マウスモデルカタログ
コロナウイルス研究の人気マウスモデル 研究者様の研究進展を助力させていただきます ノックアウトマウス | ノックインマウス | ヒト化マウス
2020年3月11日、世界保健機関(WHO)は、新型コロナウイルスが世界的な大流行に入り、疫病が拡大してきたことを発表しました。世界中の国々がこのウイルスとの戦いの始まりになりました。早期の予防と制御及び治療から大量の貴重な経験と教訓を学べた。疫病に対して、科学研究が一刻を争う。ワクチンの研究であれ、新薬の開発であれ、遺伝子治療であれ、疾患の発症仕組みと免疫機制との検証に精密な動物モデルが必要である。サイヤジェン株式会社はプロフェッショナルで社会的責任感の高いモデル動物会社として、疫病が発生した後、緊急に社内の研究員を集めて力を尽くし新型コロナウイルスの研究に関する動物モデルを開発した。新型コロナウイルス(COVID-19)の研究をサポートするために、現在弊社が特別価格で人気標的ACE2、DPP4、TMPRSS2、CD147などのノックアウト(KO)、ノックイン(KI)及びヒト化マウスモデルを提供致します。今から03-6304-1096service@cyagen.jpお問い合わせください!
● キャンペーン期間: 2020年5月1日~2020年6月30日 ● 対象: 日本の顧客様 ● 送料無料: 動物施設への無料配達!

ACE2、DPP4遺伝子を注文しC57バックグラウンドでのヒト化モデル、遺伝子ノックアウトとRosa26遺伝子ノックアウトマウスに、特別価格を提供致します。

ACE2 / DPP4 マウス関連受託 成果物 キャンペーン価格(税別)
ノックアウトマウス 3匹ヘテロマウス 83万円
ヒト化マウス 3匹ヘテロマウス 132万円
ノックインマウス(Rosa26) 3匹ヘテロマウス 143万円

備考: BALB/c背景品系の遺伝子組換えマウスも対応可能ですので、お問い合わせください。

コロナウイルス研究の人気標的
マウスモデル 標的ウイルスの感染に重要な役割

ACE2

(Angiotensin-converting Enzyme 2)

ノックアウトマウス

cKOマウス

ヒト化マウス (オンラインお問い合わせ)

ACE2はSARSウイルスの機能受容体である;

研究により、SARSコロナウイルスがACE2の細胞腔を通じて感染する際に、感染力が10倍上がる;

他の面からすると、SARS-CoV-2は主に肝臓を損傷する。これはACE2が肺臓に分布することと密接不可欠な点である。そのため、呼吸器の病気について、例えば間質性肺炎、肺感染症、肺がんまで、ACE2を重点にして研究できる。

DPP4

(Dipeptidyl peptidase-4)

ノックアウトマウス

cKOマウス

ヒト化マウス (オンラインお問い合わせ)

DPP4はコロナウイルス受容体のエキソペプチダーゼである;

MERS-CoV S1は人類DPP4と直接に特異性結合し、中東呼吸器症候群をもたらす;

MERS-CoV RBD結合の構造特性はウイルスと受容体の相互作用の理解を促進するので、宿主受容体のSARS-CoV-2感染についての研究に重要な指導意義を持っているかもしれない。

APN

(Aminopeptidase N)

ノックアウトマウス

cKOマウス

ヒト化マウス (オンラインお問い合わせ)

APNはHCoV-229Eコロナウイルス感染と関わる。

宿主受容体のSARS-CoV-2感染についての研究に重要な役割を持っているかもしれない。

TMPRSS2

(Transmembrane Serine Protease 2)

ノックアウトマウス

cKOマウス

ヒト化マウス (オンラインお問い合わせ)

膜貫通プロテアーゼTMPRSS2はACE2とSARS-CoV-2との膜融合過程に参与する。

高病原性の人類コロナウイルスのシナプスタンパクを活性化することができる

ADAM17

(ADAM Metallopeptidase Domain 17)

ノックアウトマウス/ノックインマウス /ヒト化マウス
(オンラインお問い合わせ)

SARS SタンパクとACE2との結合はADAM17のACE2に対する切断を触発する。ACE2の血管内皮細胞への脱落を促し、SARS-CoVの細胞への侵入を促進する。

