• お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

新たな文献に引用されたカスタムcKOマウスモデル

シェア Facebook Twitter Line
2021年5月18日

ここでインパクトファクター(IF)の高い文章を精選しました。これらの文章は免疫学、炎症学、細胞生物学、腫瘍学、分子生物学、消化器病学等の広い分野をカバーし、引用されたコンディショナルノックアウト(cKO)マウスはサイヤジェン株式会社より作製しました。

精選した動物モデル関連文章

研究応用

標的遺伝子

文章タイトル

ジャーナル

免疫学、腸

Ddx58

Commensal viruses maintain intestinal intraepithelial lymphocytes via noncanonical RIG-I signaling.

Nature Immunology
PMID: 31636462

細胞生物学、心血管

SAHH(Ahcy)

Inhibition of S-Adenosyl homocysteine Hydrolase Induces Endothelial Dysfunction via Epigenetic Regulation of p66shc-Mediated Oxidative Stress Pathway

Circulation
DOI:10.1161/circulationaha.118.036336

腫瘍学

Trib3

TRIB3 Promotes APL Progression through Stabilization of the Oncoprotein PML-RARa and Inhibition of p53-Mediated Senescence

Cancer Cell
DOI: 10.1016/j.ccell.2017.04.006

細胞生物学

CK2α′

Small molecule induces mitochondrial fusion for neuroprotection via targeting CK2 without affecting its conventional kinase activity

Signal Transduct Target Ther.
DOI: 10.1038/s41392-020-00447-6

免疫学

NMBR

Basophils prime group 2 innate lymphoid cells for neuropeptide-mediated inhibition

Nature Immunology
DOI: 10.1038/s41590-020-0753-y

免疫学

Rab27a

Specific Decrease in B-Cell-Derived Extracellular Vesicles Enhances Post-Chemotherapeutic CD8+ T Cell Responses

Immunity
DOI: 10.1016/j.immuni.2019.01.010

分子生物学、代謝

DDIT

DDIT3 Directs a Dual Mechanism to Balance Glycolysis and Oxidative Phosphorylation during Glutamine Deprivation

Advanced Science
DOI: 10.1002/advs.202003732

消化器病学

TMEM16A

Hepatocyte TMEM16A Deletion Retards NAFLD Progression by Ameliorating Hepatic Glucose Metabolic Disorder

Advanced Science
DOI: 10.1002/advs.201903657

分子生物学

Larp7

LARP7-Mediated U6 snRNA Modification Ensures Splicing Fidelity and Spermatogenesis in Mice

Molecular Cell
DOI: 10.1016/j.molcel.2020.01.002

代謝、肝臓

Crebzf

Hepatic CREBZF Couples Insulin to Lipogenesis by Inhibiting Insig activity and Contributes to Hepatic Steatosis in Diet-Induced Insulin-Resistant Mice

Hepatology
DOI: 10.1002/hep.29926

 

遺伝子動物モデルは人類疾患の機制を正確に理解するのに非常に重要であり、各研究分野で重要な役割を果たしています。2005年起業して以来、サイヤジェン株式会社は既に4,800以上の出版物に引用されました——これらの出版物は全部参考資料として使用することができます。

>> 更新された引用文献を検索する

 

サイヤジェンコンディショナルノックアウト(cKO)マウスの技術的利点:

サイヤジェン株式会社は総合的なサプライヤーとして、革新的なCROサービスプラットフォームを設立し、腫瘍、免疫、代謝、内分泌、心血管、神経及び伝染病などの分野の科学研究と薬物開発選別に奉仕します。

TurboKnockout® 遺伝子ターゲティングマウス作製サービス

  • 特許リスクなし:医薬品開発プロジェクトに最適な技術。
  • オフターゲット効果なし:複雑な遺伝子ノックアウトに対応できます。
  • 成功率:生殖細胞系列伝達(GLT)が100%保証されています。
  • サイクル:自己削除Neoでは、サービスサイクルをさらに短縮し、マウスの交配プロセスを簡素化し、最短6ヶ月で完了できます。
  • loxP部位の制限なし:固定領域のサイズ制限がありません
  • 100%返金保証

詳細はこちら >>

 

CRISPR-Pro 遺伝子ターゲティングマウス作製サービス

  • ラージフラグメント遺伝子編集を実現できます:最大15kbの遺伝子ノックイン、最大500kbのラージフラグメントノックアウト。
  • 正確度:遺伝子組換えが正確であり、効果が安定しています。
  • 高効率:サイクルが短く、効率が高く、モザイク率が高く、生殖遺伝が安定しています。
  • 保障:100%返金保証

詳細はこちら >>

 

Cyagenノックアウトマウスライブラリ

16000種以上のKO/cKO系統マウス、3000種以上の生体マウス品系を所有、早くて2週間で納品

>> 遺伝子名称を入力すると、弊社の在庫情報と見積もりが入手できます。

 

cKOマウスを購入すると、無料でKOマウスがもらえる

cKOマウスを購入いただくと、KOマウスを無料でブレゼントいたします!cKOマウスとノックアウトマウスは今限定180万円、早くて7週間で納品可能です。

>> 無料KOマウスをゲットしましょう

 

FREE Webinar:遺伝子改変ラット・マウスモデルの作製革新技術及び応用 

遺伝子改変ラット・マウスを初期段階の際に、各種の遺伝子改変マウスの作製技術と原理についていろんな疑問を抱いているか?ES細胞ターゲティング技術とCRISPR/Cas9技術のどっちが優れているか?更にどのようにニーズに応じて適切な遺伝子改変ラット・マウスを選択するか。今回のオンライン講座で、サイヤジェン株式会社の日本エリア専門家Dr. Angel Yao(関西医科大学出身の腫瘍ウイルス学)が、遺伝子改変ラット・マウスの技術発展過程及びモデル作製方法について説明します。

>> 今すぐオンラインで予約しましょう!

 

動物モデルサポートサービス

● ラット・マウスの表現型解析につき
● 繁殖拡大加速化
●凍結保存
● 小動物手術疾患モデル›

詳細はこちら >>

ご興味をお持ちいただけましたら、03-6304-1096もしくはservice@cyagen.jpまでお問い合わせください。

 

サイヤジェン株式会社について

サイヤジェン株式会社は15年間の発展を経て、全世界の数万人の科学研究者にサービスを提供しており、製品と技術は直接にCNS (Cell、Nature、Science)の定期刊を含む5,200余りの学術論文に応用されています。弊社の「ノックアウトマウスライブラリ」は低価格だけでなく、遺伝子名称を入力すれば、ワンクリックで注文まで操作できます。 ノックアウトマウスノックインマウスコンディショナルノックアウトマウストランスジェニックマウスGFPマウス免疫不全マウス無菌マウスなどのカスタマイズサービスを提供する以外、専門的な手術疾患モデルチームがあり、多種の複雑な小動物手術疾患モデルも提供できます。

 

サイヤジェン株式会社(Cyagen Japan) 
アジア営業部 
TEL:03-6304-1096 
Email: service@cyagen.jp
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-20-10 宝生第一ビル4階

お問合せフォーム
通常1〜2営業日以内でご回答いたします。
マウスモデルカタログ