アレルギー性の炎症反応に用いるヒト化マウス

下記のヒト化マウスはアレルギーと炎症の研究に使用できる。生物製品と他の化合物に対して、体内の効果と安全性を評価ができる。

 

✔ CD4ヒト化マウス

CD4はマウスの体内で正常な生理発現と調整モードを持っている:免疫細胞の分布とT補助細胞の活性は変わらない。このモデルはヒトCD4にターゲットする化合物の体内効果と安全性評価に用いられる。一般的に炎症、自己免疫性疾患、免疫腫瘍学とHIV感染の分野に用いる。 

☞ CD4ヒト化マウスの詳細については、ここをクリックしてください。

 


ビジネス・開発・コラボレーションの機会については、お問い合わせください

ユーザー名は必要です

Institution/Affiliation can not be empty

ユーザーのメールアドレスは必要です

有効なメールアドレスを入力してください

The content can not be empty

The content can not be empty

マウスモデルカタログ