免疫不全マウスの種類

免疫不全マウスとは、免疫に欠陥があるマウスである。常用の免疫不全マウスはSCIDマウス、NOD-SCIDマウス、Nudeマウスなどがある。免疫欠陥を得る方法によって、先天性と獲得(後天性)免疫欠陥マウスに分けられる。獲得免疫不全マウスは自分の遺伝子型が正常であるが、栄養不良、悪性腫瘍、薬物、ウイルスなどのいくつかの刺激要素によって、免疫面で欠陥のあるマウスである。2020年、サイヤジェン株式会社はgenOwayと戦略的パートナーシップを達成しました。genOwayは1999年に創立されて、欧米の科学研究と医薬業界の第一選択肢の実験マウスサプライヤーです。BRGSF-HISマウスはサイヤジェン株式会社がgenOwayと提携でき、導入したマウスモデルの一つです。

 

科学研究実験でもっとよく使われているのは先天性(あるいは原発)免疫不全マウスである。この種類のマウスは遺伝性欠陥病で、病原微生物に対して高度に敏感である。マウスが欠けている免疫細胞の種類によって、下記のように常用の品系を分類する。

 

1、SCIDマウス

SCIDマウスは自然発症の突然変異体で、重症連合免疫欠陥の白化品系である。この突然変異はTとB細胞の発育と成熟を妨げている。しかし、SCIDマウスは正常なNK細胞、マクロファージ、顆粒球がある。SCIDマウスの外観は通常のマウスと同じである。

 

SCIDマウスのTリンパ球とBリンパ球の連合機能が欠けている。胸腺、脾臓、リンパ節の重さは正常の30%に満たない。SCIDマウスは腫瘍学、免疫学、微生物学、生殖医学などの分野で広く応用されていて、PDXモデルの良い宿主である。少数のSCIDマウスは、若年期にある程度の免疫機能回復が見られる。これはSCIDマウスのleaky(漏出)現象である。漏出現象は遺伝しないが、マウスの年齢、品系、飼育環境と関連している。SCIDマウスは感染しやすく、きれいなSPF環境で1年以上生存できる。

 

2、NOD-SCIDマウス

NOD-SCIDマウスは普通のSICDと比べ、NK細胞の活性が低く、免疫回復率がもっと低い。NOD-SCIDマウスはSCIDマウスに基づいて、非肥満性糖尿病マウス(NOD/Lt)品系と戻し交配する免疫欠陥マウスである。NOD-SCIDマウスは先天的な免疫欠陥があり、TとBリンパ球が不足しているため、様々な腫瘍細胞が植え付けられ、拒絶反応と移植片対宿主病(GVHD)が少ない。NOD-SCIDマウスは胸腺リンパ腫が発生しやすいため、特殊な無菌環境での寿命はわずか8.5ヶ月である。

 

3、Nudeマウス

Nudeマウスは胸腺がないヘアレスマウスで、医学生物学研究分野において不可欠な実験動物モデルとなっている。そのTリンパ細胞の機能が欠けていて、先天的に胸腺がなく、腫瘍学、微生物学、免疫学、寄生虫学、遺伝学、毒理学、臨床医学などの研究に広く応用されている。通常腫瘍細胞を皮下に注射し、腫瘍細胞は皮下に成長することができる。ヘアレスマウスは自発的な腫瘍がまれで、肝炎やウイルス性肺炎が発症しやすい。

 

4、CBA/Nマウス

CBA/NマウスはB細胞機能が欠けていて、遺伝子記号xidがX性染色体に位置している。CBA/Nマウスは非胸腺依存性II型抗原に対して体液免疫反応がなく、血清でのIgMとIgGの含有量が減少し、B細胞サイトカイニンに対する反応が不足し、IgMとIgG亜種を分泌するB細胞の数が減少し、T細胞の機能は正常である。CBA/Nマウスは骨髄移植の修復ができるので、Bリンパ球の発生、機能、異質性を研究する理想的な動物である。また、人Brotn氏のガンマグロブリン欠乏症とWiskott-Aidsch症候群の理想的なモデルである。

 