ACE2結合について、ADAM17とTMPRSS2とは競争関係を持っている。

LY6E

(Lymphocyte Antigen 6 Complex, Locus E)

cKOマウス / ヒト化マウス
(オンラインお問い合わせ)

ウイルス感染の調節に参与する。

免疫応答を含む細胞信号転換を調節できるので、ウイルス感染の予防に重要である。

LY6Eはspikeタンパクが介する膜融合を阻害して、ウイルスの細胞への侵入を抑制する。

SIGN (CD209L)

(Cluster of Differentiation 209)

ノックアウトマウス/ノックインマウス /ヒト化マウス
(オンラインお問い合わせ)

L-SIGNの同型接合性はSARS感染期間で機体保護作用を発揮する。

SARS-CoVはSタンパクのハイマンナンを通じて細胞膜のCD209Lと結合して、ウイルスの細胞への侵入を介する。

CD147

(Cluster of Differentiation 147)

ノックアウトマウス/ノックインマウス /ヒト化マウス
(オンラインお問い合わせ)

SARSの研究で既に証明したが、CD147はSARS-CoVの細胞への侵入を促進する。

CD147はSARS-CoV-2 Spikeタンパクの宿主受容体として、ウイルスと細胞の相互作用に参与して、ウイルスの細胞への侵入を促進するかもしれない。

CD147は抗ウイルス薬開発の新しい対象とすることができる。

DHODH

(Cluster of Differentiation 147)

cKOマウス

ノックアウトマウス /ノックインマウス /ヒト化マウス
(オンラインお問い合わせ)

ジヒドロ乳酸デヒドロゲナーゼ(DHODH)の新型有効抑制剤はRNAウイルスに対して、普遍的な抗ウイルス感染の特徴を持っている。

RNAウイルスはDHODHの活性にもっと敏感かもしれない。DHODHはRNAウイルス複製過程に重要な役割を果たす。

以上紹介した標的の以外、他のコロナウイルス研究についての遺伝子情報を提供していただければ、弊社が評価でき、今後注文には特別価格で提供いたします。

ご注文方法
オンライン見積りを依頼

1-2営業日以内にご返信いたします。

Your Name can not be empty

有効なメールアドレスを入力してください

Your Email can not be empty

Message can not be empty

コロナウイルスに関する参考文は以下の通り
弊社の強み

成熟したノックアウト技術を保有

世界的に有名な研究家を中心に、15年間経験を重ねた、10,000例以上のマウスモデル構築経験あります。

一流の受託技術管理チーム

サイヤジェン株式会社の管理チームは、研究者の要求に応じて、カスタムデザイン案を作成から、工程期間の速さと品質と価格に対応し、工程案を設計することを常に心がけ、タイムリーな案件ごとに報告とアフターサービスを提供し、安心して任せられます。

AAALACとISO9001:2015ダブル認証取得、飼育保管環境は世界的な同じ基準を満たす

弊社動物実験センターはISO9001:2015とAAALACの認証取得、ISO9001:2015年認証取得済み、専門家と研究者に提供するすべての製品と技術サービスが国際的な標準に満たす、AAALAC認証はサイヤジェン株式会社の動物福祉と倫理を尊重し、生物の安全を重視する責任ある態度を表明した。

一流の動物施設

SPFバリアシステム級の飼育施設でグレードのレール滅菌器、自動的に連続処理、オゾン紫外消毒器と自動の廃棄物処理と脱臭システムを備え、モニタリング検査、動物施設の効率的な運行を保障します。
Total publications citing Cyagen:3,600
Reverse Erythroblastosis Virus α Antagonism Promotes Homocysteine Catabolism and Ammonia Clearance.
Hepatology (2019) PMID: 31016736
Zfp217 mediates m6A mRNA methylation to orchestrate transcriptional and post-transcriptional regulation to promote adipogenic differentiation.
Nucleic Acids Res (2019) PMID: 31037292
AQP4ex is crucial for the anchoring of AQP4 at the astrocyte end-feet and for neuromyelitis optica antibody binding.
Acta Neuropathol Commun (2019); 7(1): 51
VSIG4 mediates transcriptional inhibition of Nlrp3 and Il-1β in macrophages.
Science Advances (2019) DOI: 10.1126/sciadv.aau7426