個のアミノ酸の特徴的なモチーフを有します。F-boxタンパク質は、ユビキチンリガーゼ複合体SCF(SKP1-cullin-F-box)を構成する4つのサブユニットのうちの1つで、リン酸化仲介ユビキチン化効果があります。Fボックスタンパク質は、3つの種類に分けられます。 もっと見る ›

  • 「Weekly Research Models」Calcaノックアウトマウスにつき 

    この遺伝子は、遺伝子転写産物のRNA選択的スプライシング、不活性な前駆体タンパク質の切断により、ペプチドホルモンであるカルシトニン、カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)、カタカルシトニンをコードしています。カルシトニンは、カルシウムの調節に関与し、リンの代謝を調節する役割を担っています。カルシトニン遺伝子関連ペプチドは、血管拡張剤や抗菌ペプチドとしての機能を有し、カタカルシトニンはカルシトニン・ペプチドの一種です。 もっと見る ›

  • 【Gene of the Week】特発性肺線維症の重要な致命的な肺疾患である−Cav1 

    Cav1遺伝子は、Caveolin-1(CAV-1)タンパク質をコードする役割を担っています。このタンパク質はカベオリン-1とも呼ばれており、キメラタンパク質Caveolinファミリー・メンバーの一つです。このタンパク質ファミリーには、Caveolin−1、Caveolin−2、Caveolin−3という3種類のタンパク質が含まれています。 もっと見る ›

  • 「Weekly Research Models」高脂質・高コレステロール・高果糖の食事誘導によるNASHマウスモデルです 

    動物に高脂質、高糖分飼料を投与して作った脂肪肝モデルは、その主な発病機序が栄養過剰であり、食物中の脂質、コレステロールと(または)糖類が過剰であり、完全に吸収利用することができず、脂質が肝臓に蓄積して脂肪肝を引き起こし、更に肝炎性変化と繊維化が出現します。このモデルはヒトの非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)に類似、最も一般的なNAFLD動物モデルです。 もっと見る ›

  • 【Gene of the Week】NOD2と炎症性腸疾患 

    NOD2(Nucleotide-binding oligomerization domain 2)は、NLRC2とも呼ばれ、NLRファミリーに属し、グラム陽性菌およびグラム陰性菌のペプチドグリカン(PGN)由来の細胞内パターン認識受容体(PRRs)です。 もっと見る ›

  • 【Weekly Research Model】免疫不全マウスNOD scid 

    NOD scidマウスは、適応免疫系が欠け、自己免疫性糖尿病が発生しなくなるというSCID鼠の特徴を持っているほか、NODマウスが持っている様々な固有免疫不全(NK細胞の活性が低い。骨髄機能の異常。約30%の同型接合体は補体C 5なく、補体システムの溶血活性に欠ける)も表現していて、より容易的で移植に成功し、安定的に応用できる動物モデルである。 もっと見る ›

  • 【Gene of the Week】神経系発達障害疾患原因遺伝子MeCP2 

    MeCP2は哺乳類の学習能力・記憶力に重要な影響を与え、Rett症候群とMeCP2重複症候群の原因遺伝子でもある。MeCP2は、複数のメカニズムによって遺伝子転写に顕著な影響を与える。また、明確な表現型の学習・記憶動物モデルがあり、学習と記憶の中の遺伝子転写研究の理想的な対象である。MECP遺伝子は主に転写制御機能を発揮する。 もっと見る ›

  • 【Weekly Research Model】飲食誘発の非アルコール性脂肪肝疾患マウスモデル 

    【Weekly Research Model】飲食誘発の非アルコール性脂肪肝疾患マウスモデル     疾患動物モデルは人類疾患の発生発展メカニズムの研究、薬物選別及び治療効果評価に必要なツールであり、良い疾患動物モデルは新薬の研究開発を加速することもできます。まだマウスモデルの選択と構築に悩んでいますか?サイヤジェンの新しいコラム「Weekly Research Model」は掲載されました。毎週更新して、1つの疾患マウスモデルの物語を語り、皆様が異なる疾患マウスモデルを理解することに役に立てる もっと見る ›

  • 【Gene of the Week】腫瘍研究人気遺伝子PTEN 

    PTENはこれまでに発見された最初の二重特性ホスファターゼ活性を持つ腫瘍抑制遺伝子であり、脂質ホスファターゼとプロテインホスファターゼの二重特異性があり、細胞内の複数のシグナル伝達経路の制御に重要な役割を果たし、発見された以来、多くの学者の注目を集めている。PTEN脂質ホスファターゼの活性は、ホスホイノシチド三リン酸(PIP3)を脱リン酸化してホスホイノシチド二リン酸に変化させ活性を失わせ、その後、Pl3K/AKT通路を抑制し、細胞の成長を抑制し、細胞周期を制御する。 もっと見る ›

マウスモデルカタログ