ヒト腫瘍細胞株由来の異種移植(CDX)モデル

ヒト腫瘍細胞株由来の異種移植(CDX)とは、体外で継代培養した腫瘍細胞を免疫不全マウスに接種することである。腫瘍細胞増殖の研究と体内での薬物選別に最もよく用いるモデルの一つである。細胞が体外で長期に継代していて、高度同源性を呈するため、モデルを作製しやすく、重複性が良い。但し、体外で継代培養しているうち、腫瘍の異質性は元の腫瘍組織と大きな差異がある。

 

サイヤジェン株式会社は腫瘍の生長曲線・体重曲線、血の生化学指標、病理検査(凍結切片、パラフィン切片、HE染色、免疫組織化学等)、フロー、分子検測等の多種類の評価方法を提供し、薬物作用メカニズム分析の多様なニーズに満たします。

品系:BALB/c nude(ヘアレスマウス) 、NOD scid 、重度免疫不全マウスBRGSFとC-NKG等。

接種位置:一般的に皮下、静脉或いは旧位に接種する。

 

サイヤジェン株式会社は多種類の有効なCDXモデルを設立しました。乳癌、肝臓癌、腸癌、膵癌、肺癌、胃癌、腎がん、前立腺癌、黒色腫、膀胱癌、白血病、卵巣癌、脳癌等のCDXマウスモデル及び対応するモデルに対して高度個性化の体内薬効学サービスを提供します。

精選したCDXモデルの例

人の非小細胞肺癌細胞A549の皮下での腫瘍発生モデル

図1. A549細胞の皮下での腫瘍発生試験。A549細胞をBALB/C Nude、NOD/SCIDとBRGSFマウスの皮下に注射して接種し、異なる時点で腫瘍発生体積を測定する。

図2. ヘアレスマウスの皮下にA549細胞を接種して40日後のマウスの写真。


ビジネス・開発・コラボレーションの機会については、お問い合わせください

ユーザー名は必要です

Institution/Affiliation can not be empty

ユーザーのメールアドレスは必要です

有効なメールアドレスを入力してください

The content can not be empty

The content can not be empty

マウスモデルカタログ