5、Beige(bg)マウス

Beige(bg)マウスは細胞活性欠陥の突然変異系マウスで、13番染色体における劣性遺伝子bgに突然変異を起こしている。内因性NK細胞の発育と機能が欠けていて、血液凝固とマクロファージ活性にも欠陥があり、その免疫抗腫瘍破壊作用が遅くなり、細胞毒性T細胞の機能が不足し、同種、異種腫瘍細胞に対する体液免疫機能が弱まり、マクロファージの抗腫瘍活性、キラー細胞活性などが欠けている。免疫学の分野に応用されていて、各種の発病因子に敏感で、良いSPF環境が必要である。

 

近年、サイヤジェン株式会社は免疫不全マウスを深く研究し、関連する品系も設立しており、医学生物学の研究に広く使われています。

重度免疫不全マウス(BRGSF)

ヒト免疫系再建マウス(BRGSF-HIS Mouse)

シングル免疫チェックポイントヒト化マウス

ダブル免疫チェックポイントヒト化マウス

アレルギー性の炎症反応に用いるヒト化マウス

レポーターマウス

PK/PD研究用ヒト化マウス

重度免疫不全マウス(C-NKG)

 

2020年、サイヤジェン株式会社はgenOwayと戦略的パートナーシップを達成しました。genOwayは1999年に創立されて、欧米の科学研究と医薬業界の第一選択肢の実験マウスサプライヤーです。

なぜgenOwayのマウスモデルをお勧めしますか?

  • モデルは業界指導者及び文献で共同検証しました:genOwayのサービス及び製品は何回もCell、Nature、Science、PNAS等の定期刊に引用され、欧州連合新研究と創造計画(Horizon 2020)のパートナーです。genOwayシリーズの免疫検査ポイントマウスモデルと重度免疫不全モデルはgenOwayとそのパートナー(免疫腫瘍学と免疫療法分野の指導者で、大手製薬会社、生物技術会社及び研究機関などを含む)が共同で検証されました。
  • genOwayは欧米の先進的な遺伝子工程の動物モデルサプライヤーです:genOwayのモデル構築に使用される技術はすべて特許の許可を得ており、開発されたモデルを自由に操作できる唯一のサプライヤーです。genOwayは1999年に設立され、21年間の動物モデルサービスの経験を持ち、遺伝子編集のラットマウスモデルと細胞モデル分野の指導者に発展し、製薬業界の指導者(ノワール、ファイザー、BMS、Janssenなど)と有名な学術研究センター(米国国立衛生研究院、フランスバース研究所など)にサービスを提供しています。
  • モデルの知的財産権は保障されます:独立的な知的財産権は新薬開発プロジェクトにとって、成功申請に不可欠な保障です。genOwayモデルは広範な特許と許可協約に基づいて、モデルの知的財産権を保障します。
  • モデル遺伝の背景は調べられます:販売するモデルは遺伝的背景がはっきり、元を溯られます。また、定期に遺伝検査を行い、研究成果の再現性を確保できます。

 

サイヤジェン株式会社について

サイヤジェン株式会社は15年間の発展を経て、すでに全世界の数万人の科学研究者にサービスを提供しており、製品と技術はすでに直接にCNS (Cell、Nature、Science)の定期刊を含む4,300余りの学術論文に応用されています。弊社の「ノックアウトマウスライブラリ」は低価格だけでなく、「遺伝子ID」を検索すれば、ワンクリックで注文まで操作できます。 ノックアウトマウスノックインマウスコンディショナルノックアウトマウスCRISPR Cas9 ノックアウトマウスのカスタマイズサービスを提供する以外、サイヤジェン株式会社は専門的な手術疾患モデルチームがあり、多種の複雑な小動物手術疾患モデルを提供できます。国際レベルで無菌マウス技術プラットフォームは無菌マウス、無菌動物カスタマイズサービス、微生物移植サービスなどの無菌動物モデルに基づいた各種製品とサービスを提供でき、サイヤジェン株式会社の成熟で安定なトランスジェニックマウスプラットフォームと結合し、遺伝子とフローラの相互作用機序を研究することもできます。

 

サイヤジェン株式会社(Cyagen Japan) 
アジア営業部 
TEL:03-6304-1096 
Email: service@cyagen.jp
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-20-10 宝生第一ビル4階

  • お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

    *

    ユーザー名は必要です

    *

    ユーザーのメールアドレスは必要です

    有効なメールアドレスを入力してください

    *

    私たちについて必要

    *

    内容は必要です

マウスモデルカタログ