マウスモデルカタログ

BALB/c背景ES細胞をターゲットTurboKnockout® を選ぶ

サイヤジェンは、BALB/cマウスモデルは当社独自のTurboKnockout® 技術を含む全ての胚胎幹細胞(ESC)に基づく遺伝子標的サービスを用いられることに誇りをもって発表します。

 

BALB/c系統マウスの研究領域での重要性につき

BALB/c背景マウスは白化、免疫欠陥という特徴があり、発がん物質に対して極めて敏感で、腫瘍学、免疫学、核医学研究用マウス系統である。新薬の開発プロジェクトに必要な実験動物の選択肢である。BALB/c品系への鉱物油注射は迅速に形質細胞腫を誘発するため、これはモノクローナル抗体の作製にも広く使われています。

 

ジーンターゲティングのために安定なBALB/c胚胎幹細胞を開発するに関する

通常はBALB/c系のES細胞培養は難しく、ES細胞ターゲットを用いたモデル構築も難しいことです。これらの問題に対して、サイヤジェン株式会社は約2年間にわたって数多くBALB/c系ES細胞を選別し、ES細胞ごとに性別鑑定、核型安定型テスト、全能型テスト、生殖嵌合能力テストと最後の生殖系遺伝嵌合テストを含めた大量の実験を行い、最後に安定な種子細胞を選定し、BALB/cのES細胞ターゲットモデル構築を実現した。

 

サービスメリット

BALB/c系ES細胞を厳しく選別する: サイヤジェン株式会社は数多くBALB/cのES細胞を選別して、ES細胞ごとに性別鑑定、核型安定型テスト、全能型テスト、生殖嵌合能力テストと最後の生殖系遺伝嵌合テストを含めた大量の細胞実験を行い、最後に安定なES細胞を選定し、ES細胞ターゲットモデル構築に用いる。

 

腫瘍学の研究用マウス: BALB/c系マウスは発ガン物質に対し極めて敏感で、腫瘍学、免疫学、核医学の研究及びモノクローナル抗体の作成によく用いられ、新薬の開発プロジェクトに必要な実験動物の第一選択肢である。

 

オフターゲット効果の影響なし: TurboKnockout®遺伝子ノックアウト技術は伝統的なESターゲティング技術を基づく以外、遺伝子サイレンシングが正確で、効果安定で、オフターゲット効果もなく、難易度の高いBALB/c系マウスの遺伝子組換えにもが対応可能である。

 

特許権の紛争なし: CRISPR/Cas9技術と比べ、TurboKnockout®技術は特許権の紛争がなく、新薬開発プロジェクトに関連する第一選択の技術法である。

 

周期は更に短い: 「キメラ」段階からNeoを自己削除して2世代分の繁殖時間を減らし、ESターゲットより6ケ月短縮することができる。

 

TurboKnockout® 遺伝子標的技術の新薬開発領域での応用につき

サイヤジェン株式会社のBALB/c系TurboKnockout®  遺伝子編集技術は伝統的なESターゲティング技術を基づき、遺伝子編集が正確さ、効果安定さ、オフターゲットもなく、複雑な遺伝子ノックアウトにも対応可能である。また、CRISPR/Cas9技術と比べ、TurboKnockout®  技術は特許の紛争も心配なく、新薬への開発プロジェクトに常用な技術である。

 

サイヤジェン株式会社について

サイヤジェン株式会社は15年間の発展を経て、すでに全世界の数万人の科学研究者にサービスを提供しており、製品と技術はすでに直接にCNS (Cell、Nature、Science)の定期刊を含む3,600余りの学術論文に応用されている。サイヤジェン株式会社“ノックアウトマウスライブラリ”は低価格だけでなく、Nlrp、Mettl、Nrf、Sirt、Tlr、Pten、Fto、Parkなど研究に盛んな遺伝子を約90%カバーし、16,000種類以上のKO/cKO系統マウスを2週間の最短納期で提供しております、「遺伝子ID」を検索すれば、ワンクリック注文まで操作完了です。 

 

サイヤジェン株式会社(Cyagen Japan)

TEL:03-6304-1096

Email: service@cyagen.jp

〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-20-10 宝生第一ビル4階

  • お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

    *

    ユーザー名は必要です

    *

    ユーザーのメールアドレスは必要です

    有効なメールアドレスを入力してください

    *

    内容は必要です