文献综合TB模板

遺伝子動物モデルは人類疾患の機制を正確に理解するのに非常に重要であり、各研究分野で重要な役割を果たしています。2005年起業して以来、サイヤジェン株式会社は既に4,800以上の出版物に引用されました——これらの出版物は全部参考資料として使用することができます。

ここで2021年1月から4月までのインパクトファクター(IF)の高い文章を精選しました。これらの文章は免疫学、炎症学、心臓病学、腫瘍学、メタボロミクス、エピジェネティクス等の広い分野をカバーし、引用された遺伝子改変マウスはサイヤジェン株式会社より作製しました。

 

精選した動物モデル関連文章

マウスモデルの種類

研究応用

標的遺伝子

文章タイトル

ジャーナル

Gene Knockout (KO)

Chronic Hepatitis B, Immunology

Signr1 (Cd209b)

Dual-targeting Nanoparticle Vaccine Elicits a Therapeutic Antibody Response Against Chronic Hepatitis B

Nature Nanotechnology

PMID: 32123380

Gene Knockout (KO)

Cardiology, cardiac hypertrophy

Cardiac-hypertrophy-associated piRNA (CHAPIR)

The piRNA CHAPIR regulates cardiac hypertrophy by controlling METTL3-dependent N 6-methyladenosine methylation of Parp10 mRNA

Nature Cell Biology

PMID: 33020597

TurboKnockout® Gene Knockout (KO)

Aging biology, neurology, metabolism

Gm31629

Reducing Hypothalamic Stem Cell Senescence Protects against Aging-Associated Physiological Decline.

Cell Metabolism

PMID: 32004475

TurboKnockout® Humanized Point Mutation (PM)

Leukemia, oncology, tumors

Gata2 (G320D)

C/EBPα and GATA-2 Mutations Induce Bilineage Acute Erythroid Leukemia Through Transformation of a Neomorphic Neutrophil-Erythroid Progenitor

Cancer Cell

PMID: 32330454

Gene Knockin (KI)

Immunology

Irak2

IL-1 induces mitochondrial translocation of IRAK2 to suppress oxidative metabolism in adipocytes

Nature Immunology

PMID: 32778760

Gene Knockin (KI)

(CRISPR-mediated)

Metabolism, cholesterol

USP20

Feeding induces cholesterol biosynthesis via the mTORC1-USP20-HMGCR axis

Nature

PMID: 33177714

Gene Knockin (KI)

(CRISPR-mediated)

Epigenetics, metabolomics, oncology

Ezh2K735R

SETD2 Restricts Prostate Cancer Metastasis by Integrating EZH2 and AMPK Signaling Pathways

Cancer Cell

PMID: 32619406

PNI-based Transgenic

Stem cells, coronary disease, internal ribosomal entry site (IRES)

Myh11-DreERT2

Lgals3-IRES-Cre

The Stem Cell Pluripotency Genes Klf4 and Oct4 Regulate Complex SMC Phenotypic Changes Critical in Late-Stage Atherosclerotic Lesion Pathogenesis

Circulation

PMID: 32674599

Conditional Knockout (cKO) a.k.a. floxed gene

Immunology, Inflammation

 

NMBR

Basophils prime group 2 innate lymphoid cells for neuropeptide-mediated inhibition

Nature Immunology

PMID: 32807943

Conditional Knockout (cKO) a.k.a. floxed gene

Macrophages, metabolism,

Slc16a1 (mct1)

Endothelial Lactate Controls Muscle Regeneration From Ischemia by Inducing M2-like Macrophage Polarization

Cell Metabolism

PMID: 32492393

 

Cyagenの引用文献リストを検索する-動物モデル

成立して15年にならないうちに、Cyagenはすでにカスタムマウスとラットモデルの世界有数のプロバイダーとなりました。全世界の研究者様に50400以上のモデルを提供し、製品とサービスは4750以上の同業者の文献で引用されました。

  • TurboKnockout®遺伝子ターゲティングマウス
  • Rosa26トランスジェニック
  • ノックアウト(KO)、floxed/cKO
  • 大きな断片のノックイン(LFKI)
  • 点突然変異など

>> 更新された引用文献を検索する

 

Cyagenノックアウトマウスライブラリ

16000種以上のKO/cKO系統マウス、3000種以上の生体マウス品系を所有、早くて2週間で納品

>> 遺伝子名称を入力すると、弊社の在庫情報と見積もりが入手できます。

 

FREE Webinar:遺伝子改変ラット・マウスモデルの作製革新技術及び応用 

遺伝子改変ラット・マウスを初期段階の際に、各種の遺伝子改変マウスの作製技術と原理についていろんな疑問を抱いているか?ES細胞ターゲティング技術とCRISPR/Cas9技術のどっちが優れているか?更にどのようにニーズに応じて適切な遺伝子改変ラット・マウスを選択するか。今回のオンライン講座で、サイヤジェン株式会社の日本エリア専門家Dr. Angel Yao(関西医科大学出身の腫瘍ウイルス学)が、遺伝子改変ラット・マウスの技術発展過程及びモデル作製方法について説明します。

>> 今すぐオンラインで予約しましょう!

 

全世界の科学研究者様をサポートするために-厳しい予算も厳しいバイヤーとの仕事も-弊社の価格マッチング政策は良いコストパフォーマンスを保証します。ご興味をお持ちいただけましたら、03-6304-1096もしくはservice@cyagen.jpまでお問い合わせください。

 

最新の販売促進キャンペーン:

● 無類のBRGSF重度免疫不全マウス - 健全な補体系の機能、完全なヒト骨髄系細胞の分化

● サイヤジェン株式会社の「希少疾患遺伝子に対する行動計画」への申し込むにつき

 

 

  • お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

    *

    ユーザー名は必要です

    *

    ユーザーのメールアドレスは必要です

    有効なメールアドレスを入力してください

    *

    私たちについて必要

    *

    内容は必要です

マウスモデルカタログ