マウスモデルカタログ

単免疫チェックポイントヒト化マウス

リンパ細胞の活性化は多重信号が参加する過程である。免疫システムは自己免疫攻撃の防止と腫瘍の除去との間に最適なバランスを維持する必要がある。このバランスは一連の刺激と抑制性受容体リガンドにより調整されている。これらの細かいバランスコントロールに参与するリガンドと受容体の通路は免疫チェックポイントである。免疫チェックポイント抑制剤は対応する免疫チェックポイントに対して開発された抗体薬物で、主に共抑制性T細胞のシグナル伝達を破壊することにより抗腫瘍免疫応答を再活性化する。

 

普通のマウスの免疫チェックポイント遺伝子と対応するヒトの遺伝子はアミノ酸配列での同源性が普通60%ぐらいである。そのため、一般的にヒト免疫チェックポイントタンパク質を識別する抗体は、マウスの該当するタンパク質を識別できない。マウスの免疫チェックポイント遺伝子に対してヒト化改造を行う必要がある。

 

✔hPD-1ヒト化マウス

hPD-1はマウスの体内で正常な生理発現と調節モードを持っている。このモデルはPD−1ターゲット化合物の免疫健全マウス体内での薬効及び安全性を評価するのに用いられる。

☞ PD-1ヒト化マウスの詳細については、ここをクリックしてください。

 

✔hCTLA-4ヒト化マウス

hCTLA-4はマウスの体内で正常な生理発現と調節モードを持っている。免疫力が完全に備わっているマウスで、ヒト免疫チェックポイントCTLA-4に対して免疫腫瘍学薬物の体内治療効果の評価と分析が行うことができる。

☞ CTLA-4ヒト化マウスの詳細については、ここをクリックしてください。

 

✔hGITRヒト化マウス

hGITRはマウスの体内で正常な生理発現と調節モードを持っている。免疫システムの機能が健全なマウスでヒト免疫チェックポイントGITRにターゲットする免疫腫瘍薬物の体内効果評価と分析を行うことができる。

☞ GITRヒト化マウスの詳細については、ここをクリックしてください。

 

✔hVISTAヒト化マウス

hVISTAはマウスの体内で正常な生理発現と調節モードを持っている。VISTAヒト化マウスの中で、αmPD-1+αhVISTAの混合投薬は抗腫瘍効果が一番よい。

☞ VISTAヒト化マウスの詳細については、ここをクリックしてください。

 

✔hOX40ヒト化マウスモデル

hOX40はマウスの体内で正常な生理発現と調節モードを持っている。αhOX40(BMS-986178類似物)処理でMC38腫瘍を移植したhOX40マウスは腫瘍の増殖が著しく抑制されている。

☞ OX40ヒト化マウスの詳細については、ここをクリックしてください。

 

✔hLIGHTヒト化マウス

hLIGHTはマウスの体内で正常な生理発現と調節モードを持っている。ヒト化LIGHTマウスモデルで、hLIGHT刺激はT細胞の活性化を増加させた。

☞ LIGHTヒト化マウスの詳細については、ここをクリックしてください。

 

✔hCD28ヒト化マウス

CD28はマウスの体内で正常な生理発現と調節モードを持っている。α−human CD28共刺激はT細胞の活性化と増殖を誘導する。 

☞ CD28ヒト化マウスの詳細については、ここをクリックしてください。

 

✔hCD39ヒト化マウス

CD39はマウスの体内で正常な生理発現と調節モードを持っている。ヒトCD39抗体はヒトCD39の活性を特異的に低下させることができる。

☞ CD39ヒト化マウスの詳細については、ここをクリックしてください。

 

2020年、サイヤジェン株式会社はgenOwayと戦略的パートナーシップを達成しました。genOwayは1999年に創立、欧米の科学研究と医薬業界の第一選択肢の実験マウスサプライヤーです。単免疫チェックポイントヒト化マウスはサイヤジェン株式会社とgenOwayが提携して導入した精選生体マウスモデルの一つです。

 

なぜgenOwayのマウスモデルをお薦めしますか?

1. モデルは業界指導者及び文献により共同検証されました:genOwayのサービス及び製品は何回もCell、Nature、Science、PNASなどのトップジャーナルに引用されて、欧州連合の新研究と革新計画(Horizon, 2020)のパートナーです。genOwayシリーズの免疫検査ポイントマウスモデルと重度免疫不全モデルはすでにgenOwayとそのパートナー(免疫腫瘍学と免疫療法分野の指導者、大手製薬会社、バイオテクノロジー会社、研究機関など)と共同で検証されています。

2. genOwayは欧米の先進的な遺伝子工学動物モデルサプライヤーである:genOway構築モデルに使用される技術はすべて特許の許可を得ており、しかも唯一自由にその開発したモデルを操作できるサプライヤーである。genOwayは1999年に設立され、21年間の動物モデルサービスの経験を持ち、遺伝子編集のラットモデルと細胞モデル分野の指導者として発展してきました。製薬業界の指導者(ノワール、ファイザー、BMS、Janssenなど)と有名な学術研究センター(米国国立衛生研究院、フランスバース研究所など)にサービスを提供しています。

3. モデルの知的財産権は保障されています独立自主的な知的財産権は新薬開発プロジェクトにとって成功申告に不可欠な保障です。genOwayモデルは広範な特許と許諾契約に基づいて、モデルの知的財産権を確保する。

4. モデル遺伝の背景がはっきりしています:販売したモデルは遺伝的背景がはっきりで、元を追求られます。そして、定期的に遺伝検査を行います。研究成果の再現性を確保できます。


ビジネス・開発・コラボレーションの機会については、お問い合わせください

ユーザー名は必要です

Institution/Affiliation can not be empty

ユーザーのメールアドレスは必要です

有効なメールアドレスを入力してください

The content can not be empty

The content can not be empty