マウスモデルカタログ
サイヤジェンの新設された実験動物センターの お得キャンペーン! ノックアウトラットモデル、今なら200万円

モデル動物の中で、ラットはマウスに比べると、生理的、形態と遺伝子の特性がよりヒトに近いため、ラットモデルは長年で生物学と臨床研究にきわめて重要な役割を果たしています。生理学者、薬理学者と神経科学者からも高く評価されました。

ラットの大きな体と臓器であり、サンプリングにも有利、体の電気生理学、神経外科と神経影像学の操作を行いやすいです。これまで、ラットモデルは多くの医学研究分野に広く使われてきました。以下はその一部です:

  • 心血管疾患 移植
  • 精神病性障害 自己免疫疾患
  • 老化 伝染性疾患
  • 代謝性疾患
  • 遺伝性疾患 傷と骨格の癒合

サイヤジェンの新設された実験動物センターが今年7月新たにその運用を開始することと共に、より良い高品質のラットモデルとサービスを世界中の各学術研究機関、製薬企業と生物関連会社にご提供致します。今から03-6304-1096service@cyagen.jpお問い合わせください!

キャンペーン期間: 2020年7月1日~2020年8月31日 対象: 日本の顧客様 送料無料: 動物施設への無料配達!
ラット関連受託 成果物 価格 (万円/税別)
SDノックアウト(KO)ラット 3 F1 200万円

備考:
1. ラットモデルの組み合わせ:ノックアウト(KO)、コンディショナルノックアウト(cKO)、ノックイン(KI)、点突然変異とPiggyBac遺伝子組換え;
2. もっと多くのラット品系の選択:Brown Norway, Fischer 344,Wistar, Long-Evans, Spraque Dawleyなど。

ご注文方法
オンライン見積りを依頼

1-2営業日以内にご返信いたします。

Your Name can not be empty

有効なメールアドレスを入力してください

Your Email can not be empty

Please enter a valid phone address

Institution/Affiliation can not be empty

弊社の強み
  • 成熟した遺伝子ノックアウト技術プラットフォーム:

    世界的に有名な専門家を中心に、14年間の経験を重ねて、1,000件以上のラットモデル構築経験があり、技術が成熟して安定しています。

  • インテリジェント化したベストターゲットポイント識別ツール:

    人工知能ターゲットポイント分析ツールに基づいて、最適な目的遺伝子部位を知能的に識別し、ターゲットオフのリスクを減らすことができます。

  • ユニークなCRISPR-Pro技術:

    CRISPR-Pro技術はユニークな受精卵処理方式を採用し、受精卵に同源組換の修復経路を偏愛させ、排卵促しと受精卵注射の両段階において突破的な進歩を遂げ、遺伝子のノックアウト、ノックイン、コンディショナルノックアウトモデルの構築を実現可能です。

  • 多くの品系の編集が可能:

    よく使われているSDラットの以外、Wistar、Long Evans、F344、Brown Norwayなどのラット品系に対しても遺伝子を編集可能です。

サイヤジェンモデル動物センターの強み
● 世界一流の施設: 弊社のモデル動物センターは現在すでに25000平方メートルを超えるSPF級の動物実験室を建設しました。IVC飼育設備が1600セットを超え、SPF級のラットとマウスが15万ケージ以上飼育可能で、動物数量は50万匹を超えています。
ラットとマウスの繁殖経験を14年間備えたプロフェッショナルな飼育繁殖チームを所有し、ラットとマウスを大切に育てています。
AAALAC和ISO9001:2015ダブル認証を持っています。厳格な品質管理に守り、飼育基準と福祉は国際標準と一致しています。
SPF級の飼育環境が有し、研究者様の実験データに信頼できる根拠を提供します。
専門化のテクニカルサポートチームは研究者様にプロフェッショナルな飼育指導とアフターサービスを提供します。
サービスが行き届いているプロジェクト管理チームはプロジェクトの進展をタイムリーに報告し、品質、周期とコストを厳しく管理し、研究者様の手間を省くのに役立ちます。
Clients Testimonials
  • "We are very pleased with the state-of-the-art professional transgenic services provided by Cyagen for our study published recently in Nature. We continue to use Cyagen's transgenic services as it allows us to do better and more efficient research with transgenic mice."

    —— Stanford University


  • "Among several commercial services who have claimed to be specialized to generate mouse models with genetic modifications, I recognize that Cyagen is one of the best. We are looking forward to having more cooperation with them."

    —— Korea Brain Research Institute (KBRI)


Total publications citing Cyagen: 3,600
DPYSL2 Is a Novel Regulator for Neural Stem Cell Differentiation in Rats: Revealed by Panax Notoginseng Saponin Administration.
Stem Cell Research & Therapy (2020) PMID: 32299503
A xenograft and cell line model of SDH-deficient pheochromocytoma derived from Sdhb+/- rats.
Endocr Relat Cancer 2020 (2020) PMID: 32252027
Mutation in NPPA causes atrial fibrillation by activating inflammation and cardiac fibrosis in a knock-in rat model.
Faseb Journal (2019) PMID: 31034774
Hypoglycemic Effects of Glimepiride in Sulfonylurea Receptor Deficient Rat.
British Journal of Pharmacology (2018) PMID: 30471094
詳細はこちら >>