マウスモデルカタログ
基礎研究から臨床へ、臨床から研究へ 点突然変異マウス 臨床研究を支援 最大45万円の割引

SNPは人の多様性と臨床表現をもたらす最大の要素である。研究者は臨床サンプルを獲得した後、2世代シークエンシングと全ゲノム相関分析を経て大量のSNP候補点を生成できる、これらの点と臨床表現との関係を検証するためには、体内に戻って研究を行わなければならない。これらのSNPマウス体内で発見されれば、少量の突然変異マウスは臨床研究に貴重な情報を提供できる。サイヤジェン・バイオテクノロジーが独自に開発したツール・ライブラリを通じ、ヒト由来の突然変異点に対応するマウス由来の突然変異点を迅速にマッチングし、迅速に遺伝子突然変異マウスを作製することができる。全面的な臨床研究サポート、正確な医療や新薬開発用突然変異マウスを作製していきたいです。点突然変異マウスは最大25%オフ(最大45万円の割引)!今から03-6304-1096service@cyagen.jpお問い合わせください!

本割引は以下のマウスサービスに適用されます。

■ キャンペーン期間:2020年2月24日~2020年4月30日
■ 対象:日本の顧客様
■ 送料無料:動物施設への無料配達!
マウス関連受託 発注数 価格/プロジェクト(税別)
CRISPR-Pro 点突然変異マウス 1 プロジェクト 162万円
CRISPR-Pro 点突然変異マウス ≥3プロジェクト 153万円
CRISPR-Pro 点突然変異マウス ≥5プロジェクト 135万円

Note:
CRISPR-Pro- 高度なCRISPR/Cas9技術:KO/cKO/KI/点突然変異,短納期、高効率、超高陽性率のマウスを獲得し、KO・cKO・KI・点突然変異・大フラグメント(15kbフラグメントのノックイン、500kbフラグメントのノックアウト)が対応可能です。

ご注文方法

電話 03-6304-1096
オンライン見積りを依頼

1-2営業日以内にご返信いたします。

Your Name can not be empty

有効なメールアドレスを入力してください

Your Email can not be empty

Message can not be empty

弊社の強み

成熟したノックアウト技術を保有

世界的に有名な研究家を中心に、14年間経験を重ねた、10,000例以上のマウスモデル構築経験あります。

一流の受託技術管理チーム

サイヤジェン株式会社の管理チームは、研究者の要求に応じて、カスタムデザイン案を作成から、工程期間の速さと品質と価格に対応し、工程案を設計することを常に心がけ、タイムリーな案件ごとに報告とアフターサービスを提供し、安心して任せられます。

AAALACとISO9001:2015ダブル認証取得、飼育保管環境は世界的な同じ基準を満たす

弊社動物実験センターはISO9001:2015とAAALACの認証取得、ISO9001:2015年認証取得済み、専門家と研究者に提供するすべての製品と技術サービスが国際的な標準に満たす、AAALAC認証はサイヤジェン株式会社の動物福祉と倫理を尊重し、生物の安全を重視する責任ある態度を表明した。

一流の動物施設

SPFバリアシステム級の飼育施設でグレードのレール滅菌器、自動的に連続処理、オゾン紫外消毒器と自動の廃棄物処理と脱臭システムを備え、モニタリング検査、動物施設の効率的な運行を保障します。

Reverse Erythroblastosis Virus α Antagonism Promotes Homocysteine Catabolism and Ammonia Clearance.
Hepatology (2019) PMID: 31016736
Zfp217 mediates m6A mRNA methylation to orchestrate transcriptional and post-transcriptional regulation to promote adipogenic differentiation.
Nucleic Acids Res (2019) PMID: 31037292
AQP4ex is crucial for the anchoring of AQP4 at the astrocyte end-feet and for neuromyelitis optica antibody binding.
Acta Neuropathol Commun (2019); 7(1): 51
VSIG4 mediates transcriptional inhibition of Nlrp3 and Il-1β in macrophages.
Science Advances (2019) DOI: 10.1126/sciadv.aau7426
詳細はこちら >>