アルツハイマーの研究に関連するモデルマウスを用いて

アルツハイマー病(AD)は、中枢神経系の変性疾患で、散発性のAD(sAD)の他にも、APP、PSEN1とPSEN2など遺伝子の変異が家族性AD(fAD)を誘発する。ADの主な病理の特徴は、細胞内に過酸化されたTauタンパク質が異常に積集して神経原繊维が形成され、Aβ(β-amyloid peptides)ドーペプチドを核心とするシミが前脳基板、前頭葉、海馬に貯蓄されていることです。

 

アルツハイマーに関する研究では、研究者はマウスやラットに直接、毒性Aβドルフィンを注射し、或いはスコポラミンなど化合物コリン作動性神経を分解することによりアルツハイマーの症状を模擬することができる。手術や薬物処理による損傷モデルの操作は簡単で、作製期間は短いが、個体差は大きい。

 

ヒトのアプリ突然変異体(K670N/M671L、V717I、V717F、D23N系)を表現し、PSEN1(PS1系)とPSEN2(PS2系)突然変異体のマウスは、いずれも漸進的で、早髪の認知症の症状を見せるが、ニューロン繊維の網の形成が足りない。現在、AD研究には人間のアプリ、PS1突然変異、Tau突然変異を含めた洗練されたデュアルgmアプリ/PSマウス、3×Tgマウス系のモデルが使われている。5×FADマウスは3つのヒトのアプリの突然変異体と2つのPS1の突然変異を結合して作られ、このモデルでは、でんぷん様の病変、認知障害、ニューロンの損失などがより早く現れた。これらの多変体マウスは、単変性マウスよりも病理現象がアルツハイマー病に似ており、応用可能性が高い。しかし、これらのモデルでは、新しい発見されたいくつかの遺伝子変異がADの発生に影響を及ぼしたかどうか評価することは難しい。

 

AD発病の可能性のある遺伝子を特定するために、何万人ものAD患者のDNA情報を他の高齢者と比較した研究がある。いくつかの研究では、アドホック解析によりいくつかのAD関連の突然変異点を発見した。これらの新しい遺伝子や突然変異がAD発病を引き起こすかどうかをさらに検証するためには、応用するサイヤジェンのノックアウトマウス、ノックインマウスは世界の生物は病気のモデルを開発して画期的な進展を遂げるのに役立ちます。

 

サイヤジェン株式会社(Cyagen Japan)

〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-20-10 宝生第一ビル4階

Tel: 03-6304-1096

HP: www.cyagen.jp

 

最新のプロモーション:

● 高品質なカスタムラットを

● 自分の研究の方向性や展望

● 600種類の人気遺伝子、僅か79万円

  • お問合せフォーム

    通常1〜2営業日以内でご回答いたします。

    *

    ユーザー名は必要です

    *

    ユーザーのメールアドレスは必要です

    有効なメールアドレスを入力してください

    *

    内容は必要です